MENU

試合速報

ACLグループステージ/ MD4
2017年04月11日(火)19:30 KICK OFF

会場
埼玉スタジアム
観衆
21,858人
天候
雨のち曇
主審
モハンメド・アブドゥラ・モハメド

更新

浦和レッズ

浦和レッズ

1 - 0

1

前半

0

0

後半

0

上海上港

上海上港

44分 ラファエル シルバ

GOAL

選手交代

59分 青木 拓矢→李 忠成 61分 フー フアン→ジャン ウェイ
60分 ズラタン→武藤 雄樹 77分 ツァイ フイカン→ジャン イー
81分 ラファエル シルバ→那須 大亮 82分 オディル アフメドフ→リン チュアンイー

警告

退場

選手

1 西川 周作

GK

1 イエン ジュンリン

46 森脇 良太

6 遠藤 航

5 槙野 智章

DF

4 ワン シェンチャオ

23 フー フアン

27 シー クー

28 ヘー グアン

18 駒井 善成

22 阿部 勇樹

16 青木 拓矢

3 宇賀神 友弥

10 柏木 陽介

8 ラファエル シルバ

MF

6 ツァイ フイカン

25 オディル アフメドフ

21 ズラタン

FW

7 ウー レイ

8 オスカル

9 エウケソン

11 リュ ウェンジュン

25 榎本 哲也

4 那須 大亮

15 長澤 和輝

38 菊池 大介

39 矢島 慎也

9 武藤 雄樹

20 李 忠成

SUB

22 スン レー

2 ジャン ウェイ

5 ワン ジャジェ

15 リン チュアンイー

18 ジャン イー

21 ユー ハイ

14 リー ションロン

スタッツ

7

シュート

13

10

GK

7

4

CK

9

10

直接FK

13

2

間接FK

3

3

オフサイド

3

0

PK

2

試合後コメント

ミハイロ ペトロヴィッチ監督
「今日は、両チームが本当にすばらしいプレーをして五分に渡り合い、チャンスを多くクリエイトした、すばらしいゲームであったと思います。

後半に入って運動量が落ちてきて、相手に押し込まれるような展開が増えてしまいました。その中で2回ほど、相手にPKを与えてしまったシーンがありました。そして最後は、我々はリードを守り切るような形で試合を終えました。

試合を通して分かったことは、私は日本での12年目のシーズンで、これまでに練習試合やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を通して中国のチームと多く対戦してきましたが、上海上港というチームが戦術的に、これまでに見てきたチームの中で最もオーガナイズされているチームだということでした。中国人のプレーヤーたちをしっかりと指導し、規律・戦術を守らせて戦うというのは、私がこれまで見てきた中では、非常に難しいと思っていました。しかし、中国人の選手も規律・戦術を守りながら、質の高いプレーをしてきていました。その中でオスカル選手やウズベキスタンの代表選手(オディル アフメドフ選手)、エウケソン選手、フッキ選手もプレーをしていればそうですし、規律を守り、戦術をしっかりと理解しながらプレーしています。その意味では、本当に素晴らしいチームとして戦っているチームだったと思います。

もちろん我々は相手に2回PKを与え、それを相手が2回とも外してくれて、我々が勝利できれば、我々に幸運があった勝利だったと見られると思います。私がこれまでサッカーに長く携わってきた中で言えることは、幸運は引き寄せるものだということです。自動的に、上から落ちてくるものではありません。アウェイでの上海上港とのゲームでは、特に1失点目は非常に不運な形で決められましたし、2失点目も、我々のミスからですが、非常に不運な失点をしました。そして今日は相手に2回PKを与えてしまった中で、1本は我々の選手が止めて、もう1本は相手が外してくれました。そうした運もありましたけど、それは選手たちが試合を通してがんばったからこそ、引き寄せたものだと思っています。

このグループステージでは、突破をほぼ手中に収められたと言ってもいいと思います。今後我々がリーグとACLを戦っていく上で、非常に重要な勝利だったと言っていいでしょう。

すばらしいプレーを見せている両チームがノックアウトステージでもう一度戦うことを、私は望んでいます。非常に魅力的で、攻撃的なサッカーを展開する両チームが上位に勝ち上がり、もう一度対戦することを願っています」

相手チームコメント

アンドレ・ビラスボアス監督
「我々は、今日のグループ突破のチャンスを失いました。後半は上海上港として、非常にすばらしいパフォーマンスができました。前半、スタートの時点でゴールされる危険性がありましたが、その後はすぐに局面をコントロールできました。もちろん、浦和レッズも前半、すばらしいパフォーマンスをしていました。お互いにゴールしそうなチャンスが、それぞれ1回はありました。

特に後半は、上海上港は非常にいいパフォーマンスができました。少しゴールになる効率がよくなかったと思っています。残念ながら、2つもPKを外したということで、これは運がなかったということだと思います。

今はグループの中で、勝ち点9、勝ち点9、勝ち点3、勝ち点3という4チームの状況です。次は韓国のFCソウルと試合をするので、次の試合で勝ち点を取って、グループを突破したいと思います」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ