ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

19.09.18


ACL 準々決勝 第2戦 vs 上海上港「上海上港の猛攻退け準決勝進出」

  •  

17日、浦和レッズは埼玉スタジアムで、AFCチャンピオンズリーグ2019 ノックアウトステージ 準々決勝 第2戦 上海上港戦に臨んだ。

興梠慎三のゴールで先制したレッズは、後半に追いつかれるも、アウェイゴール数で上回り、準決勝進出をつかみ取った。

第1戦をアウェイで2-2とし、勝利はもちろん、1-1、0-0でもベスト4進出が決まる試合。警告の累積でマウリシオを出場停止で欠く中、大槻 毅監督はGKに西川周作、DFライン右から岩波拓也、鈴木大輔、槙野智章、両ワイドに橋岡大樹(右)と関根貴大(左)、セントラルにエヴェルトンと青木拓矢を配し、2シャドーに長澤和輝とファブリシオ、ワントップに興梠慎三という布陣で試合をスタートさせた。

試合は立ち上がりから激しい球際での攻防が繰り返された。レッズはコンパクトな守備陣形を保ちながら、複数人で挟み込む守備で相手に決定機を与えず、落ち着いた対応を見せた。
上海上港は、オスカルを起点とし、マルコ アルナウトビッチにボールを集め、低い位置からも積極的にクロスを中に放り込んでくるが、鈴木や槙野を中心に、身を呈して相手の自由を奪って行った。

時間の経過と共に、やや中盤にスペースが生まれ、レッズは長短のパスを使い分けながら自分たちのリズムを作り出し、流れが完全にレッズに傾いた35分、左サイドを細かいパスで崩し、大きく右に展開。ボールを受けた橋岡は素早く中にクロスを送り、走り込んだ長澤がダイレクトでシュートを放つ。これは惜しくも相手GKのファインセーブに阻まれるも、大きな決定機を作り出した。

すると39分、待望の先制点がレッズに訪れる。関根が左サイドの敵陣中央から縦にドリブルを仕掛け、切り返して右足でクロスを供給。そのボールに反応したのはエース興梠慎三。相手の前にうまく入り込み、頭で合わせて先制点を突き刺してみせた。

大きなアドバンテージを握って迎えた後半、レッズは前半同様に攻撃の手を緩めず、果敢にゴールに迫って行く。DFラインを高く保ってセカンドボールを回収し、スペースを効果的に使ったスピーディーな展開で相手を敵陣に押し込んで行く。

試合を優位に進めるレッズだったが、60分、カウンターから最後はクロスをワン シェンチャオに押し込まれて同点とされてしまう。

しかし、その後も主導権を握って攻め続け、興梠は相手DFラインの背後を狙い続けて、チャンスを演出してく。ファブリシオは強烈な右足で何度もゴールに襲いかかった。

78分、大槻監督はエヴェルトンに代えて柴戸 海をピッチに送り出すと、83分には関根に代えて阿部勇樹を投入。

終盤、上海上港のパワープレーにやや押し込まれるも、交代も含めてうまく時間を使いながら、落ち着いてゲームを進めて行った。

アディショナルタイムは3分。レッズの選手たちは最後まで身体を張って相手の攻撃をはじき返し、1-1のまま試合終了。ベスト4進出をつかみ取った。

次戦は9月25日(水)19時から埼玉スタジアムで行われる、天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦) Honda FC戦となる。

【興梠慎三】
(試合を振り返って)
「アウェイで2-2ということで、いいアドバンテージのままホームゲームを迎えたので、1-1、0-0、それでも次のラウンドに進めるということで、ちょっとやりづらい、守り切れば勝てるというそういう心理状態の中で、非常に難しい試合だったんですけど、選手全員が今日は勝ちに行こう、前から行こうということで、いいところでパスカットもできたと思いますし、1点も先に取れました。後半の失点で非常にゲームが難しくなりましたけど、あそこはやっぱりゼロで抑えきる力をつけないといけないかなと思います」

(今シーズンのACLで7得点目となり、自身の最多得点となったが、好調の要因は?)
「自分自身が調子いいというわけではないんですけど、チームメートがつないでつないで、最後のところで僕のところに来るということなので、本当にチームメートに感謝したいと思いますし、しっかりそういうチャンスを決めきれていることが、この得点につながっているんじゃないかと思います」

(得点王まであと2得点に迫っているが?)
「自分がそういう得点王とかになれば、チームも勝てると思いますので、チームのために得点できればいいと思います」

(準決勝、そして優勝に向けての意気込みを)
「次の目の前の対戦相手も勝たないと決勝まで行けないですし、やっぱり2年前に優勝したときの喜びというのは忘れられないものですし、何回やってもやっぱり喜びというのはすごくうれしいものなので、優勝できるように、一つひとつ戦っていきたいと思います」

【阿部勇樹】
「毎回やるときに、ここでそういったプレーを出して、今日みたいに守るときはみんなで体を張って守って走るという部分は見せていたんじゃないかと思います。それをACL(AFCチャンピオンズリーグ)だけでなく、この後の天皇杯、リーグにつなげていく、もちろんACLもありますけど、どの試合でも1試合1試合、そういったものを見せられるようにしていかなければいけないチームだと思います。

もちろん勝って次のステージに進めればよかったと思いますけど、ドローでも次のステージに進めたということを考えて、前向きにやっていけると思いますし、このままの雰囲気で、この一体感を続けてやっていければと思います」

(今日はそのきっかけになる?)
「そうしなければいけないと思います。大会が別なので難しいとは思いますけど、そうやっていかなければいけません」

(今は試合にずっと絡んでいるわけではないが?)
「この間は退場してしまったので。でも、あの試合もうまく1-1で終わらせられましたし、他の試合も含めて、そこでどれだけ耐えきれるのかというところがもちろん大事だと思います。それは一人ひとりだけじゃなくチームとしてやらなければいけないことだと思います。攻撃陣も守備でチャレンジがあるわけだし、でも仲間のカバーがあるからチャレンジできるわけだから、それずに攻撃でも守備でもチャレンジして、穴があったらカバーする、そのシンプルなことをやっていきたいと思います。今日も誰かがミスしたとしてもみんなでカバーして守った部分があると思います」

(阿部選手は長い間このチームにいて、いろいろなグループを通して見てきて、ACLも獲って、今は残留争いに巻き込まれるかもしれないというチームに何をもたらしたいか?)
「どんな内容、どんな試合でも結果がすべてですから、どんなに悪かろうが1点取った後は勝ちたいし、その勝ちに対するところは、言い方は悪いですけど、どんな手を使ってでも勝つ、じゃないですけど、そういうものをもっと出していかないといけないと思います。サッカーは簡単に勝てるものではないのはみんなが感じていると思うので、一つひとつのところで妥協せずやっていければと思う中で、今日の試合を今後につながるようにしていければいいと思います。

今日の試合も、カウンターでチャンスを狙いつつ、守るところは守るというところを見せられた部分はあると思うので、それを多くやることが大事だと思います。あの1失点はしょうがないですし、先ほども言ったようにカバーと、楽しむことは忘れずにやっていかなければいけないと思います。

ここ最近はルヴァンカップの2戦目とか、すごく気持ちの部分は見せられてきているので、そういうのをちょっとずつ増やして、1試合の中でも多く出して、毎試合やれるようにしていければいいと思います。もちろんその中で求められるのは結果、というのを忘れずにいきたいと思います」

(今だから、ファン・サポーターに望むことというのは?)
「ホームでもアウェイでも、なかなか笑顔で帰らせてあげることができていないという気持ちはもちろんあります。その中でも、こうやって毎試合毎試合、精いっぱい応援してくれて、今日も熱く戦っているな、というのを感じ取っているので、少しでもみんなが笑顔で帰れるように。負けたときはお互いにしかめっ面しているから、勝ったときはみんな笑顔で一周する。今日は次のステージに進むことが目的ですから、次のステージに進んだという喜びは、一緒に分かち合えればいいかなと思います。でも、今日は終わりですから。この熱さを次につなげないといけないですね」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ACL 準々決勝 第2戦 vs 上海上港「上海上港の猛攻退け準決勝進出」 ACL 準々決勝 第2戦 vs 上海上港「上海上港の猛攻退け準決勝進出」 ACL 準々決勝 第2戦 vs 上海上港「上海上港の猛攻退け準決勝進出」 ACL 準々決勝 第2戦 vs 上海上港「上海上港の猛攻退け準決勝進出」

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • SPORTS FOR PEACE!
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!