12/1(土)vsFC東京  エンジョイ!ハートフルサッカー開催(お知らせ)


◆エンジョイ!ハートフルサッカー◆

浦和レッズハートフルクラブのコーチたちと楽しくサッカーしよう!
サッカー初心者や女の子でも大歓迎☆
ご参加の方にはもれなく
『ナイキオリジナル 浦和レッズステッカー』をプレゼントいたします!

時間:①10:30~11:30       ②12:00~13:00
(参加を希望される方は①10:15もしくは②11:45にあわせてご来場ください)

場所:第4グラウンド(人工芝)

対象:年長児~6年生

*事前募集、申し込みはありません。
*お飲み物(お水)は各自ご持参ください。
*必ず運動靴(スパイク不可)、運動の出来る服装でお越しください。
*参加費は無料です。
*試合のチケットをお持ちでなくても参加可。
*荒天の場合は内容を変更する場合があります
*参加者多数の場合は集合時間の繰り上げ及びお断りさせていただく場合があります。予めご了承ください。

「エンジョイ!ハートフルサッカー」にご参加の方にはもれなく
『ナイキオリジナル 浦和レッズステッカー』をプレゼントいたします!

 
 

落合 弘 ハートフルクラブ キャプテンが『さいたま市文化賞』を受賞


ハートフルクラブの落合 弘キャプテンが、『さいたま市文化賞』を受賞しました。その模様がクラブインフォメーションに掲載されていますのでご覧ください。


落合 弘キャプテンが、『さいたま市文化賞』を受賞


11/3(土)vsG大阪  エンジョイ!ハートフルサッカー開催(お知らせ)


◆エンジョイ!ハートフルサッカー◆

浦和レッズハートフルクラブのコーチたちと楽しくサッカーしよう!
サッカー初心者や女の子でも大歓迎☆
ご参加の方にはもれなく
『ナイキオリジナル 浦和レッズステッカー』をプレゼントいたします!

時間:①12:30~13:30       ②14:00~15:00
(参加を希望される方は①12:15もしくは②13:45にあわせてご来場ください)

場所:第4グラウンド(人工芝)

対象:年長児~6年生

*事前募集、申し込みはありません。
*お飲み物(お水)は各自ご持参ください。
*必ず運動靴(スパイク不可)、運動の出来る服装でお越しください。
*参加費は無料です。
*試合のチケットをお持ちでなくても参加可。
*荒天の場合は内容を変更する場合があります
*参加者多数の場合は集合時間の繰り上げ及びお断りさせていただく場合があります。予めご了承ください。

「エンジョイ!ハートフルサッカー」にご参加の方にはもれなく
『ナイキオリジナル 浦和レッズステッカー』をプレゼントいたします!


浦和レッズハートフルクラブ2018年後期くまがやドームスクールにご参加される皆様へ(ハートフルスクール)


この度は、浦和レッズハートフルクラブ2018年後期くまがやドームスクールにご参加いただきありがとうございます。

募集要項にも記載させて頂きましたとおり、2学年合同でのスクール開催とさせていただきました。

何卒、ご理解とご協力をいただき、スクールへ参加くださいますようお願い申し上げます。

つきましては、下記の通り変更となった開催概要をお伝えさせていただきますので、ご確認の程よろしくお願いいたします。

 

【くまがやドームスクール開催概要】

全学年共通

  開催時間    

17:15 ~ 18:30 (75分)

   催クラス    

A 1年生・2年生

B 3年生・4年生

C 5年生・6年生

 

今後、当方からの連絡や 配布物はスクール開始当日まで特にございません。

スクール会場受付にて開催日程要項・ハートフルスクールウェアセットなどをお配りいたします。

なお原則として、スクールは雨天決行です。またスクールの開始時間に多少遅れても問題ございません。

◆持ち物

・サッカーボール(3・4号球)・飲み物(水)・タオル・運動(サッカー)ができる服装と靴

それでは、10月26日(金)当日お待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。

※駐車場は P6 が最寄となります


10/20(土)vs鹿島アントラーズ  エンジョイ!ハートフルサッカー開催(お知らせ)


◆エンジョイ!ハートフルサッカー◆

浦和レッズハートフルクラブのコーチたちと楽しくサッカーしよう!
サッカー初心者や女の子でも大歓迎☆
ご参加の方にはもれなく
『ナイキオリジナル 浦和レッズステッカー』をプレゼントいたします!

時間:①12:30~13:30       ②14:00~15:00
(参加を希望される方は①12:15もしくは②13:45にあわせてご来場ください)

場所:第4グラウンド(人工芝)

対象:年長児~6年生

*事前募集、申し込みはありません。
*お飲み物(お水)は各自ご持参ください。
*必ず運動靴(スパイク不可)、運動の出来る服装でお越しください。
*参加費は無料です。
*試合のチケットをお持ちでなくても参加可。
*荒天の場合は内容を変更する場合があります
*参加者多数の場合は集合時間の繰り上げ及びお断りさせていただく場合があります。予めご了承ください。

「エンジョイ!ハートフルサッカー」にご参加の方にはもれなく
『ナイキオリジナル 浦和レッズステッカー』をプレゼントいたします!


東日本大震災等支援プロジェクト 「浦和レッズハートフルサッカーIN東北(福島・岩手)2018」(ハートフルサッカーin東北)


9月23日(日)~9月28日(金)の日程で、福島県相馬郡新地町、岩手県上閉伊郡大槌町、下閉伊郡山田町の小学校、保育園等を訪問し、落合 弘キャプテンをはじめとする全コーチ陣による、サッカーを通じた「こころ」を育む活動を行った。『ハートフルサッカー in 東北』は、2011年3月11日に起きた東日本大震災の復興支援プロジェクトとして、サッカーを通じた子供たちの心のケアを目的としている取り組み。2011年7月より継続的に行われており、今回で11回目となった活動の報告をホームページ内クラブインフォメーションでさせて頂いております。ご覧ください。

10月20日(土)鹿島戦のホームゲームでは、「東日本大震災等支援プロジェクト/けっぱれ!岩手県大槌町・山田町」の支援ブースを展開し、観光PR、現地特産品の物販等を行います。

あわせて「ホームタウン&ハートフルクラブブース」では、東北での活動の写真展も開催しておりますので、ぜひご覧いただき、東北の現状を確認していただき、少しでも被災地支援にご理解、ご協力いただければ幸いです。

 

↓こちら↓

東日本大震災等支援プロジェクト 「浦和レッズハートフルサッカーIN東北(福島・岩手)2018」

 


東日本大震災等支援プロジェクト 「浦和レッズハートフルサッカーIN東北(福島・岩手)2018」(ハートフルサッカーin東北)


浦和レッズハートフルクラブは、9月23日(日)~9月28日(金)の日程で、福島県新地町の小学校、岩手県大槌町、山田町の小学校、幼稚園等を訪問し、それぞれの教育委員会の協力のもとサッカーを通じた子供たちの心のケアを目的とする活動『浦和レッズ ハートフルクラブ in 東北(福島・岩手)』を行います。

ハートフルクラブでは、2011年東日本大震災の発生後、被災地を7年連続訪問し、計16回69ヵ所3357人以上の子供たちと一緒にボールを追いかけ、スポーツの楽しさ、そして仲間へのおもいやり、一生懸命する大切さをサッカーを通じて共有し、東北の未来に向けて活動を行っています。

浦和レッズは、震災復興には長い年月がかかると考え、長期的、継続的に岩手県内の被災地で、今後もサッカーを通じた子供たちの心のケアに協力させていただく方針です。

そして今回は、東北訪問後の9月30日(日)柏戦のホームゲームで、「東日本大震災等支援プロジェクト/がんばっぺ!福島県」の支援ブースを展開し、観光PR、現地特産品の物販等を行います。

また、10月20日(土)鹿島戦のホームゲームでは、「東日本大震災等支援プロジェクト/けっぱれ!岩手県大槌町・山田町」の支援ブースを展開し、観光PR、現地特産品の物販等を行います。

あわせて「ホームタウン&ハートフルクラブブース」では、東北での活動の写真展も開催しておりますので、ぜひご覧いただき、東北の現状を確認していただき、少しでも被災地支援にご理解、ご協力いただければ幸いです。


【9/21訂正】2018年後期ハートフルスクール日程(ハートフルスクール)


前回掲示させて頂いた予定に変更がございましたので、ご連絡させて頂きます。

ご確認ください。

埼玉スタジアムスクール

12/17 → 3/18

与野八王子スクール

12/17 → 3/11

 

後期ハートフルスクールの日程及び開催時間になります。ご確認ください。


埼玉スタジアムスクール

年長・1・2年生  16:30~17:45

3・4・5・6年生  18:00~19:15

 

10月  22日 29日

11月  12日 26日

12月   3日 10日 

 1月   7日 21日 28日

 2月   4日 11日 18日 25日

 3月   4日 11日 18日


与野八王子スクール

年長・1・2年生  15:45~17:00

3・4・5・6年生  17:15~18:30

 

10月  15日 22日 29日

11月   5日 12日 19日

12月   3日 10日 

 1月   7日 21日 28日

 2月   4日 18日 25日

 3月   4日 11日


浦和駒場火曜スクール

年長・1・2年生  15:55~17:10

3・4・5・6年生  17:25~18:40

 

10月  16日

11月   6日 13日 20日 27日

12月   4日 11日 18日

 1月   8日 22日 29日

 2月   5日 19日 26日

 3月   5日 12日


レッズランドスクール

年長・1・2年生  16:15~17:30

3・4・5・6年生  17:45~19:00

 

10月  25日

11月   1日  8日 22日 29日

12月   6日 13日 20日

 1月  10日 24日 31日

 2月  14日 21日 28日

 3月   7日 14日


浦和駒場金曜スクール

年長・1・2年生  15:45~17:00

3・4・5・6年生  17:15~18:30

 

10月  12日 19日 26日

11月   9日 30日

12月  14日 21日

 1月  18日 25日

 2月   1日  8日 15日 22日

 3月   1日  8日 15日


くまがやドームスクール

全学年 17:15~18:30

 

10月  26日

11月   2日 16日 30日

12月   7日 14日 21日

 1月  11日 18日 25日

 2月   1日  8日 15日 22日

 3月   1日  8日


『ハートフルサッカー in アジア2018』をカンボジア・タイ(ハートフルサッカーinアジア)


今回はハートフルクラブ初となるカンボジアを訪問。スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアムを通じて、認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)のご協力のもと活動してきました。

DAY1

バンコク経由でカンボジアに到着。

シェムリアップ空港から4時間かけ、IMCCDがあるタサエンに向かいました。

道中、何もない草原が道の両脇に広がっていました。

タサエン到着後、今回の宿泊先となるIMCCDの施設で昼食をとり実際に地雷を処理している現場へむかいました。

向かう途中には、元地雷源のところがあったり、一方でバナナの木があったりと不思議な光景を目にしました。

雨だと、爆破処理は点火できない場合があるから基本的にはやらないとのこと。しかし、今回はギリギリの決断のもと行っていただきました。

2発の爆破をしたのですが、テレビや動画等で見るのとは全く違い、音、風圧などがすごく、言葉でも伝えきれません。

まだこの地雷が400万〜600万個あると思うと…。

現場から施設に戻る途中、露店に立ち寄りバナナとドラゴンフルーツをいただきました。どちらも、とてもフルーティで日本のものより美味しかったです。

施設に戻るとちょうど日本語教室が始る時間で、特別講師として宮沢コーチと永井コーチが担当させてもらい日本語を教えました。

夜は、この施設を訪問していた日本の学生や親子の方々と懇親会を兼ねた夕食をいただきました。

寝所はハンモック。思った以上に寝やすかったです。

そして、真っ暗な夜空に星がとても綺麗に輝いていました。

 

DAY2

朝6時に朝食をとり、8時からハートフルスクールスタート。

アジア訪問も埼玉での活動と同様、小学校を対象に行いますが、今回はタサエン村の子供たちや近くの村の子供たちを対象に行いました。

また、訪問が決まってから施設の方と村の方でサッカーグランドをつくり、ゴールまでつくってくれました。

90×40と正規の大きさではないけれど、しっかり作ってくれていて、この光景をみた時は感動しました。

ゴールを作ってくれたので、中古ではありますが普段スクールで使っているネットを持っていき、コーチ陣で穴が開いてしまったところを塞ぐ作業をして設置しました。

ハートフルスクールには小学生から高校生までの子供たち132人が参加。

落合キャプテンの講話を30分してから実技を開始。

カンボジアの子供たちは集中力が続かなく難しい場面もありましたが、実技になると楽しそうにやっていました。

カンボジアのサッカーレベルはまだまだだと思いますが、グチャグチャなグランドを裸足で走りまわる姿にはたくましさを感じました。

途中、スコールもありましたが彼らには全く関係ありませんでした。

午後は、6チームをハートフルのコーチ陣が相手となり10分を10試合しました。

コーチ陣相手なので、果敢に向かってくるものの、なかにはボールを取られたり、抜かれてしまったら終わり…、という場面がありもう少し頑張ってくれたらなとも思いました。

DAY3

前日同様、6時に朝食をとり8時から地雷と不発弾の種類、仕組み、解除の仕方や経験談を聞きました。

どのお話も初めてで、とても貴重な時間でした。

印象に残ってるのは、「損得勘定ではなく、人類が埋めた地雷などを後世に残すわけにはいかない、今やれる人がやる。でも辞めることもできる。ただ、平和構築を世界に発信するのは戦後処理を現場で永遠とやることによって、一度引き金を引いたら、こんな大変なことを後世に100年、200年と残していきますけど、それでもやりますか。という思いでやっている。」とIMCCD高山さんはおっしゃっていました。


落合キャプテン

「色んな人と会って話しをした中で、そういうことなのかと思ったことが一つある。それはどういうことかというと、彼らは大変な戦争が終わって、今自由ってこういうものなのかなということをルールなしで満喫してしまっているんじゃないか、はたから見るとちょっといい加減だなという部分があるかもしれないが、それは許してもらえたらなという話をちょっとされたことがあって、ああそういうことなのか、じゃあこれからこの平和はずっと続くのだから、我々はルールみたいなものは一生懸命提供していかなければならないのではないかとの思いの中で、今日まできています。ですから、これからどうなっていくのかなというのがどこに行ってもそうですが、興味があります。」


宮沢コーチ

「不発弾・地雷の爆破の見学をしました。カンボジアのことを少し学んでここに入ったのですが、実際爆破の見学はショックを受けるものでした。それを終えて今日子供たちとやる時は気持ちを切り替えて、いつも通り自分たちが伝えたいと思っていることを伝えたつもりです。ただ、カンボジアの子がどのくらい考えてくれたり心に残ってくれるかなというのは未知数ですけれども、今回も思いやりというキーワードをたくさん話しながらサッカー教室もしました。自分たちとの対決もあって、いつもと違う雰囲気を僕たちも味わえて、この経験をまた日本に帰ってスクールで子供たちに話したりすることで、もっとより良い遠征になったということが言えるようにしたいと思っています。お疲れ様でした。」


伊藤コーチ

「今回カンボジアに来させてもらいましたが、久しぶりにとてもローカルな国に来させてもらって、とても楽しい思いができました。初めて不発弾、地雷を爆破しているところを見せてもらって、その時の風圧だったり音だったり、改めて平和というものを感じさせてもらう機会にもなりましたし、サッカーもすごく一生懸命やっていて、とてもこれから未来に発展する余地がたくさんある国なのではないかなと感じました。僕たちもドロドロになるまでサッカーを一緒に楽しみ、サッカーの上手な子もいましたし、ポテンシャルはとても持っていると思うので、規律だったり日本人の思いやりみたいなものをこれから学んで、発展していってくれたら嬉しいなと思います。逆に今日本では、ドロドロのグラウンドでサッカーをやることがなくなっていますが、そういうのも日本人にとっては大事なのかなと感じたので、環境がよくなっていることに甘えず、日本のみんなも頑張って欲しいなと感じました。ありがとうございました。」


永井コーチ

「今回カンボジアに初めて来て、カンボジアの子供たちのたくさんの笑顔が見れて嬉しかったです。サッカーに取り組む姿勢もすごく真剣で、中には自分勝手にやる子もいるのですが、それをしっかり一生懸命やること、しっかり話を聞くことを伝えるとやるようになるし、その変化も見れて嬉しかったです。子どもたちと試合をやった時も、コーチが相手でも絶対勝ちたいという気持ちも見れましたし、その姿が見れてとても嬉しかったです。カンボジアで経験したことを日本に戻ったら、日本の子供たちにこういう子がいたよとかこういう文化だったよというのを伝えていって、この経験を今後も活かしていきたいと思います。ありがとうございます。」


西川コーチ

「カンボジアで子供たちとサッカーをして、子供たちの元気さ無邪気さにはすごく元気づけられた部分がありました。こういう環境の中で新しくグラウンドを作ってくれて、僕たちが来たタイミングでサッカーを楽しんでくれたというのは、僕自身非常にいい経験となり、色んな力をもらって、楽しい部分もあったし、みんなで頑張るということを子供たちに大人たちに伝えられた部分があったと思います。これからもこのカンボジア地雷除去大変なこともあると思いますが、みんなで負けずに頑張って欲しいと思います。この二日間楽しかったです。」


盛田コーチ

「地雷除去施設で地雷爆破、何度か映像で見たことがあったのですが、本当に心臓に圧力がかかるようなすごい衝撃がありました。すごいなと、ああいうのは身をもって体験しないとわからないことだったので、すごく経験できて良かったです。今日一日かけてカンボジアの地元の子供たちとサッカーをやったのですが、みんな本当に一生懸命やる、そこはもう間違いない。頑張ってやってくれるのですが、汚く削りにいくという子は全くいなかったんですが、こんちきしょうと思って、俺にぶつかられてこんちきしょうと思ってぶつかり返してくる子もいなかったので、その辺はもう少し貪欲になってくれたらいいかなというのは感じました。あとは戦術的なことだとか、こうした方がもっと良くなるんじゃないかなと思うことはいっぱいあったのですが、それはここの子たちが色んなものを見て、勉強して、また上手になってくれればいいかなと思います。」


IMCCD高山さん

「浦和レッズのみなさん、本当にありがとうございました。心から感謝をしております。皆さんに教えられたこと、これはこのスポーツを通じてこのカンボジアの子供たちのこれからの成長をずっと続けていきなさいというメッセージだと思います。今回だけで終わらないで、このサッカーを今日の子供たちに継続的にやろうと思っております。できたら、できたらまたここへ来て成長を見てもらいたいと思います。本当にありがとうございました。」

 

DAY4

タイでの活動はバンコクにある、KING’S COLLEGEで行いました。この学校は全寮制男子校であり、ラーマ5世が設立した大変由緒正しく歴史ある学校です。

大きな講堂で落合キャプテンによる講話をしました。

中には肘をつきながら聞いている子もいましたが、一方でメモを取りながら聞いている子もいました。

実技は伊藤コーチと盛田コーチがリーダーとなりスタートしました。

埼玉でやっていることと同様にプログラムをこなし、最後はコーチ陣との試合をし終了いたしました。

プログラム中、はじめは伝わらない場面もありましたが、子供たちの中でリーダーシップを取る子がでてきたりとプログラムが進むにつれて纏まりました。最後の人数ゲームでは一生懸命プレーしたり応援したりして活気づいていました。

永井コーチ

今日タイのサッカーチームの試合を担当したのですが、3チームで10分ずつ、3試合やりました。その中で、最初のチームはどうしたらいいかわからなくて、なかなかボールを取りに来なかったり、一生懸命やることができてなかったのですが、落合さんが途中で話をして、一生懸命ボールを取りに行く、最後まで諦めないことを伝えてくれたら、子供たちが変わったのがすぐわかったし、もっともっと最後の話の中でもそれを伝えたら、またコーチたちと勝負したいと言っていて、その為に何をしたらいいと聞いたら、一生懸命練習をするということを言っていたので、僕らの伝えていることが伝わったのだということがわかりました。サポートで入った時も子供たちから人数ゲームで応援をしたり、やっていて変化が見れたので、笑顔も見れてすごく嬉しかったです。この経験を日本でも伝えていきたいと思います。


伊藤コーチ

僕はタイに来るのは6年振りで、まず街並みが更に都会化していて、とても驚かされました。子どもたちも昔と変わらず素直で、一生懸命やってくれる子が多かったですが、ちょっと話を聞いたり、集まるのが早くやれる習慣がないので、そういうところを身に着けていったらもっともっと国としてもサッカーも伸びるのかなという印象を受けました。でもサッカーを一生懸命やってくれたし、とてもみんなサッカーが好きなので、楽しんでくれて、僕らも最後試合をやりましたが、いい試合になったし、とても楽しく終えられたので、良かったのではないかなと思います。ありがとうございました。


盛田コーチ

タイの子供たち、小学生のスクールを終えて、全寮制で男子だけでもっと逞しいのかなとイメージしていたのですが、物腰の柔らかな子たちが多くて、それもまた面白いなというのがあった。その中、サッカー部というのがあったので、もっとできるかなと思ったが、そこまでできていなかったので、期待していたことを思えば物足りなさも感じた。強く強調したのは思いやりのところをうまく伝えていこうかなと思って、○○とかやりました。上手く伝わったのではないかと思いますが、あとはあの子たち次第なのですが…。ゲームでも応援がすごくて、キムチとわさびもわかってくれて、応援もよかったので、その部分は僕らにとってやりやすかったし、元気な子たちだなと感じました。最後はやっつけて終われたので、僕らも気持ちよく帰れます。ありがとうございました。


西川コーチ

タイの学校でハートフルサッカーをやって、子供たち非常に元気で、サッカーが好きなことが伝わって、非常に良かったと思います。キムチもわさびも言葉の意味を分かっているのか分かっていないのか分からなかったのですが、チームの為に試合に出ている人たちを応援するだったり、手つなぎ鬼でも協力して手を離さずにどうしたらいいかというのを考えながらやっていたりしたので、その点は協力という部分で非常によかったと思うし、落合さんの話を聞いて、おもいやりという部分非常に子供たちには色々を感じた部分があったのではないかなと思います。話をしっかり聞かない子も数人いたりして、落合さんに怒られたりもしていましたが、その中でみんなが考えてサッカーが上手くなるために、あとは人とのつながり、その点でどうやって思いやりを持って行動するかというのをサッカーを通して今日の子供たちは理解してくれたんじゃないかなと思います。なかなか文化的にそういうところが浸透しきっていないところもあるし、そこをこのハートフルサッカーで伝えられて変わっていければ、僕たちの活動がうまくいっている証拠にもなるし、そういうので世界の人とつながっていけるというのは素晴らしいことだと思うので、非常に有意義な時間でした。ありがとうございました。


2018年度後期ハートフルスクール2次募集当選発表(ハートフルスクール)


「2018年度 後期 ハートフルスクール二次募集」にたくさんのお申込みをいただき、ありがとうございました。

 

申し込み時に発行した受付番号(4ケタ)で発表させていただきます。

重複して応募された方は最後に申し込まれた受付番号でご案内させていただきます。

また、第2希望での当選の場合もございますのでご確認ください。

webで申し込みされた方は、メールにて今後の流れをご案内させていただいておりますのでご確認ください。

メールでも当選案内をご連絡しておりますが、当サイト内に当選番号がありメールが届いていない場合は

 

heart-full.school@urawa-reds.co.jp宛に

 

当選した会場、学年、お名前をご記入のうえ送信願います。

はがきで申し込みされた方は、返信ハガキで送らせて頂いておりますのでご確認ください。


与野八王子スクール

1年生

2004 2016 2026 

3年生

2012 2027


浦和駒場火曜日スクール

2年生

2001 2020


レッズランドスクール

年長児

2015 2023

1年生

2002 2008 2028

2年生

2005 2009 2017

3年生

2003 2010 2025


浦和駒場金曜日スクール

1年生

2018 2029


くまがやドームスクール

1年生

2007

3年生

2013 2019

5年生

2022

くまがやドームスクール

2次募集終了時点でも鴻巣校同様、

17:15-18:30 で2学年合同開催を予定しております。

最終の決定は申し込み時に登録いただいたメール宛に9月上旬にお送りいたします。


<浦和レッズハートフルスクール当選後のお知らせ>

・参加意思の連絡を2018年8月20日(月)までにお願いします。

※当選された上での最終確認となります。

・参加費の振り込みを2018年8月24日(金)までにお願いします。

※振り込み期限を過ぎますと当選は無効となります。

 

・開校式までに予定の変更等がある場合はこちらの掲示板でご案内させていただきます。

 

【振込時の注意点】

振込名 :「スクール名・学年・スクール参加者氏名」にて

【例】埼玉スタジアムスクール(SS)・3年生・浦和太郎なら

⇒「SS3ウラワタロウ」 *年長児は学年を「0」としてください。

振込先(2018年度より変更になりました)

埼玉縣信用金庫 浦和支店

普通 2284831

ウラワレツドダイヤモンズ(カ

 

与野八王子   → YH

浦和駒場火曜  → UKT

レッズランド  → RL

浦和駒場金曜  → UKF

くまがや    → KD

 

※ご注意

保護者の方の通帳やカードからのお振込みは、お子様の名前がわかりません。

お手数をおかけいたしますが、必ず現金でのお振込みをお願いいたします。

・振込手数料はご負担下さい。・参加費の返金は致しません。

 

【ユニフォームについて】

・参加費の中にユニフォーム代一式は含まれております。

・サイズの変更がある場合は、2018年8月24日(金)までにheart-full.school@urawa-reds.co.jp宛に

 会場、学年、お名前をご記入のうえ変更したいサイズをご記入のうえ送信願います。

 

以前参加された方は既にお持ちかもしれませんが、ユニフォームのみキャンセルや過去のユニフォームは着用できませんので予めご了承ください。

 

【開校日について】

各校の開校日及び2回目の予定は以下の通りです。

開校日に各スクールのスケジュールを配布いたします。

 

埼玉スタジアム校  開校日10月22日  2回目10月29日

与野八王子校    開校日10月15日  2回目10月22日

浦和駒場火曜校   開校日10月16日  2回目11月 6日

レッズランド校    開校日10月25日  2回目11月 1日

浦和駒場金曜校   開校日10月12日  2回目10月19日

くまがやドーム校  開校式10月26日  2回目11月 2日

 

【各スクール共通】

※持ち物

(1)サッカーボール

3または4号球など、どんなサッカーボールでもかまいません。

(2)運動ができる靴

成長期のお子さんのことを考慮し、スパイクよりも人工芝用トレーニングシューズをお勧めします。

(3)スクール専用ウェアセット

開校時にお渡ししているスクールウェアセットをご着用ください。

パートナーやデザインなどが変更になっておりますので以前のスクールに参加されたことがある方でも、必ず今年度のウェアでご参加ください。

(4)水分補給のための飲物

天然芝・人工芝の保護など施設の管理上、グラウンド内に持ち込む水筒の中身は『水』でお願いいたします。糖分の入っている液体がピッチにこぼれると、そこからカビが生えたり虫がわいたりして結果的に芝を傷めることとなります。

グラウンドの外(どの会場もフェンスの外、くまがやドームは観客席)で飲む場合には、お茶やスポーツドリンクなどでもかまいません。

(5)バッグ・リュックサックなど

スクールでは不定期に配布物があります。それらの配布物をすぐに収納できるように、また忘れ物の防止のためにも、必ずバッグまたはリュックサックなどをお子さんにお持たせください。

自分の荷物を自分で管理することも大切な習慣です。すべてを保護者が管理せずに、お子さんが自分で管理できるように見守ってください。

雨天時の用意として大きめのポリ袋などをご用意されると便利です。

(6)帽子・着替えなど

汗を拭くためのタオルや着替えは必ずご持参ください。また陽射しの強い日には帽子を着用しても構いません。

寒い季節には、ネックウォーマーや手袋などの着用も構いません。

 

☆スポーツめがねについて

危険防止のためにメガネで視力矯正をされておられる方にはゴーグル型のスポーツメガネの着用でのご参加をお願いしております。

接触プレーの際に、自分も相手も危険から身を守ることを目的としておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。