「赤と橙のサッカー教室」

いよいよ明日は「さいたまシティカップダービー」が開催されます。

従来、さいたまシティカップは海外の強豪チームを招聘して行う国際親善試合で2003年オランダの強豪フェイエノールトを招聘してスタートし、インテルミラノ、FCバルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・ユナイテッドの世界屈指の強豪チームと埼玉スタジアムを沸かせてきました。昨夏も実施する予定でしたが、対戦相手と調整がつかず、今年はさいたま市の要望で大宮とのダービーマッチが組まれました。

2011シーズン開幕前に行われるダービー戦は新監督を迎えて新シーズンに望む大事な一戦となります。

その試合を控えた前日19日(土)には、大宮と浦和の合同サッカー教室が行われました。

今回のさいたまシティカップは地元還元の意味合いが強く、試合にも840組(1680名)のさいたま在住の小学生親子が招待されており、試合当日のハイタッチキッズ、フラッグベアラー、エスコートキッズなど多くの地元小学生に参加してもらい大会を盛り上げる企画がなされています。

その一つに「サッカー教室」があります。

レッズファン、アルディージャファンの小学生50人づつ100名を抽選で選び、当日は暖かな天気の元11時に集合しました。

赤いTシャツとオレンジのTシャツを着た1年生から6年生の子供たちが12時からの開会式で元気に挨拶を行い、4つのグループにわかれ、それぞれコーチのもとで楽しそうにサッカーをしていました。

子供たちも赤とオレンジのTシャツを着、コーチも大宮のコーチと浦和のハートフルコーチが一緒のグラウンドで楽しくボールを追いかける姿は、とてもよかったです。

今日は呉越同舟、赤もオレンジも無く楽しい時間が過ぎましたが、明日はガチンコの絶対負けられない試合が始まります。

[2011.2.19.HT:K]


「花の展示会」

2月11日(金)~13日(日)まで池袋サンシャイン文化会館2F展示ホールにて「第60回花の展示会」が開催された。

日本最大規模の伝統ある花の展示会である。

なぜここにREDSのブースが?

今回は埼玉県が幹事であり、埼玉を象徴するものの一つとして「浦和レッズ」のコーナーを設けてくれました。

レッズの紹介や最新のユニフォーム、レディアと共に、「レッズローズ」のパネルを作成し飾ってもらいました。

花の展示会ですから。

本当は本物の鉢を飾りたかったのですが、いろいろ交渉したのですが、やはりさすがにこの時期には花は咲いていないので、パネルでの紹介となりました。

11日は12時からのOPENだったのですが、オープンに先立ち午前中に埼玉県知事が高円宮妃殿下と承子女王殿下のお二人をご案内されたそうです。

いろいろなコーナーや品評会、展示がある中でも、唯一立ち止まって時間をかけて見ていただいたのが「浦和レッズ」のコーナーだったそうです。

さすがサッカー好きというより「レッズローズ」に興味を持っていただいたようです。

5月に花が咲いたらお持ちしようかな、と思いました。

私も午後から見学に行きましたが、外は雪の降る悪天候ながら多くの人が全国から来て大盛況な催しに驚きました。

レッズローズも早く真っ赤な花を咲かせてもらい、今年はREDSも大輪の花を咲かせたいものですね。

[2011.2.14.HT:K]


2011年おめでとうございます

みなさん、新年おめでとうございます。

昨年はチームも不本意な成績に終わり、クラブとして新体制に取り組んでおり、今年こそ強いレッズであり、「目指すものはJリーグ優勝」を口に出して今年1年をやっていきたいと思っています。

さて、元旦は、当然国立競技場に行っていました。レッズレディースの全日本女子選手権大会決勝戦です。普段は絶対にありえない無人の青山通りを通って国立に向かうと、スタジアム周辺は清水のオレンジ軍団が大勢列を作っており、そこをすり抜けながら(本当はこれがレッズの赤でないのが悔しい)青山門に着くと大勢のレッズサポーターが入場を待っていました。

試合は前半やや押され気味ながら後半同点に追いつき、これでいけると思ったのですが、PK戦で惜しくも優勝を逃してしまいました。

天皇杯決勝の前座といえども、女子も決勝であるので少なくとも延長戦をしてからPK戦を行うべきだとつくづく思いました。いくら時間の関係があるといえど・・・

女子の決勝は別の日に実施してもいいのではないかと今度提案してみようかな・・

仕事始めから早々に1月9日(日)は埼玉県が主催をしている「夢の架け橋事業レッズサッカー教室」が行われました。

これは埼玉県内の小学生を対象に、浦和レッズハートフルクラブのフルコーチと選手2名を交え、埼玉スタジアムのメインピッチでクリニックが行われます。

400名近い応募の中から抽選で選ばれた100名が晴天のスタジアムのメインピッチに立ちました。レッズからは加藤順大選手と高橋峻希選手の2名がオフにもかかわらず出席してくれて、子供たちと楽しい時間を共有しました。

16日にペトロヴィッチ新監督が来日し、我々クラブスタッフともミーティングを行い、その中でホームタウン活動として、選手による学校サポート、障害者施設訪問などの定期的実施のお願いをしたところ、オランダを含めヨーロッパでは福祉、ホームタウン活動は当たり前で、養護施設、病院など積極的に協力をしてくれることを約束してくれました。

チームは20日から始動しましたが、監督、コーチ、選手とスタッフは恒例の調神社にお参りに行き、今年1年の目標を祈願いたしました。そこで神主さんから「今年は兎年、レッズも大きくジャンプしてほしい」と言われました。

今年もレッズとして、フロントはもちろん、選手、OBとも街に出て、さいたま浦和の街を盛り上げると供に、皆の熱い思いである「優勝」目指して一体感のあるURAWAならではのパワーを出していければと思っています。

これからもよろしくお願いします。

[2011.1.21.HT:K]