ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

13.11.02


0-1で惜敗、準優勝に終わる

  •  

2日、浦和レッズは国立競技場で柏レイソルとのヤマザキナビスコカップ決勝戦を戦った。レッズは前半終了間際に失点すると、後半は怒涛の勢いで攻め込んだがゴールが遠く0-1で敗戦し、準優勝という結果に終わった。
先週末のリーグ戦から興梠と森脇が戻ったレッズは、GKに山岸、DFを森脇、那須、槙野が務め、阿部と啓太がダブルボランチを組んだ。宇賀神と平川が左右のアウトサイドに入り、柏木と原口の2シャドー、興梠が1トップを務めた。
柏は大谷と橋本を出場停止で欠いたほか、先週末のゲームから鈴木、山中、キム チャンスがメンバーから外れスタメンに谷口、藤田、ジョルジ ワグネルが入ったほか、レアンドロ ドミンゲスも負傷から復帰してきた。
スタンドの8割近くを埋めたレッズのファン・サポーターによる『威風堂々』と波のように揺れるフラッグの中を選手が入場し、ゴール裏ではレッズのエンブレムがカップを掴みとるコレオグラフィーが掲げられた。松崎しげる氏による国歌斉唱で否が応でも決戦ムードが高められると、試合はレッズボールで13時10分にキックオフされた。
立ち上がりから決勝戦らしく、両チームがタイトな守備を見せるゲーム展開となった。ともにスキあらば高い位置から襲い掛かるといった様相の守備を見せる中、なかなか落ち着いてボールを保持する時間が生まれない。その中でもレッズは、平川のアーリークロスに興梠が合わせた場面や、原口が鋭いドリブル突破で谷口に倒されたシーンなど、いくつかのチャンスを作っていく。
左サイドのコンビネーションや前線での縦の動きで相手を揺さぶって崩しにかかるレッズだったが、敵陣でのタイトな守備に合い決定機を生み出すには至らない。このまま前半終了かと思われた45+2分、相手右サイドから藤田が速いアーリークロスを入れると、ファーサイドで工藤に頭で合わせられて失点。1点ビハインドで前半を折り返した。
ミシャ監督に「もっと試合を楽しもう」と後半のピッチに送り出されたレッズの選手たちは、躍動感のある攻撃を仕掛けていく。柏木がやや下がった位置でボールを受けながら全体をコントロールし始めると、全体にボールがスムーズに回り始めた。59分には、前線に飛び出した柏木に啓太からのスルーパスが通ったが、右足でのシュートは相手GKにセーブされた。
69分に平川に代えて関口を入れると、直後にレッズは決定機を迎える。左サイドからドリブルを仕掛けた原口が2人の相手DFの間に右アウトサイドでパスを通すと、後方から一気に阿部が走り込んでスライディングをしながら右足で合わせた。しかし、シュートは枠を外れてしまった。
74分に訪れたカウンターのピンチでは那須が工藤のシュートをブロックするなど、後方も集中を切らさない。77分には啓太に代えてマルシオ リシャルデスを投入し、柏木をボランチに下げる攻撃的布陣にシフトした。
後半途中から降りだした雨の中、『Pride of URAWA』の大声援を受けて攻撃を続ける選手たちだったが、1点が遠い展開が続く。90分、ゴール前のこぼれ球を興梠が押し込み、歓喜が爆発。ついに同点ゴールかと思われたが、オフサイドの判定でゴールは認められなかった。
那須も前線へ駆け上がり、最後の1秒まで諦めずに攻撃を続けたレッズだったが、最後まで柏ゴールを割ることができずに、0-1の敗戦となった。
試合後、キャプテンの阿部を先頭に準優勝チームとして表彰を受けた。タイトルを目前に敗れた悔しさは残るが、リーグ優勝へ向けての戦いは続く。レッズの次戦は11月10日(日)、宮城スタジアムで19時キックオフのJリーグ第31節・ベガルタ仙台戦となる。

【阿部勇樹】
難しい試合になるのは分かっていましたが、前半の終わりの終わりというところで点を決められてしまい、その1点が決勝点になってしまいました。悔しいです。後半はチャンスがあった中で決め切れずに追いつくことができませんでした。1点でも取れたらより勢いに乗れたと思いますが、そこで決め切れなかったことで相手に勇気を与えて集中力を続けさせてしまいました。残念ですが、これもサッカーですし、続けていくだけです。
後半のチャンスで決められていれば1-1でしたが、自分で浮かしてしまいました。決められなかったですし、そこで決めれば同点でした。追いつけなかったのは自分の責任だと思いますし、ああいう場面を決める決めないでチームの勢いに違いもあります。しっかりと決めないといけなかったので、みんなには申し訳ないです。
(準優勝という結果は悔しいと思うが?)準優勝という響きはいいですが、ただ2位というだけです。チームの名を残していくためには優勝というものが大事だと思いますし、そこで残せなかったことは非常に残念に思います。
(リーグでは優勝を争っているが?)今日みたいな緊張感のある試合があと4試合続きます。今日負けてこの気持ちが切れてはいけないですし、この悔しい気持ちをリーグにしっかりとぶつけて残り4試合、今日かなえることができなかったことをできれば良いと思います。すぐに受け入れて仙台戦にというのは難しいですが、現に0-1で負けてタイトルを取れませんでした。悔しい気持ちをしっかりと受け止めて、試合は待ってくれないですし、しっかりと仙台戦へ向けてチーム一丸となってやっていくことが大事です。また上に行くために、ここで崩れてはダメです。悔しかった。ただ、それだけです。この悔しさを忘れずに残りの4試合頑張りたいです。

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

0-1で惜敗、準優勝に終わる 0-1で惜敗、準優勝に終わる 0-1で惜敗、準優勝に終わる

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!