MENU

試合速報

FIFAクラブワールドカップ 準々決勝
2017年12月09日(土)20:30(日本時間25:30) KICK OFF

会場
ザイード・スポーツシティ・スタジアム
観衆
15,593人
天候
主審
セーザル ラモス

更新

アルジャジーラ

アルジャジーラ

1 - 0

0

前半

0

1

後半

0

浦和レッズ

浦和レッズ

52分 アリ マブフート

GOAL

選手交代

84分 ヤコブ アルホサニ→アハメド ラビア 67分 武藤 雄樹→高木 俊幸
89分 モハマド アルアッタス→エイサ モハメド 72分 遠藤 航→森脇 良太
90分 モハメド アイド→サイフ ハルファン 76分 矢島 慎也→ズラタン

警告

56分 サリム ラシド 42分 槙野 智章
64分 ヤコブ アルホサニ 62分 武藤 雄樹

退場

選手

1 アリ ハセイフ

GK

1 西川 周作

4 モハメド アイド

5 ムサレム ファエズ

12 サリム ラシド

27 サレム アブダラ

40 モハマド アルアッタス

44 ファレス ジュマ

DF

6 遠藤 航

22 阿部 勇樹

5 槙野 智章

3 宇賀神 友弥

10 ムバラク ブスファ

21 ヤコブ アルホサニ

MF

8 ラファエル シルバ

10 柏木 陽介

16 青木 拓矢

39 矢島 慎也

9 武藤 雄樹

7 アリ マブフート

31 ロマリーニョ

FW

30 興梠 慎三

36 ハレド アルセナーニ

56 アブドゥルラフマン アルアメリ

3 サレム アルエーディ

6 サイフ ハルファン

14 エイサ モハメド

51 ハリファ ムバラク

80 サリム アリ

9 サルドル ラシドフ

15 ハルファン アルレジ

35 アブダラ ラマダン

45 アハメド ラビア

70 アハメド アルハシミ

SUB

23 岩舘 直

25 榎本 哲也

2 マウリシオ

4 那須 大亮

46 森脇 良太

7 梅崎 司

15 長澤 和輝

18 駒井 善成

38 菊池 大介

13 高木 俊幸

20 李 忠成

21 ズラタン

スタッツ

5

シュート

10

GK

4

CK

10

直接FK

間接FK

0

オフサイド

0

0

PK

0

試合後コメント

堀 孝史監督
(矢島選手をスタメン起用して、おそらくボールポゼッションをする展開を予想したと思うが、ここ最近はポゼッションをしているゲームほどうまくいっていないところがあるが?)
「ボールポゼッションというよりも、攻撃の最後の部分のバリエーションを増やしたいと思っていました。今日の対戦相手に対して、サイドから攻撃をするという意図を持った中で、そういう起用をしました」

(序盤からボールを持って攻撃できていた中で、最後で決めることができずカウンターで失点したが、今日の試合全体を振り返ってどのように感じているか?)
「前半に1点でも取れていればと思いますが、それでも後半に入るときも、一瞬の隙をつかれて失点しないようにと伝えました。自分たちのミスから失点しまったところはあります。最後まで得点を狙っていましたが、うまくいかず本当に残念に思います」

(1点が届かなかった理由や反省点については?)
「先制点を取られたときに焦ってしまった部分もあると思いますし、疲れも出てきてミスも増えてしまった部分があったと思います。サイドから起点を作ってゴールを狙っていこうという意図がありましたが、そのへんが少しうまくいかなかったと思います」

(ゴールを奪えなかったのは、何が原因だと思うか)
「何回かゴール前にボールを運んだのですが、自分たちの最後の部分がうまくいかなかったと感じています」

(5位決定戦にはどのようなモチベーションで臨みたいか)
「次に試合があることは決まっているので、そこに向けての準備をしていきたいと思います」

(今日負けてレアル・マドリードなど世界の舞台で戦う経験がここで絶たれることについては?)
「そういうチャンスに近づいていたと思いますが、そこは選手もそうですし、我々を応援してくれるファン・サポーターの方も非常に残念に思っていると思います。なかなかこういう機会はないかもしれませんが、また次の試合に向けて、この結果を受け止めてやっていきたいです」

(この経験を今後どのような形で残していきたいか?)
「今の時点ではどのように生かしていくかは考えられていません」

相手チームコメント

ヘンク テンカテ監督
(前日の記者会見で言っていた通り、最高の誕生日プレゼントになりました)
「今までで最高のプレゼントになりました」

(ピッチの上で選手たちの闘志が見えた試合でした。監督になってから最も良い結果の一つになったのでは?)
「今までいくつもの大会を戦ってきましたが、選手たちはチームのためだけではなく、アブダビ、UAEを背負って戦っていました。普段はこんなことは言いませんが、私の誕生日のお祝いという意味もあったのかもしれません」

(今日の試合はオークランドシティとの試合と同じようなスタイルで臨みましたが、次の試合もそのようなかたちを考えていますか)
「レアルマドリードとの試合についても、今日の浦和との試合についてもあまり話したくありません。今日帰宅したら家族が誕生日を祝ってくれるでしょう」

(今シーズンはリーグ戦に集中し、ACLにはそれほど力を入れていなかったと見えたが、結果成功したか)
「昨シーズンはリーグ戦を優勝することを念頭に置き、選手層の部分でACLに立ち向かえる選手があまりいない状況がありました。今シーズンに関しては、結果を見ればわかる通り、全体的には良くなっていると思います。この国の人たちはこのクラブを誇りに思うべきだと思います」

(アジア王者を2戦目に迎え、どのようなプレッシャーがあったか)
「私たちを破るのはとても難しいことだと思いますし、私たちは最後まで戦うチームです。それは今日も見せることができたと思います。今日の試合のポゼッションを考えると、もちろん浦和側が多くボールを持っていました。浦和はお互いに顔を出しあい、パスを交換します。ですが、結果を見たらわかる通り、良い精神と闘志を持つことは力を生みます。チームとして一丸で戦えたことは私たちの誇りです」

(次のACLに向けて自信になったのでは?)
「今日はたった1試合のことです。しかもホームでの試合でした。ACLはグループステージから、ラウンド16意向も長い期間ずっと戦わなければいけない大会です。今回はずっと同じホテルに滞在でき、集中した状態で試合に臨むことができました」

(今日は良い守備とカウンターを見せていましたが、浦和のことをよく研究していましたか?)
「浦和はとても組織的でボールをよく動かすチームです。ただ、我々もリーグでは同じようなプレーを相手にしていますし、今日の浦和のようにチャンスを逃してしまうことがあります。相手には数回のチャンスしか訪れないでしょう。アンラッキーな部分もあり、試合を難しくしてしまうのです。それがリーグ戦の我々もそうですが、今日の浦和に起こりました」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ