MENU

試合結果

2011 Jリーグディビジョン1 第32節
2011年11月19日(土) 14:03 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 30891人人 扇谷健司

浦和レッズ

試合終了


ベガルタ仙台


73分 エスクデロ セルヒオ→田中達也
86分 梅崎司→原一樹

59分 パク チュソン→高橋 義希
80分 関口 訓充→武藤 雄樹
84分 太田 吉彰→中原 貴之
3分 マルシオ リシャルデス
80分 鈴木啓太

44分 松下 年宏
56分 パク チュソン

 18 加藤順大
 
 16 林 卓人
 
 14 平川忠亮
 2 坪井慶介
 17 永田充
 12 野田紘史
 
 25 菅井 直樹
 3 渡辺 広大
 2 鎌田 次郎
 27 パク チュソン
 
 13 鈴木啓太
 7 梅崎司
 10 マルシオ リシャルデス
 8 柏木陽介
 24 原口元気
 
 8 松下 年宏
 23 田村 直也
 11 関口 訓充
 10 リャン ヨンギ
 
 15 エスクデロ セルヒオ
 
 15 太田 吉彰
 24 赤嶺 真吾
 
 1 山岸範宏
 6 山田暢久
 4 スピラノビッチ
 27 小島秀仁
 21 原一樹
 29 マゾーラ
 11 田中達也
 
 1 桜井 繁
 4 細川 淳矢
 14 高橋 義希
 19 武藤 雄樹
 18 ディエゴ
 13 中島 裕希
 9 中原 貴之
 
9
5
8
11
5
2
16
16
2
2
2
2
0
0

試合後コメント

堀 孝史
前半、自分たちの意図した狙いのゲームができていたところがあり、後半もそのまま続けていこうという形で、後半に入りました。雨の影響で徐々にボールが止まり始めて、ちょっと危険なシーンもありましたが、それでも選手たちがそれを跳ね返してくれた中で、最高の結果ではなかったですが、最低限のものは出せたと思います。選手たちは本当に最後まで走ってくれて、それが最低限の結果につながったと思っています。

相手チームコメント

手倉森 誠監督
まず、今日のゲームは、自分たちをまた高めさせてくれるゲームだと。レッズの心理を思えば、相当の覚悟で今日、アウェイで我々が挑むことになると。それに対してまず、前節から、確実に修正をしてきているだろうと、攻撃でも守備でも。そうなったときの浦和は決して弱いチームじゃない、辛抱するところは辛抱して、隙を突くところを目指して、アウェイの戦いをコレクティブにやろうという話をしていました。
序盤、ビルドアップのところも守備のところも、非常にレッズにボールを動かされて、自分たちが耐えなければいけない時間帯がやっぱりあったなと。
後半、少し守備の部分で落ち着いて対応し始められたときに、うちが握る時間も長くなった中で、もう少し、ラストパスだったり、裏へのボールが出せれば状況が変わったなと思うのと、時間が経つにつれてまた、ボールが芝生に喰われる、水に喰われる状況の中でなかなか良い攻撃までいかなかったです。
> ただ、アウェイの中で、勝ち点1を取れたところは、我々が目指す4位を考えたときに、当該チームが負けているということも考えれば、大きい勝ち点1だという話は選手たちにしてきました。前半の苦しいのを乗り越えた中で、仙台から多くのサポーターが来てくれた、その後押しで今日のゲームは無失点で切り抜けることができたと思います。この勝ち点1を次につなげられるようにまた切り替えてやっていきたいと思います。

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ