MENU

試合結果

2011 Jリーグディビジョン1 第6節
2011年07月23日(土) 18:00 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 31369人 扇谷 健司

浦和レッズ

試合終了


ヴァンフォーレ甲府

53分 平川忠亮
73分 柏木陽介

13分 エスクデロ セルヒオ→山岸範宏
66分 デスポトビッチ→高崎寛之
83分 マルシオ リシャルデス→山田直輝

HT 松橋 優→片桐 淳至
61分 内山 俊彦→柏 好文
72分 阿部 吉朗→ダヴィ

46分 ハーフナー マイク
61分 内山 俊彦
12分 加藤順大

 18 加藤順大
 
 1 荻 晃太
 
 5 高橋峻希
 4 スピラノビッチ
 17 永田充
 14 平川忠亮
 
 25 市川 大祐
 5 ダニエル
 4 山本 英臣
 13 内山 俊彦
 
 13 鈴木啓太
 8 柏木陽介
 15 エスクデロ セルヒオ
 
 7 石原 克哉
 27 伊東 輝悦
 16 松橋 優
 26 阿部 吉朗
 
 10 マルシオ リシャルデス
 24 原口元気
 31 デスポトビッチ
 
 10 パウリーニョ
 14 ハーフナー マイク
 
 1 山岸範宏
 3 宇賀神友弥
 27 小島秀仁
 6 山田暢久
 22 山田直輝
 29 マゾーラ
 16 高崎寛之
 
 21 荒谷 弘樹
 2 小林 久晃
 8 養父 雄仁
 18 柏 好文
 20 片桐 淳至
 30 保坂 一成
 11 ダヴィ
 
11
14
16
6
0
6
18
20
7
2
6
2
0
0

試合後コメント

ゼリコ・ペトロヴィッチ
まず、勝利を勝ち取ってここに座れることを非常に誇らしく思います。自分たちにとって、ものすごく重要な勝ちだと思います。試合内容を振り返ると、12分にレッドカードが出て、残り時間を10人で戦わないといけない状況になりました。
ただ、そこから素晴らしい浦和レッズを見ることができました。10人になりましたが、実はもう1人、ベンチから森さんが11人目の選手として戦ってくれました。なので、私たちは11人で戦って、素晴らしい試合ができて、選手たちにはすごく大きな称賛を与えたいと思います。

相手チームコメント

三浦俊也監督
最初は運が良いというか、我々のクイックのリスタートでパウリーニョが抜けて、キーパーがレッドカードということでアドバンテージをもらったゲームになりました。簡単にいうと、それをいかせなかったのが非常に残念というか、悔しいというか、そういうゲームになったと思います。
前半はそうなったときから、浦和といわず、私もこういう経験がありますが、もう引いて守ってあとはカウンターを狙って0-0でも止むなしかというような形のゲームになりますので、逆に攻めは難しくなったかなという気はしました。
振り返ると、前半にあったチャンスで1点を取れていれば浦和も攻撃に出ざるを得なかったので、そこをゼロで終わって、なんとなく浦和の選手たちにディフェンスのリズムを作られて、ハーフタイムになった瞬間のスタジアムの雰囲気で、選手たちもいけるというような形になったらまずいというふうに思いながらロッカールームに帰りました。
必要なのはまず先制点だったと思いますが、とはいえ、1点取られるとますます難しいですし、そこのバランスを見ながら焦らずにとにかく攻める、と。具体的には、引いて守られていますし、どこかで驚きを与えるプレー、ミドルシュートであったり1対1の突破であったり、ということをどこかでチャレンジしていこうという話をしました。選手はそれにはトライしてくれたと思いますが、浦和の守備はよくやったと思いますし、自分も逆の経験がありますが、難しいと改めて思いました。まあ、思いました、では解決しませんが、これをまたプラスに次への教訓にしたいと思います。

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ