ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

13.11.11


終了間際に追いつかれ、引き分ける

  •  

10日、浦和レッズは敵地・宮城スタジアムでJリーグ第31節ベガルタ仙台戦に臨んだ。両チームが点を取り合う展開の中、レッズは3-2でリードした後半の終了間際に同点ゴールを許し、3-3の引き分けとなった。
昼間のゲームで前節終了時点の首位・横浜F・マリノスが敗れたため、レッズは勝てば首位浮上という中での戦いになった。啓太が警告累積により出場停止となったこの試合、柏木がボランチ、梅崎が2シャドーの一角に入った。試合は夜になって気温が下がり冷え込みが厳しくなった中、19時5分に仙台ボールでキックオフされた。
開始直後に興梠のポストプレーから原口がミドルシュートを放ち、勢いよくゲームに入ったレッズだったが、直後の2分に先制点を奪われる。相手左サイド低い位置からのクロスを赤嶺に頭で落とされると、ウイルソンが右足の強烈なボレーシュートを放つ。槙野に当たったボールは山岸が触れたものの、ゴールへ転がり込んで先制される。
レッズは失点後、慌てることなく持ち前の攻撃力を発揮していった。最終ラインの阿部やボランチの柏木から入るボールを、前線の3人が相手ディフェンスと中盤の間で受けてリズムを作ると、6分には那須のフィードを原口が受け、興梠、宇賀神と流れるようにパスが回り、宇賀神のクロスを受けた梅崎が右足を振り抜いて同点ゴール。リーグでは7月31日の第18節・ジュビロ磐田戦以来となるスタメン起用に見事に応えた。
その後も、中央だけでなく大きなサイドチェンジとサイドでの1対1の仕掛けを交えて得点チャンスを量産する。10分には左サイドを突破した槙野のクロスに興梠が合わせるなど攻撃の手を緩めない。31分には左サイドへのサイドチェンジを受けた宇賀神のクロスで得たコーナーキックを柏木が蹴ると、こぼれ球をファーサイドで興梠が左足で押し込んで逆転に成功。2-1、レッズの1点リードで前半を折り返した。
後半立ち上がり、中央やや左寄りから梁が蹴ったフリーキックを赤嶺に頭で合わせられ、レッズはセットプレーから同点ゴールを許してしまった。
その後も仙台に攻め込まれるが、山岸や那須の体を張った守備で守ると攻勢に出る。59分、右サイドのコーナー付近で梅崎がボールをキープし、クロスをあげると、ニアサイドで興梠がうまく相手DFの前に出てボールを受け、反転して左足のシュート。頼れるエースがレッズに勝ち越しゴールをもたらした。
直後に平川に代えて古巣対決となる関口を投入。その関口はしっかりとサイドの守備に貢献しながらも、69分に梅崎にピタリとクロスを合わせるなど存在感を見せていく。1点を追う仙台の反撃を受け始め、77分に原口から山田暢に代えてボランチへ。柏木を2列目に上げた布陣に変更した。
86分に山岸が佐々木のミドルシュートをギリギリで弾き出すなど、同点ゴールを狙う仙台の圧力を受けると、梅崎に代えて坪井を投入。バックラインの人数を増やして1点を守りに掛かる。しかし90+2分、相手左サイドでのフリーキックからシュートを許すと、こぼれ球を石川に押し込まれて同点に追いつかれてしまい、試合はこのままタイムアップ。勝ち点3を目前にした引き分けに、ピッチに倒れ込む選手も見られた。
リーグ戦も残り3試合。次戦は約2週間あいて11月23日(土・祝)、ホーム・埼玉スタジアムで14時キックオフで行われる第32節、川崎フロンターレ戦となる。

【梅崎 司】
「(同点ゴールと3点目のアシストについて振り返ると?)ゴールは、良いボールが来て、自分の中でも落ちついてシュートまで持っていけました。失点後、早く同点にできて良かったです。3点目のアシストは、半分以上、慎三の個人技でしたが、慎三の動きがよく見えていたと思います。気持ちの入った試合でしたし、ゲームをしていても雰囲気は悪くなかったと思います。やはり、失点の時間が3失点とも一番取られてはいけない時間帯でした。残念です」

(勝ち点1では納得できない試合だったと思うが?)
「もちろんですね。広島やマリノスの結果は知っていましたし、首位に立つチャンスがあるというのは皆が理解しての戦いだったので、こういう場面で勝負強さというのが試されると思います。そこに向かってみんなで一つになって戦った結果が引き分けだったので、悔しいし悲しいです。
最後のところの集中力だと思うし、自分も4点目を取るチャンスがあったので、あそこで決めておけば間違いなくゲームは決まっていたと思います。そういうところ、個々がもっともっと意識して改善していかないといけないです。
残り3試合ですが、一人一人の最後の個人の役割を発揮できればと思います。3連勝するしかない。そうすれば見えてくるのかなと思います」

(久々の先発で自分の役割は果たせたのでは?)
「ここ4ヵ月くらい、ケガをしてから一度もスタメンで出られていなかったので、その間はすごく悔しかったですし、でもこの日のために準備をしてきたので、割と落ち着いて試合に入れたと思います。ミスも多かったですが、ゴール前での仕掛けやゴールにからんでいくことはできたと思います。
自信を持って残り3試合を戦っていければと思います。ナビスコカップの柏戦では負けてしまいましたが、後半はチャンスを作れていました。僕らは自分たちのスタイルを続けていくだけですね。個人的にはナビスコカップでピッチに立てなかったことがすごく悔しかったので、今日はそれをぶつけたいと思っていました。
勝てた試合なので、すぐに切り替えは難しいとは思いますが、自信を持って自分たちのスタイルを貫いていくだけです。他のチームもそうですが、うちも今日は啓太さんが出られなかった中、僕のように出た選手がしっかりやることが重要です。残り3試合、もっと結果にこだわってやっていきたいです」

(お子さんが生まれてから初めて出た試合でゴールだったが?)
「めっちゃ可愛いですし、天使です。天使にはゴールもそうですが、勝利を捧げたかったです。個人的には久々だったけど良い感触だったので、続けていきます」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

終了間際に追いつかれ、引き分ける 終了間際に追いつかれ、引き分ける 終了間際に追いつかれ、引き分ける

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • SPORTS FOR PEACE!
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!