MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 FC東京戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第33節 FC東京戦 試合後のコメント

「アウェイで、この緊張感のある舞台で勝ち点1を取れました。勝ち点3で終われればよかったですけど、客観的に順位的なものを見たら、この1で我々の状況は少しでも積み上がっているところがあるので、終わった感想としては、ゼロでなくてよかった、1を取れてよかったけど3の方がよかったという心境ですけれども、どちらにしても非常に難しいゲームでした」

[質疑応答]
(今日はメンバーをAFCチャンピオンズリーグの決勝第2戦から少し変えたが、その意図と、マルティノス選手を筆頭に、その選手たちの評価は?)
「少しではなくだいぶ変えたつもりですけれども、今シーズン、僕がやってから積みあげてきたもの、たとえばマルティノスでしたら彼はもともとウイングのプレーヤーで、今やっているところにポジションを見つけるのが難しいタイプの選手でした。でも彼は、夏の天皇杯の水戸ホーリーホック戦の後くらいから非常に努力して、あのぐらいのパフォーマンスをトレーニングから見せてきてくれていました。ACL(AFCチャンピオンズリーグ)ではレギュレーションの関係で登録できていなかったんですけど、彼は試合に出たいという気持ちを常に持っていて、特にACLの後のこの試合にかける思いは人一倍でした。

トレーニングでやった形のリスタートで、山中がああいうシュートを打って、あそこにマルティノスがいてああいうゴールを決めるというところは、そういったことが報われたのではないかと思います。非常に良かったと思います。

その他の選手に関しても、途中で足をつってしまってコンディションのところがまだ90分もたないようなところはありますけど、森脇にしても柏木にしても、チームのためにという姿勢、あとはこういうやり方でやりましょうというところを非常に表現してくれたので、非常にありがたかったです。

今まで出ていた、ACLの決勝に出ていた選手が悪いから変えたわけでもないですし、出ていなかった選手が悪いわけでもありません。ACLだったら強度を出さないと技術的なものを発揮できないようなシチュエーションなので、そういったところでメンバーを選んでいるつもりですけど、今日に関しては、非常に良かったと思います。もう1点取れれば最高でしたけど」

(前半と後半で全く内容が違うような試合になったが、ハーフタイムにはどのような修正をして、選手はどのように変わったのか?)
「僕らだけの問題ではなく、相手の問題もあります。基本的に、向こうの前線のチェイスとかプレスのところ、15分、20分くらいの間にコーナーキックやフリーキックをたくさん取られたりしましたけど、あそこのところで前半の形で、ボールを受けられる場所が少し見えたので、そこを使うと少し落ち着くのではないか、という話をしたのが一つです。

もう一つは、向こうは前半からあの飛ばし方だったので、あれは続かないですよね。あの強度が後半まで続いたらとんでもないことだと思うので、そこのところで落ち着く時間というのは試合前にも言っていたので、そこで落ち着いてくれたのが良かったのではないでしょうか」

(他会場の結果を踏まえて、最終節は10点差以上で負けなければ16位にはならないというところまできたが、残留争いを通して感じたことは?)
「他会場の数字はまだはっきりと把握していなかったので、この後確認します。残留争いをしてきた中で言うと、一つ大きな大会を目指して先週までやってきた流れがあって、その試合が週末にあったりすると、その前のJリーグが金曜日にあったりする中で、そこをコントロールしながらやったりすると、継続して、安定してとか、勝ち点の差があればまた全然違ったと思うんですけど、そういうところが表現しきれなかった部分があって、勝ち点のないところで苦しいところが実際にありました。ただ、そこに対しても、今日見せてくれたように、選手たちはトレーニングでそれに向き合って、きちんと何かをやってくれるところがあったので、そこは僕にとってはありがたいというか、こういうシーズン終盤になってくるとなかなかチームに対して向けなくなるようなこともあるかと思うんです。ただ、そういった個人のことよりも、チームのことだったり、ファン・サポーターのみなさんのイメージを持ちながらトレーニングに常に取り組んでくれる選手たち、そういうのを見ることができて、僕自身は非常に感謝しています。ありがたいと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ