MENU

クラブインフォメーション

24日清水エスパルス戦前の出来事に関するご報告(第2報)

24日の試合前に発生しました浦和レッズサポーターによる警備員への暴行容疑と、清水エスパルスの選手バスに対する危険な行為につきまして、改めて清水エスパルス様をはじめとする関係者並びにファン・サポーターの皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

チームや選手に危害を及ぼす行為は、断じてあってはならないことです。また、暴力行為は、「ルールに基づいた闘い」を掲げて、浦和レッズが取り組んできた『SPORTS FOR PEACE!プロジェクト』で示している「重点禁止6項目」に違反しているものです。
これらの行為は、浦和レッズを心から愛し、応援していただいているファン・サポーターの皆様の気持ちを踏みにじるもので、クラブとしても非常に残念であり、許し難いものです。

まず、清水チームバスへ危害を及ぼした件について、現在も引き続き事実確認中ではありますが、当日バスに同乗していた人への聴取から既に判明している実行者については、事実確認をした上で、今後一切の試合会場への入場を禁止といたします。

次に、警備員への暴行容疑に関しては、捜査の途上でありますが、「重点禁止6項目」に違反することが判明した場合、事実確認をした上で、厳正な対応をとっていきます。なお、事実確認のための調査期間中には、試合会場への入場を控えてもらいます。

今後はファン・サポーターの皆様の協力をいただきながら『SPORTS FOR PEACE!』活動を強力に推し進めていきますが、活動内容の見直しや他の手段についても検討し、具体策を策定しご報告させていただきます。


浦和レッドダイヤモンズ
代表 橋本光夫

⇒24日清水エスパルス戦における出来事に関するお詫びとご報告(第1報)はこちら

⇒『SPORTS FOR PEACE!プロジェクト』で示している「重点禁止6項目」についてはこちら

24日清水エスパルス戦前の出来事に関するご報告(第2報)

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ