ENGLISH SITE

  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス

経営情報

2018シーズンのトップチームは、Jリーグ優勝とAFCアジアチャンピオンズリーグ(以下、「ACL」)の出場権獲得を目標に掲げシーズンをスタートしましたが、リーグ戦序盤でチーム状況が上向かず成績不振に陥り、4月に堀 孝史監督を解任し、暫定的に大槻毅育成ダイレクターを監督に昇格させました。大槻監督就任後、4試合で3勝1分と、一時の苦しい時期を乗り越え、チーム状況は大きく好転しました。チームが上昇気流に乗る中、オズワルド オリヴェイラ監督を新たに迎え、選手の特徴を最大限に生かしチーム全体のモチベーション向上を図った結果、天皇杯で2006年大会以来7回目(三菱重工サッカー部時代を含む)の優勝を遂げ、2019シーズンのACLの出場権を獲得しました。一方、リーグ戦では、目標としていたJリーグ優勝は果たせず、5位でシーズンを終えました。また、ルヴァンカップはプレーオフステージ敗退となりました。

事業面では、2018年度の営業収入は75億4,900万円となりました。これまで過去最高であった2017年度の79億7,100万円に対し4億2,200万円の減収でしたが、2007年度に次ぐ過去3番目に多い収入規模となりました。
事業運営費、チーム運営費、一般管理費を合わせた営業費用は75億4,000万円で、この結果、営業利益が900万円、当期純利益は3,900万円となり、8年連続で黒字を確保しました。

総入場者は681,575人とACLに出場した前年度比で119,826人減少しました。主な要因はルヴァンカップのプレーオフステージ敗退による試合数の減少等によるものです。一方、リーグ戦17試合の平均入場者数は35,502人と前年度比で1,960人増加しました。要因は、シーズン前半のチーム成績が停滞していたところから後半に持ち直したことなどが挙げられます。その結果、入場料収入は、19億2,300万円(前年度比4億1,400万円減)となりました。

平均入場者数の推移

広告料収入は、前年度から協賛金の増額や天皇杯優勝に伴う追加協賛金、新規パートナーの獲得により、7年連続で増加するとともに、過去最高の32億2,600万円(前年度比3,300万円増)を記録しました。

グッズ収入は、2017年度ACL優勝記念グッズや選手の記念グッズ等の売上もあり、9億5,400万円(前年度比1億4,100万円増)となりました。

その他収入とJリーグ分配金の合計は、天皇杯の優勝賞金、選手の移籍金やロシアワールドカップ出場ペイメント等により、14億4,600万円(前年度比1億8,200万円減)となりました。

営業収入と「収入の3本柱」の推移

営業費用は、事業運営費においてルヴァンカッププレーオフステージ敗退による試合数減少等により28億3,500万円(前年度比3億600万円減)、チーム運営費において選手の移籍金の償却・報酬増や監督・コーチ交代による費用増加等により38億5,900万円(前年度比4億5,600万円増)、一般管理費8億4,600万円を加え、75億4,000万円となりました。

純資産は15億5,700万円と過去最高を更新しました。過去の利益の蓄積である利益剰余金は11億7,100万円(前年度比3,900万円増)となりました。

総資産の推移 (単位:百万円)

クラブは、2018年3月、JR浦和駅東西連絡通路と西口中ノ島バスターミナルを結ぶ約54mの地下通路(市道)に開通した「浦和サッカーストリート(URAWA SOCCER STREET)」内に、オフィシャルショップ「レッドボルテージ(RED VOLTAGE)」を移転し、リニューアルオープンしました。
開始から4年目を迎えたREX CLUB会員数は前年より約11,000人増の約78,000人となりました。
「安全で快適なスタジアム」づくりのために、安全を確保しながら継続して、子供やファミリーの観戦機会を増やす取組みを進めました。差別撲滅に向けたアクションプログラムでは、外部の学校への啓発を図るなど活動を継続させました。
また、2007年度から継続的に行われてきた「ハートフルサッカー in ASIA」活動において、タイにあるHIVに母子感染した孤児たちの生活施設「バーンロムサイ」を支援する『浦和レッズハートフルクラブ×バーンロムサイ』の活動が評価され、「HEROs AWARD 2018」の受賞に至りました。

2019シーズンは、Jリーグ優勝とACL優勝を目標に掲げ、「浦和のために、最後まで走り、闘い、貫く」という浦和レッズのスタイルを追求し、「強くて魅力あるチーム」を目指しスタートしました。オリヴェイラ監督のもと、チーム一丸となってすべての試合、すべての大会を全力で戦います。
育成については、プレミアリーグで安定的に戦い抜くこと、トップチームへの昇格選手を継続的に輩出することを目指すほか、海外チームとの交流などを通して、指導者の質の向上にも努めていきます。
レディースについては、新たに森栄次監督を迎え、タイトル獲得に挑むシーズンとしていきます。

クラブは、ここ数年で強化された財務基盤を背景にさらなるステップアップをするための足固めを加速していきます。今シーズンから、だれもが楽しめる埼玉スタジアムを実現するため、過去最大規模の「席割り変更」を実施し、ホスピタリティ向上に取り組みます。新たに来場される観戦者も楽しめる座席を提供し、既存のファン・サポーターとの共生を図っていきます。併行して、既存メディアはもちろんSNS等のデジタルツールを活用した情報発信を強化し、マーケティング活動を進めていきます。引き続き、「安全で快適なスタジアム」「差別撲滅活動」に取り組みます。「サッカーのまち 浦和」や「さいたま市の名所」の情報発信拠点として、「レッドボルテージ(RED VOLTAGE)」と「浦和サッカーストリート(URAWA SOCCER STREET)」を活用し、ホームタウンとの絆づくりに努めていきます。また、埼玉スタジアムが所在する美園地区で進められている「美園スタジアムタウン」のまちづくりに積極的に関与し、スタジアムへのアクセス改善等に取り組んでいきます。

浦和レッズの存在意義は「サッカーをはじめとするスポーツの感動や喜びを伝え、スポーツが日常にある文化を育み、次世代に向けて豊かな地域・社会を創っていく」ことにあります。この存在意義を常に意識しながら、チームと事業が両輪となり、「浦和のために、最後まで走り、闘い、貫く」気持ちを持って、全力で取り組んでいきます。

クラブ収支状況(単位・百万円)
  2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
営業収入

5,854

6,088

6,606

7,971

7,549

入場料収入

1,982

2,174

2,375

2,337

1,923

広告料収入

2,380

2,549

2,593

3,193

3,226

グッズ収入

788

687

778

813

954

Jリーグ分配金(※1)

263

270

319

536

389

その他(※1)

441

408

541

1,092

1,057

営業費用(※2)

5,642

5,961

6,426

7,415

7,540

事業費用

5,025

5,301

5,749

6,544

6,694

事業運営費

2,460

2,677

2,805

3,141

2,835

チーム運営費

2,565

2,624

2,944

3,403

3,859

(うち選手・監督
・コーチ報酬)

(2,054)

(2,100)

(2,381)

(2,644)

(3,108)

一般管理費

617

660

676

871

846

営業利益

212

127

180

556

9

経常利益

204

126

184

536

32

当期純利益 118 51 173 331 39
  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
  • (※1)「Jリーグ分配金」には賞金は含まれていません。「その他」には選手移籍関連収入、賞金、出場料、出演料、スクール収入、育成(アカデミー)関連収入等が含まれています。
  • (※2)営業費用の主な内訳は次頁の参考情報のとおりです。
(参考情報)営業費用の主な内訳(単位:百万円)
事業運営費 2,835  
スタジアム運営関係費 809 「試合関連経費[スタジアム使用料、警備費、運営設営費]」、チケット手数料、広告宣伝費、JFA納付金、イベント費ほか
広告料関係費 629 バーター取引相当分、レッズランド向け広告宣伝費、広告代理店手数料、業務委託費ほか
グッズ関係費・その他事業費 1,253 商品原価、グッズ運営管理費、REX CLUB活動費、広報活動費ほか
ホームタウン関係費用 144 レディース活動費、ホームタウン活動費、ハートフル活動費
チーム運営費 3,859  
選手・監督・コーチ報酬 3,108 選手と指導者の報酬の総額(育成、レディース等含む)
トップチーム運営経費 564 移動関連費、施設関連費、寮関連費、代理人手数料ほか
育成(アカデミー)運営経費 103 移動関連費、施設関連費ほか
レディースチーム運営経費 84 移動関連費、施設関連費ほか
一般管理費 846 労務費、各種賃借料、業務委託費、Jリーグ年会費ほか
クラブ財産状況(単位・百万円)
  2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
総資産

1,309

1,549

2,015

3,136

3,180

総負債

571

760

828

1,619

1,623

純資産

738

789

1,187

1,518

1,557

資本金/資本準備金

160

160

386

386

386

  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
クラブその他指標
  2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
J1リーグ年間順位 2位 3位 2位 7位 5位
YBCルヴァンカップカップ成績
(2015年度までヤマザキナビスコカップ)
準々決勝 準々決勝 優勝 準々決勝 プレーオフステージ
天皇杯成績 3回戦 準優勝 4回戦 ラウンド16 優勝
AFCチャンピオンズリーグ
(ACL)成績
  グループステージ ラウンド16 優勝
FIFAクラブワールドカップ
(FCWC)成績
      5位
J1リーグ入場者数(人)

603,770

658,668

627,898

570,215

603,534

J1リーグ平均入場者数(人)

35,516
37,736
(無観客試合除く)

38,745

36,935

33,542

35,502

主催試合入場者数(人)

692,243

757,279

837,237

801,401

681,585

J1全クラブ平均年間収入
(百万円)

3,294

3,343

3,640

4,082

4,755

J1全クラブ平均入場料収入
(百万円)

678

712

742

804

804

J1リーグ全クラブ
平均入場者数(人)

17,240

17,803

17,968

18,883

19,064

  • 「主催試合入場者数」はJリーグ、カップ戦等主催試合の合計です

ページトップへ

    • SAVAS
    • NIKE
    • トーシンパートナーズ
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • スカパー!
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • ブログパーツ
    • プライドリームス埼玉
    • Jユースカップ