MENU

試合結果

2014 Jリーグディビジョン1 第6節
2014年04月06日(日) 19:04 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 26762人 西村雄一

浦和レッズ

試合終了


ベガルタ仙台

40分 李忠成
66分 李忠成
71分 宇賀神友弥
80分 鈴木啓太

56分 興梠慎三→鈴木啓太
62分 永田充→那須大亮
72分 平川忠亮→梅崎司

17分 柳沢 敦→武藤 雄樹
74分 渡辺 広大→山本 大貴
74分 太田 吉彰→マグリンチィ

59分 角田 誠

 21 西川周作
 
 21 関 憲太郎
 
 46 森脇良太
 17 永田充
 5 槙野智章
 
 25 菅井 直樹
 3 渡辺 広大
 2 鎌田 次郎
 5 石川 直樹
 
 14 平川忠亮
 8 柏木陽介
 22 阿部勇樹
 3 宇賀神友弥
 9 原口元気
 30 興梠慎三
 
 11 太田 吉彰
 17 富田 晋伍
 6 角田 誠
 10 リャン ヨンギ
 
 20 李忠成
 
 13 柳沢 敦
 18 ウイルソン
 
 18 加藤順大
 4 那須大亮
 13 鈴木啓太
 16 青木拓矢
 7 梅崎司
 26 関根貴大
 11 関口訓充
 
 22 ヴコヴィッチ
 15 鈴木 規郎
 27 武井 択也
 19 武藤 雄樹
 8 マグリンチィ
 28 山本 大貴
 24 赤嶺 真吾
 
17
6
15
11
2
1
11
6
0
3
0
3
0
0

試合後コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督
「正直なところ前半は満足できない出来でした。テンポも上がらずパスの強さも弱くミスも非常に多い前半でした。ゴールや攻撃の形は良かったですが、テンポが遅い展開でした。後半は神戸戦と同じような入り方をしてしまい、相手に1-1にされていたらどうなっていたか分かりませんでした。後半はリードしている中で、残りの30分くらいから下がるのでなく前からプレッシャーを掛けてボールを奪いに行こうとしました。それが得点に結びついたと思います。より相手のゴールに近い位置でボールを奪うことができれば危険な形を作ることができます。それが後半残り30分のプレーであり、我々の強さでありアグレッシブさです。60分までのプレーが悪いとは言いませんが、我々が目指すサッカーではありませんでした。残り30分のサッカーが浦和のサッカーです。1点目の後に続けて2点目、3点目を取りに行くのが我々のサッカーです。」

相手チームコメント

グラハム・アーノルド監督
「非常にがっかりした気持ちでいっぱいです。ハーフタイムに入る前にはそれなりにチャンスは作れたと思います。0-1になった後、2回チャンスを作れて、後半に入った時に得点のチャンスもあったとは思いますが、そこでそのチャンスをしっかり生かすことができませんでした。失点を重ねるごとに、いないといけないポジションに選手がいなくて前掛かりになってしまいました。そこで規律が守れなかったことが敗因だと思います。」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ