ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

14.11.29


阿部のPKで先制も、終了間際の失点で痛いドロー

  •  

29日、浦和レッズはベストアメニティスタジアムにてサガン鳥栖とのゲームを戦った。第33節にこのアウェイゲームが組まれるのは3年連続となった。この日はレッズが勝利した上で、2位ガンバ大阪の結果次第でリーグ優勝を決められるゲーム。多くのファン・サポーターが駆けつけ、ウォーミングアップの段階からゴール裏スタンドのみならずメインスタンドやバックスタンドからも大きな声援が送られた。

ゲームは14時4分に鳥栖ボールでキックオフ。試合開始からレッズはボールを保持しながら攻撃的にゲームに入る。立ち上がりの4分に宇賀神が放ったシュートは惜しくもクロスバーを直撃。引き気味にブロックを作って構える鳥栖に対し、レッズはサイドチェンジを織り交ぜながら攻撃していった。34分にはクリアボールを相手と競り合ってマイボールにした李が長い距離をドリブルで運び、最後は相手GKと1対1になる決定機を迎えたが、シュートは枠を外れた。

前半終了が近づくにつれてゲームはやや鳥栖ペースとなり、FW豊田をターゲットにしたロングボールやアーリークロスでレッズゴールを脅かした。レッズは3バックを中心とした守備陣が粘り強く対応して弾き返し、混戦の中から放たれた菊地のシュートもGK西川がキャッチして得点を許さず。0-0のまま前半を終えた。

勝利のために得点が欲しいレッズは、後半立ち上がりの47分に右サイドを突破した森脇のクロスのこぼれ球を、ゴール前でフリーになった李が狙う大きなチャンスを迎えたが、シュートはバーの上へ。その後は、立て続けにサガン鳥栖にセットプレーを与える苦しい時間帯となった。ここを全員で集中してしのぎ切ると、ミシャ監督は梅崎と平川に代えてマルシオ リシャルデスと関根をピッチへ送り込んだ。

67分、この交代で右サイドにポジションを移した宇賀神が裏へ出したボールへ李が抜け出すと、相手GKと1対1になったところでDF菊地に倒されてPKの判定。69分に阿部がこのPKをゴール左へ落ち着いて決め、レッズは欲しかった先制点を手に入れた。また、菊地はこのプレーで退場処分になり10人になった鳥栖に対してレッズは数的優位を得た。

レッズはボールを保持してゲームをコントロールしながら時計を進めていく。83分には宇賀神に代えて永田を入れ、終盤のパワープレーを想定して最終ラインの高さを増した。交代によってMF谷口を前線へ入れ、ロングボールを送り込む鳥栖のパワープレーにGK西川を含めたレッズの最終ラインは耐えていく。しかし、90+4分、コーナーキックから相手DF小林にヘディングシュートを決められ、1-1の同点に追いつかれた。勝ち越しゴールを目指すレッズだったが、試合は引き分けで終了した。

レッズは勝ち点を62に伸ばしたが、ガンバ大阪が勝利したため得失点差で2位となった。次節はいよいよ2014Jリーグの最終節。12日6日(土)の名古屋グランパス戦は、ホーム・埼玉スタジアムで15時30分にキックオフされる。

【阿部勇樹】
「ここで試合をやるときはいつも難しい試合になっていましたし、簡単ではないと思っていました。0-0で行けばチャンスがあると思っていて、1点先にとって相手も退場しましたが、次の1点を取って止めを刺せば最後の1点もなかったと思います。そこが追いつかれたことの原因だと思います。

もちろん、結果的に勝てなくて勝ち点3を取れなかったのは残念ですが、来週にはホームで名古屋戦があります。そこで勝たないと何も始まらないです。首位の結果次第ですが、サッカーに絶対はないと思っていますし、そのためにも僕らはしっかりと勝たなくてはいけません。もちろん今日の引き分けは痛いですが、最後まで何があるか分からないですから、最後に名古屋に勝つとしか言いようがありません」

(PKの場面はかなりのプレッシャーだったのでは?)
「プレッシャーはありましたが、あまり鳥栖のサポーターを見ずにレッズのサポーターを見ていたら少し落ち着きました。鳥栖まで大勢の方に足を運んでいただいて、今日は決まるかどうかわからなかった中、勝って喜んで帰ってもらいたいと思っていましたが、それは叶いませんでした。結果は変わらないです。先週も、しっかりと切り替えてこの試合に臨めたと思いますから、また切り替えて名古屋戦に向かいたいです。今シーズンの最後の試合ですし、しっかりと終われるようにしたいです」

(相手の戦い方への対応については?)
「前半から長いボールを蹴って来ていたので、セカンドボールをしっかりと拾えたらというイメージはありました。最後のコーナーキックの前まではしっかりと競ってくれていたのでセカンドボールも狙いやすかったです。その中でカウンターでのチャンスもあったので、そこで決めなくてはいけない試合でした」

(終わった後にサポーターから大きな浦和レッズコールもあったが?)
「本当だったら勝って声を掛けてくれるのが、僕らにもみなさんにも一番だと思うんですが、そういった中でも前向きに声を掛けていただけるというのは、まだまだ下を向いている場合じゃないです。一緒に戦って今があるのが今年だと思うので、最後まで下を向かずに一緒に戦っていきたいです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

阿部のPKで先制も、終了間際の失点で痛いドロー 阿部のPKで先制も、終了間際の失点で痛いドロー 阿部のPKで先制も、終了間際の失点で痛いドロー

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • SPORTS FOR PEACE!
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!