MENU

試合速報

2007Jリーグ ディビジョン1 第2節
2007年03月11日(日)16:01 KICK OFF

会場
東北電力ビッグスワンスタジアム
観衆
40,524人
天候
曇時々雪
主審
東城 穣

更新

アルビレックス新潟

アルビレックス新潟

2 - 2

0

前半

1

2

後半

1

浦和レッズ

浦和レッズ

88分 河原 和寿

89分 田中 亜土夢

GOAL

30分 永井 雄一郎

64分 ワシントン

選手交代

63分 松下 年宏→マルシオ リシャルデス
81分 鈴木 慎吾→田中 亜土夢
87分 深井 正樹→河原 和寿

警告

36分 矢野 貴章 83分 山田 暢久

退場

選手

1 北野 貴之

GK

23 都築 龍太

17 内田 潤

5 千代反田 充

6 永田 充

14 坂本 將貴

DF

6 山田 暢久

2 坪井 慶介

4 田中 マルクス闘莉王

5 ネネ

16 寺川 能人

8 シルビーニョ

7 松下 年宏

18 鈴木 慎吾

MF

13 鈴木 啓太

22 阿部 勇樹

10 ポンテ

8 小野 伸二

11 矢野 貴章

9 深井 正樹

FW

9 永井 雄一郎

21 ワシントン

21 野澤 洋輔

26 中野 洋司

3 千葉 和彦

15 本間 勲

23 田中 亜土夢

27 マルシオ リシャルデス

20 河原 和寿

SUB

28 加藤 順大

19 内舘 秀樹

20 堀之内 聖

3 細貝 萌

14 平川 忠亮

16 相馬 崇人

30 岡野 雅行

スタッツ

12

シュート

15

10

GK

6

7

CK

5

7

直接FK

14

7

間接FK

2

7

オフサイド

2

0

PK

0

試合後コメント

ホルガー オジェック監督
「今日の試合、結果以外を見たら、いいゲームができていたのではないかと思う。チームの出来として、今までの試合と比べても、良い連係が取れてきていて、いい動きもできていた。
時間によっては、非常にいい形の得点チャンスも作ることができた。
守備陣も非常にいい形でポジショニングでき、中盤でも多くのボールをとることができた。スタジアムにいる多くのお客さんも、まさかレッズが勝ち点3を取れないと考えていた人は少なかったと思う。今後、DVDなどを見て、特に試合終了間際のところをよく分析して、レッズが勝ち点3を取れなかった理由を探していきたい」

相手チームコメント

鈴木 淳監督
「悪天候にもかかわらず多くのサポーターの方々がかけつけてくれて、ありがとうございました。試合に勝ち点1が取れたのはそのおかげだと思う。
ゲームは立ち上がりから浦和のペースでいって、守備をしっかりとして、速く攻めるということで、何度かシュートは撃てたが、粘ってついていくのがやっとだった。セットプレーから失点は、前節もセットプレーの失点もあり、次のゲームに向けてのの修正点でもある。
後半は、0-1のビハインドでこのまま粘って、その時間帯を長くして追いつければいいかなと考えていたが、やはり、0-1の状態で前がかりになり過ぎて、カウンターアタックから2点目の失点をした。あまり早めから前がかりにはなりたくなかったが、気持ちが前に前にとなり、後ろの枚数が揃えられずに失点をしてしまった。残り時間で本当によく、選手は諦めずに最後までやってくれたので、2点を取ることができた。勝ち点1しか、ホームで取ることができなかったが、ただ選手の粘りには評価したい。ある意味、昨年のチャンピオンを相手に0-2のビハインドから2点を取ったことは非常に選手を評価したい。次のゲームに向けて、攻撃も守備ももう一度見直して、レベルアップしていきたい」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ