MENU

試合結果

2011 Jリーグディビジョン1 第19節
2011年07月30日(土) 19:00 KICK OFF
等々力陸上競技場 20047人 松尾 一

川崎フロンターレ

試合終了


浦和レッズ


10分 OWN GOAL
HT 大島 僚太→中村 憲剛
68分 山瀬 功治→楠神 順平
87分 登里 享平→福森 晃斗

65分 山田直輝→田中達也
75分 鈴木啓太→山田暢久
89分 原口元気→エスクデロ セルヒオ
16分 井川 祐輔
27分 小宮山 尊信

18分 鈴木啓太
39分 高橋峻希
62分 スピラノビッチ
82分 マルシオ リシャルデス
90+2分 エスクデロ セルヒオ

 1 相澤 貴志
 
 18 加藤順大
 
 3 田中 裕介
 4 井川 祐輔
 17 菊地 光将
 8 小宮山 尊信
 
 5 高橋峻希
 4 スピラノビッチ
 17 永田充
 14 平川忠亮
 
 6 田坂 祐介
 30 大島 僚太
 13 山瀬 功治
 23 登里 享平
 
 13 鈴木啓太
 8 柏木陽介
 22 山田直輝
 
 10 ジュニーニョ
 11 小林 悠
 
 10 マルシオ リシャルデス
 24 原口元気
 31 デスポトビッチ
 
 28 杉山 力裕
 2 伊藤 宏樹
 15 實藤 友紀
 22 福森 晃斗
 14 中村 憲剛
 16 楠神 順平
 29 久木野 聡
 
 1 山岸範宏
 3 宇賀神友弥
 6 山田暢久
 16 高崎寛之
 11 田中達也
 15 エスクデロ セルヒオ
 29 マゾーラ
 
14
5
7
14
8
4
20
15
2
6
2
6
0
0

試合後コメント

ゼリコ・ペトロヴィッチ
今日は非常に重要な勝ち点3を取ったと思います。川崎フロンターレという素晴らしいチームを相手に、勝ち点3が取れたことをすごくうれしく思います。この先、自分たちが良いシーズンを送る起点になるかと思います。もちろん、フロンターレが試合の主導権を握って、自分たちは守らざるを得ない形になりました。ただしその中でも、2-0にする山田直輝のチャンスもありましたし、自分たちが試合を決められるところもありました。
もちろん、川崎フロンターレのシュートを1本、加藤がセービングしました。小宮山選手のロングシュートもあったと思います。この試合を迎えるにあたって、原口は足首のケガの状態を気にしてまともな練習ができず、試合だけを見据えてやっていたり、ランコ・デスポトビッチが合流して間もないということであったり、そういった試合に挑む前に難しい状況がありましたが、全員が非常に力強いキャラクター、精神力を発揮して、ここに来てくださったたくさんのサポーターの方々に、勝ち点3を捧げられたと思います。
> そして、先ほどテレビのインタビューでも言いましたが、ナビスコカップを含めて9試合、5勝4分と負けなしで、良い流れで来ているということを、自信を持って言えると思いますし、選手たちを非常に誇らしく思います。柏木も1点目に『アシスト』という形で絡んでいますし、非常に良い試合をしたと思います。

相手チームコメント

相馬直樹監督
小雨が降る中、本当にたくさんの方々に来ていただきましたが、ホームで勝ちゲームをお見せすることができず、非常に申し訳ないと思っています。前回のことがありましたので、勝ちにいったゲーム、という中で、内容としたら十分なボリュームを持ったゲームができたと思っていますが、ただゴールを取る部分、そして守る部分、そこのところであと一歩というか、あと一つ、あと少し、まあ、何かが足りなかったと思っています。ただ、サッカーとはこういうスポーツでもあるとは思いますので、切り替えて、一つ連戦が終わりましたが、次に向けてまた準備をしたいと思います。

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ