MENU

試合結果

2011 Jリーグディビジョン1 第18節
2011年06月25日(土) 19:00 KICK OFF
豊田スタジアム 28515人 屋内 扇谷 健司

名古屋グランパス

試合終了


浦和レッズ

45+1分 磯村 亮太

90+8分 マゾーラ
66分 楢崎正剛→高木 義成
70分 玉田 圭司→ブルザノビッチ
90+1分 小川 佳純→三都主 アレサンドロ

26分 マルシオ リシャルデス→原口元気
61分 鈴木啓太→マゾーラ
77分 田中達也→梅崎司
18分 阿部 翔平
50分 磯村 亮太
75分 高木 義成
試合終了後分 千代反田 充

6分 永田充
33分 鈴木啓太
52分 スピラノビッチ

 1 楢崎正剛
 
 18 加藤順大
 
 3 千代反田 充
 4 田中 マルクス闘莉王
 5 増川 隆洋
 32 田中 隼磨
 
 5 高橋峻希
 4 スピラノビッチ
 17 永田充
 14 平川忠亮
 
 10 小川 佳純
 33 磯村 亮太
 8 藤本 淳吾
 6 阿部 翔平
 
 13 鈴木啓太
 6 山田暢久
 22 山田直輝
 10 マルシオ リシャルデス
 21 原一樹
 
 16 ケネディ
 11 玉田 圭司
 
 11 田中達也
 
 50 高木 義成
 26 新井 辰也
 38 三都主 アレサンドロ
 9 ブルザノビッチ
 28 田口 泰士
 22 橋本 晃司
 35 田中 輝希
 
 1 山岸範宏
 3 宇賀神友弥
 27 小島秀仁
 8 柏木陽介
 7 梅崎司
 29 マゾーラ
 24 原口元気
 
13
13
10
9
8
4
21
10
2
2
2
2
0
1

試合後コメント

ゼリコ・ペトロヴィッチ
今日の試合は非常に素晴らしい試合だったと思います。たくさん、いろいろなことを話すよりも、前半から最後までサッカーを楽しんでいただくことができたのではないかと思います。もちろん、名古屋グランパスという素晴らしい選手が集まった非常に強いチームと戦って、このような結果で選手が全力を尽くしたことで、自分は浦和レッズの監督であるということをすごく誇りに思える内容でした。
特に前半であれば、自分たちが1点、2点と先に取れる状況でありながら、それができませんでした。その後、最後にPKという形で追いつきましたが、実際にまだ映像は見ていませんので、あそこが本当にPKだったのかということは、私には分かりません。
ただし、後半、名古屋グランパスも、非常に経験のある選手が多く、1回、2回と大きなチャンスを作っていました。自分たちにも非常に大きなチャンスが何回かあって、そこを決めきれない、そういった内容でしたが、特に若い選手たち、原口元気は長い移動から自分たちのチームの力になるために全力を尽くしてくれましたし、若い、山田直輝と高橋峻希も素晴らしいプレーをしてくれました。そして、ベテランの選手たちは、称賛をしなくとも素晴らしいプレーをしてくれていると思います。もちろん、最後のPKがなければ自分たちが負けてしまった可能性もあったわけですが、試合全体の内容をみた中では、自分たちが勝つべき試合内容だったと思います。今までも自分たちが優位に試合を運びながら、勝ちきれなかったり、負けてしまった試合がありました。今日は、追いついたということは良かったと思います。
そして自分のよき仲であるストイコビッチ監督と、名古屋には、これから素晴らしいシーズンを戦っていけるように、祈っています。

相手チームコメント

ストイコビッチ監督
このゲームの最初、グランパスは良かったと思います。グランパスとしても良いサッカー、美しいサッカーをしたと思います。勝ち点1よりもそれ以上のものを我々は出し切ったと思いますし、選手が多大なる努力をしたことには感謝の意を表したいと思います。

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ