ハートフルサッカーin東北 開催(ハートフルクラブ)

9月29日(月)から毎年恒例となった被災地支援のハートフルサッカーin東北(岩手県 山田町・大槌町)がスタートしました!

29日にはレッズランドと埼スタからトラック2台と乗用車3台にハートフルクラブのコーチ9名とスタッフ7名が分乗し片道600km以上ある被災地へ9時間近く掛け移動しました。

30日(火)の午前のプログラム1では震災で学校の校舎が流され今年4月に新校舎が開校した山田町立船越小学校にて小学校授業サポートを実施しました。

image

 

5・6年生52名が参加し、晴天の中まだ新しい校舎に元気な生徒の声が響き渡っていました!


秩父市でサッカー教室を開催(ハートフルクラブ)

夏休みも最終週末となった8月30日(土)
に秩父市主催によるサッカー教室が秩父市内のサッカーグラウンドにて実施されました。

朝方まで降り続いた雨も止み、教室が始まった頃には青空も見え、残り僅かになった夏を惜しむかのように秩父の山々が鮮やかに姿を現しました。

image

image

教室には、秩父市内のサッカー少年団、全15団体108名が参加。

ハートフルクラブのコーチ陣と一緒に最後までひたむきにボールを追いかけていた姿が印象的でした!

夏休みも終わり2学期も始まりましたが、元気に学校生活を送ってください!


ハートフルサッカーin 東北その7(ハートフルクラブ)

プログラム4 山田町立荒川小学校のプログラムリーダーは宮沢コーチが担当し、全校生徒40名の小学校授業を実施しました。

講話を真剣に聞き入る低学年の子供たちに、最後は落合キャプテンからお礼の言葉が!

image

実技が始まると、近所にある町立荒川幼稚園の年長さん7名も校庭の片隅でハートフルのコーチから渡されたボールで遊び始める一幕も!

image

image

ここ荒川小学校は、山間部に位置しており、被災当時は物資や食料の後方支援部隊の役割を担っていたとのこと。

image

image

子供らしい純粋な笑顔が、最高でした!


ハートフルサッカーin東北その4(ハートフルクラブ)

午後のプログラム2は、震災で流された4校がひとつに統合された大槌小学校へ。

プログラムリーダーは城定コーチ

落合キャプテンの講話に引き続き実技指導を行いました!

image

3年生の男女合わせて62名が参加し
元気よくボールをおいかけていました!

冒頭でもお伝えしたように、大槌町で甚大な被害をうけた小学校の子供たちですが、ボールを追いかけている最中は笑顔が絶えず、大声で仲間を応援する姿などは心打たれるものがありました。

image

image


ハートフルサッカーin東北 その1(ハートフルクラブ)

本日、9月25日(水)岩手県 大槌町の吉里吉里小学校を皮切りに7プログラムをスタートしました。

image

小学校のすぐ裏手には、釜石から山田町方面に繋がる電車道の線路がありました。

現在は震災の影響で使用できておらず、復旧の見通しも明らかになっていない状況のようです。

image

image

image


9月21日エンジョイハートフルサッカー実施(ハートフルクラブ)

21日(土)ホーム甲府戦の前に、第4グラウンドにてエンジョイハートフルサッカーを行いました。
9月下旬とは思えないくらい暑い中、101人の小学生が参加してくれました!

久しぶりのエンジョイハートフルでしたが、コーチと子供たちの元気な声や笑顔が、ピッチに広がっていました。

10月も、エンジョイハートフルを実施する予定になっていますので
是非参加してください!

image

image


今年も東北へ(ハートフルクラブ)

東日本大震災から2年半が経過しましたが、今年もハートフルクラブでは9月24日(火)~27日(金)の期間で岩手県、山田町・大槌町へ訪問することとなりました。

昨年から小学校の授業にも加わり、サッカーを通して“心を育む”活動や、一人でも多くの子供が笑顔を取り戻せるよう、全力で活動しています!

浦和レッズ、ハートフルクラブでは、2年半前の出来事を風化させないよう継続して取り組んでいきます。

引き続きご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

CIMG109001田老C子供01