ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

18.12.05


オズワルド オリヴェイラ監督 鹿島アントラーズ戦試合後会見

  •  

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準決勝 鹿島アントラーズ戦後のコメント

「みなさん、こんばんは。

非常に難しい試合でした。鹿島はすばらしいチームです。私は、同時進行で、リーグ、ACL、天皇杯をしっかりと戦ってきた(大岩)剛監督を称えました。そして、メンバーを入れ替えながら戦いましたが、どちらもあまりにもいいプレーをするので、ACLのチームのほうがいいのか、Jリーグを戦っているチームのほうがいいのか分からなくなるほどでした。そのようなチームに対して、勝利を収め、決勝に進むことができましたので、非常に価値のある勝利だと思います。

ただ、今日のピッチコンディションが、あまりにもイレギュラーでボールが引っかかったり、ボールの方向が変わったりしていました。そして、後半、鹿島が押し込んでボールをつなごうとしたのですが、そこで芝が妨げとなって、あまりボールがつながらず、鹿島のプレーの妨げになってしまったと思います。ですから、鹿島がチャンスを作ったのはハイボール、もしくはFKやCKからでした。

しかし、日本のビッグクラブ同士の対戦にふさわしい緊張感のある試合だったと思います。どちらが勝ってもおかしくない試合でした。前半のうちに、鹿島は明らかな決定機を3回作っていました。ただ、レッズのほうが決定機をモノにすることができ、得点を決めることができましたし、レッズの選手を称えたいと思います。レッズの選手は最後まで押し込んでくる鹿島に対して、しっかりと戦って持ちこたえることができました」

[質疑応答]
(現時点で、負傷した3選手の決勝への影響は?)
「武藤と興梠は、アレックス(コンディショニングコーディネーター)と決勝まで過ごすように伝えました。アレックスは足首の専門スタッフです。必要であれば、ホテルを取ってアレックスと宿泊させ、夜通しでも治療させて回復をさせたいと思います。

自分たちの目標に向かって、フォーカスして集中していかないといけない、と選手たちには話しています。決勝戦が終われば、全員オフです。そこまではやらないといけないですし、すべてのことをやりきることが必要だと思います。この回復に関しても同じことです。そして、武藤、興梠を決勝までに回復させたいのですが、回復できなかった場合でも、柴戸や李、阿部がFC東京戦でも非常にいいプレーをしました。得点も決めてくれましたし、本日の試合でも、負傷した選手の変わりに、この3人が出場しましたが、FC東京戦の得点以上に価値のある、非常に難しいタスクを彼らはこなしてくれると思います」

(鹿島アントラーズは11人が変わっても結果を残せるサッカーをしているが、そのバックボーンは何だと思うか?)
「本日の鹿島のピッチにの中には、私が指導した選手が6人いて、ピッチ外にも6人いました。ACLを取ることができた競争力のある剛監督が率いるこのチームは、ACLを戦いながらJ1でも、北海道コンサドーレ札幌戦や柏レイソル戦のように勝利をしっかりと収めています。その人たちに関われたことが、私にとっても非常に誇らしいことです。

また、ACLとリーグを見て、どちらがリーグなのか分からない戦いを見せました。私たちは4年間ACLで戦いましたが、結果を残すことはできませんでした。そして、今回はジーコさんと剛監督が、ACLで優勝を収めました。その栄光を称えたいと思います。前回2位になったクラブワールドカップ(CWC)に再度挑戦します。それはスタッフも含めたクラブ全員の努力の成果。私は、CWC中は鹿島を応援しています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

オズワルド オリヴェイラ監督 鹿島アントラーズ戦試合後会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!