MENU

試合結果

2011 ヤマザキナビスコカップ
2011年07月27日(水) 19:00 KICK OFF
NDソフトスタジアム山形 5012人 ロバート マッドレー

モンテディオ山形

試合終了


浦和レッズ

25分 川島 大地

48分 柏木陽介
74分 デスポトビッチ
62分 宮沢 克行→秋葉 勝
73分 太田 徹郎→古橋 達弥
80分 下村 東美→宮本 卓也

HT 原一樹→マルシオ リシャルデス
66分 鈴木啓太→小島秀仁
72分 柏木陽介→デスポトビッチ
26分 小林 亮

69分 マルシオ リシャルデス
77分 永田充

 16 植草 裕樹
 
 1 山岸範宏
 
 2 小林 亮
 4 西河 翔吾
 22 園田 拓也
 23 中野 圭
 
 5 高橋峻希
 4 スピラノビッチ
 17 永田充
 3 宇賀神友弥
 
 21 川島 大地
 5 下村 東美
 28 太田 徹郎
 17 佐藤 健太郎
 7 宮沢 克行
 
 13 鈴木啓太
 8 柏木陽介
 22 山田直輝
 15 エスクデロ セルヒオ
 
 10 長谷川 悠
 
 21 原一樹
 29 マゾーラ
 
 1 清水 健太
 13 石川 竜也
 14 宮本 卓也
 32 前田 和哉
 9 古橋 達弥
 19 秋葉 勝
 18 大久保 哲哉
 
 25 大谷幸輝
 26 濱田水輝
 12 野田紘史
 6 山田暢久
 27 小島秀仁
 10 マルシオ リシャルデス
 31 デスポトビッチ
 
10
6
5
6
5
2
19
16
2
3
2
3
0
0

試合後コメント

ゼリコ・ペトロヴィッチ
振り返ってみて、非常に難しい試合でした。自分たちが思うようにボールを運べず、試合前に約束していたことがうまくできなかったと思います。何人かの選手は前半、本来の力を出せませんでした。10パーセントほどパフォーマンスが下がった状態でプレーしていて、その後ハーフタイムで喝を入れると全員が動き出しました。それはハーフタイムで喝を入れる前に、前半からやってほしかったと思います。
試合前から、2-0のアドバンテージがあるが、それを絶対に考えないように、0-0で最初の試合が終わった、そういう気持ちで入れ、と言いました。いくつか素晴らしいコンビネーションも見られましたが、やはり不必要なボールの奪われ方が多くて相手にチャンスを与えてしまいましたが、その中で山岸がしっかりセービングをしてくれたということもあります。
そして、柏木の素晴らしいフリーキックでゴールを奪って、最後にランコが浦和レッズでの初のゴールを決めた、ということは非常にうれしく思います。ただし、柏木のフリーキックでのゴールというのが、一番、試合の中で重要なポイントだったと思います。

相手チームコメント

小林伸二監督
土曜日に試合があるということでちょっとメンバーを工夫しましたが、前半についてはうまくいったと思います。後半の入りが悪かったことと、マルシオが入ってきたことによってFKをあそこで与えた後に、前半だったら柏木しかいないんですが、両方あるのでそういうことも含めて、あそこで点を取られたのは痛かったなと思っています。
レギュレーションについて、ナビスコカップはアウェイゴールというのが2倍になるので、3-1でも勝てない、っていうふうな大きな失点になったのは事実です。ですから、この良い状態を進めるために引き分けを勝ちにいく、引き分けから勝ちにいくゲームをするってことで切り替えをさせて選手を何枚か送り出しましたが、ちょっともったいなかったなという気がします。
左サイドでフィードして引っかけられて、これもそうですが、マルシオがくさびを入れて走ったんですけど、ちょっとフィードしてミスした後だったのでサイドバックが戻りきれないのにセンターが食いついてしまいました。起こりうる数的優位になるかもしれないっていうところでちょっとこう、食いつかなくてステイするとたぶん、コントロールしたり、マルシオに入れたボールに対応できたと思うんですけど、ちょっとそういうことを判断なしに積極的にいってしまったっていうところで、壁パスを出してやられたのにも、センターバックもサイドバックもついていけなかった。そうするとどうしてもセンターがずれるので、そこのきわのところの左サイドの判断が悪かったといわざるをえないと思います。
そこそこのところまで来ていますが、そういうところを含めて、もったいなかったなっていうゲームだったと思います。そうはいっても良いところもあるので、そこを踏まえながら次の新潟に持っていきたいと思っています。

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ