ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

18.09.30


第28節 vs柏「先制許すも3-2で逆転勝利」

  •  

30日、浦和レッズは埼玉スタジアムで、明治安田生命J1リーグ 第28節、柏レイソル戦に臨んだ。

レッズは先制を許すも3-2で逆転勝利し、ACL圏内に近づく勝ち点3をつかみ取った。

降格圏内に沈む柏レイソルをホームに迎えた一戦。右肩のケガにより長期離脱していたアンドリュー ナバウトが、第12節 川崎フロンターレ戦以来16試合ぶりにベンチに名を連ねた。スターティングメンバーは前節のヴィッセル神戸戦と同じ。青木・長澤・柏木が3ボランチ気味にポジションを取り、神戸戦でゴールを決めた武藤と興梠が2トップを組んだ。

レッズは全体がいい距離感を保ち、短いパス交換を繰り返しながらコンビネーションを高め、攻撃の糸口を探っていく。武藤はDFラインの背後を狙う動きからバイタルエリアに侵入し、決定機を生み出していった。

しかし、主導権を握ってゲームを進めていくも、人数を掛けてブロックを敷く柏の守備を崩し切れず、35分には先制点を許してしまう。中盤でボールをロストすると、瀬川の抜け出しから数的不利を作り出され、最後はオルンガに押し込まれた。

先制を許したレッズだったが、その後も崩れることなく丁寧にゲームを進めていく。すると38分、興梠との連係で抜け出した武藤がゴール前に走り込んできた中央の長澤に鋭いパスを供給すると、ボールは相手DFに当たって長澤の前にこぼれ、長澤はこれを落ち着いて右足で蹴り込み同点に追いついた。

さらに前半終了間際の41分、興梠が前線からのプレッシングで相手のパスに足を当てると、ボールは武藤に渡り、再び興梠が前線のスペースでボールを受ける。興梠は落ち着いてGKの頭上を越えるループシュートを決めて、逆転に成功した。

迎えた後半、試合途中から降り出した雨は激しさを増していた。レッズは前半同様に主導権を握ったまま試合を優位に進めていく。オルンガの個人技から決定機を作られる場面もあったが、西川を中心にゴールを割らせない。

しかし、60分にはクリスティアーノのアーリークロスを瀬川に頭で合わせられ、同点に追いつかれてしまう。

追加点が欲しいレッズは興梠がクロスバーに阻まれるシュートを放つなど、再三ゴールに襲い掛かる。岩波の攻撃参加や、青木のミドルシュートなど、レッズは人数を掛けて積極的的にゴールに迫っていく。

73分、橋岡に代わって李がピッチに送り出されると、79分には長澤と阿部が交代した。

81分、待ちわびたその瞬間が訪れる。右サイドでボールをキープした李から左サイドに展開されると、宇賀神のクロスを武藤が折り返し、興梠が丁寧にインサイドボレーで合わせて、勝ち越しゴールを決めた。

その後、レッズは攻守においてバランスを保ちながらゲームを進め、最後まで集中力を切らすことなく試合を締めくくった。この勝利により、今季2度目のリーグ3連勝を飾った。

次戦は10月7日(日)13時5分からユアテックスタジアム仙台で行われる、明治安田生命J1リーグ 第29節 ベガルタ仙台戦となる。

【興梠慎三】
「相手は真ん中を固めて、特に(柏木)陽介が持ったときには自分は裏に抜け出そうと思っているんですけど、向こうもそれを研究していて結構引いていたので、なかなか裏でもらうチャンスはなかったです。その分少し落ちて組み立てに入ろうかと思っていました。そうすれば2列目の選手が飛び出すシーンなどをうまく作れると思いましたけど、前半に関しては少しうまくいきませんでした。

試合全体を通して、納得できる試合ではなかったですけど、そういう中でも勝ちきることは、今までなかったと思います。オリヴェイラ監督になってから、その辺が強くなってきているのではないかと思います。

ゴールは、チームがあってのゴールだと思っています。1点目は前からプレスをかけて、そこでうまくボールを奪えて、相手GKを見て冷静に打てたと思います。3点目の場面も、いい組み立てから最後に自分のところにきたので、チームで取った点だと思いますし、それが自分が決めたゴールということで、チームに貢献できたのは非常にうれしかったです」

(難しいピッチコンディションでの試合だったが、どういうことを考えてプレーしていたか?)
「逆に、ピッチが濡れている方がパスのボールも走るし、個人的にはすごくやりやすいです。あとは、ボールタッチで長くなってしまう場面が多かったので、そういうところはしっかりとボールを収める必要があると思いますし、ゲームを通してミスはかなり多かったですけど、ゴールを決めてチームに貢献できたことはうれしく思います」

(オーバーヘッドキックでの惜しいシュートがあり、そのあとに切り替えてゴールを決めたが、そこの心境は?)
「ヘディングでゴールを狙う選択肢もあったかもしれないですけど、個人的にはあそこでヘディングはちょっとできないなと思ったので、胸トラップしてオーバーヘッドでも決めようかと思って狙いました。胸トラップが少しうまくいかなかったのもありますし、少し無理がききませんでした。あと3歳くらい若ければ、たぶんズドンとシュートを打てたと思いますけど、年を取ったので(笑)」

(ラスト6試合となり、ここから順位が決まる、というところに入ってきたが?)
「3位になる可能性はおおいにあると思いますし、そこに入ればACLに出場するチャンスもあります。そこを目指していかないといけないですし、上位との対戦もまだたくさんあるので、そこを勝つことが非常に大切だと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

第28節 vs柏「先制許すも3-2で逆転勝利」 第28節 vs柏「先制許すも3-2で逆転勝利」 第28節 vs柏「先制許すも3-2で逆転勝利」 第28節 vs柏「先制許すも3-2で逆転勝利」

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!