MENU

トップチームトピックス

vs柏 プレビュー「新体制での再スタート、是が非でも白星を」

明治安田生命J1リーグ第10節、柏レイソル戦は4月25日(水)19時3分より、三協フロンテア柏スタジアムでキックオフされる。

レッズは4月4日のYBCルヴァンカップ・サンフレッチェ広島戦から指揮を執った大槻毅前監督が、リーグ前節の北海道コンサドーレ札幌戦を最後に退任。公式戦4勝2分の無敗というめざましい成果を残し、新監督に就任したブラジル人指導者のオズワルド オリヴェイラ氏へ非常に良い流れでバトンタッチした。

柏戦はオリヴェイラ新監督にとっての“初陣"。新体制となったチームや選手たちにとっては心機一転の再スタートとして、是が非でも白星を勝ち取りたい重要な一戦だ。

札幌戦からわずか中3日で迎える柏戦に向け、オリヴェイラ監督は22日のトレーニングから指揮を執り始めた。オリヴェイラ監督と言えば、過去に4-4-2のフォーメーションをほとんど変えることなく戦った印象が強いが、今回はシーズン途中からの指揮ということで、戦術に柔軟性を持たせる意向を示している。22日の就任会見では「選手個々の能力や特徴を最大限に生かしたい」と明言。「まずは3バックの形を継続させていきたい」とシステムについても言及した。

また、大槻前監督はヘッドコーチとしてトップチームに残ることも合わせて発表された。選手の特徴や現状を最もよく知る大槻ヘッドコーチの存在は、オリヴェイラ新体制となるチーム全体をしっかりと機能させるであろうと期待が膨らむ。

今節の相手である柏はこのところ調子が下降したままになっている。柏は1月30日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフのムアントン ユナイテッド(タイ)戦から公式戦をスタート。リーグ序盤は他チームを試合勘で上回っていたことで勝ち点を稼いでいたが、今月4日にACL敗退が決まった後は、主力選手に疲労の色が濃くなった。

とはいえ攻撃の中心であるクリスティアーノ、伊東純也や、大宮アルディージャから加入した江坂任は要注意だ。また、右足付け根の負傷でリーグ3試合を欠場していたGK中村航輔は前節から復帰した。レッズは昨年のアウェイでの対戦で、中村に何度もビッグセーブをされて敗戦を喫しているだけに、今回は何本もシュートを打ち込み、複数得点で勝利したいところだ。

Jリーグは現在、3月最終週から始まった15連戦のちょうど折り返しのタイミングとなっている。疲労は厳しいが、レッズの戦士たちは今こそ総力を結集して難局を乗り越えようと必死だ。FW武藤雄樹は言う。「この連戦を乗り切るためには、本当に全員の力が必要です。柏戦に誰が出るのかはまだ分からないですが、出た選手がしっかりと結果を残しながら、この連戦を乗り切りたい」

レッズは大槻前監督時代にリーグとカップの6試合でフィールドプレーヤー全員が一度はピッチに立っており、誰が出てもコンディション面の問題はない。オリヴェイラ新監督の下、ピッチからスタンドまでがすべて一丸となり、勝利を掴み取ろう。

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

■対 柏レイソル データ
【戦績】
・J1リーグ通算 21勝7分14敗 87得点、63失点
(アウェイ 10勝2分9敗 46得点、37失点)
・リーグカップ通算 1勝4敗 3得点、8失点
(アウェイ 2敗 1得点、4失点)

【トピック】
・過去3年の戦績は3勝1分2敗。
・昨シーズンのリーグは柏が2勝。
・この対戦でのチーム内最多得点者は6得点の柏木陽介。現在籍選手では2番目に得点しているのが4得点の阿部勇樹。

vs柏 プレビュー「新体制での再スタート、是が非でも白星を」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ