MENU

試合結果

2011 Jリーグディビジョン1 第29節
2011年10月15日(土) 16:00 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 34654人 佐藤隆治

浦和レッズ

試合終了


大宮アルディージャ


84分 ラファエル
66分 デスポトビッチ→原口元気
71分 野田紘史→岡本拓也
75分 マルシオ リシャルデス→山田直輝

57分 上田 康太→金澤 慎
69分 杉山 新→金澤 慎
75分 金 英權→村上 和弘
45+2分 野田紘史
90+2分 平川忠亮

76分 深谷 友基

 18 加藤順大
 
 1 北野 貴之
 
 14 平川忠亮
 26 濱田水輝
 17 永田充
 12 野田紘史
 
 32 杉山 新
 4 深谷 友基
 34 片岡 洋介
 20 金 英權
 
 13 鈴木啓太
 8 柏木陽介
 7 梅崎司
 
 6 青木 拓矢
 17 上田 康太
 13 渡邉 大剛
 18 橋本 早十
 8 東 慶悟
 
 10 マルシオ リシャルデス
 15 エスクデロ セルヒオ
 31 デスポトビッチ
 
 10 ラファエル
 
 1 山岸範宏
 28 岡本拓也
 4 スピラノビッチ
 27 小島秀仁
 22 山田直輝
 24 原口元気
 29 マゾーラ
 
 21 江角 浩司
 26 村上 和弘
 23 金澤 慎
 11 藤本 主税
 7 李 天秀
 9 石原 直樹
 37 ホドリゴ ピンパォン
 
12
10
5
10
11
4
13
10
5
3
5
3
0
0

試合後コメント

ゼリコ・ペトロヴィッチ
自分たちにとって非常に良くない、悲惨な結果となりました。他のほとんどの試合でもそうですが、自分たちの方がボールを支配して、ポゼッション率も高い中、1-0にできるものすごい大きなチャンスを決めきれていない。やはり今までの試合でも、自分たちがボールを支配してチャンスを作りながら決めきれていないというところがあり、正直なところ、自分たちのFWというポジションの選手が何点を取っているかというと、2点くらいしか取っていません。そういうところがシーズンを通して、大きな問題だということを改めて今日、感じてしまいました。
ただし、自分たちは顔を上げて、残りの5試合に臨みます。このクラブはJ1に残らなければいけないと思います。クラブ、スタッフ、選手、一丸となって前を向いて戦い抜くしかないと思います。今までの試合であれば、調子のいい原口、柏木、ここ数試合であれば梅崎と、FWでない選手が活躍して点を取っているということもありましたが、やはり本物のFWの選手たちが点を取らないと、世界中のどのチームであっても試合に勝つのは難しいのではないかと思います。その中で自分たちは、残りの5試合、全力で戦い抜いていい結果を求めるしかないと思います。
選手個々の名前を挙げて批判しているのではありません。自分のスタイルはそうではないですが、点を取っていないというのは数字上でも現実に表れていますので。浦和レッズにはもっと点の取れるFWが必要だと思います。

相手チームコメント

鈴木 淳監督
非常に重要な一戦で、戦前から厳しいゲームが予想されましたが、まさにそのとおりになりまして、幸いにも勝ち点3を持って大宮に戻ることができます。非常にうれしく思っております。
まず今日の勝因は選手がハードワークしたことと、勝ちたいという意欲、それからボール際の執着心だったり、そういうメンタル的なところが、今日のダービーということで、大きかったと思います。

ゲームの内容については、立ち上がりから浦和さんの方がポゼッション率が高くて、ツートップにボールが入って、入ると結構危険な状態までいっていましたが、徐々にそこのところを修正しつつ、後半に入って、中くらいから我々のペースに持ってこれたと思います。守備のところで、サイドの連携と、ボランチとセンターバックの関係がゲームの時間が進むにつれて非常に良くなってきて、落ち着いたゲームをすることができたと思います。まずは今日の勝利に安心せず、また次のゲームに向かって良い準備をして、良いゲームをしたいと思います。

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ