ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

19.06.01


第14節 vs 川崎「終了間際の魂の一撃で大槻体制初陣をドローで締める」

  •  

6月1日、浦和レッズは等々力陸上競技場で、明治安田生命J1リーグ 第14節 川崎フロンターレ戦に臨んだ。

大槻体制の初陣、レッズは試合終了間際に森脇良太がゴールをこじ開け、連敗脱出となる貴重な勝ち点1を掴み取った。

大槻監督は、就任から3日間のトレーニングを全て非公開として今節に臨んだ。選手起用やシステムに多くの憶測が飛んだが、レッズでの公式戦初出場となる岩武克弥を先発させるなど、小さくない変更を加えた。GKに西川周作、DFライン右から岩波拓也、マウリシオ、槙野智章、両ワイドに岩武(右)と宇賀神友弥(左)を配し、セントラルミッドフィルダーには青木拓矢と柴戸 海、2シャドーに武藤雄樹とマルティノスが位置し、ワントップに興梠慎三という布陣で試合をスタートさせた。リザーブには杉本健勇や山中亮輔らが名を連ねた。

立ち上がり、レッズは一気に攻勢に出る。前半2分には宇賀神のシュート性のクロスがゴールを割ったかと思われたが、判定は興梠のオフサイド。マルティノスは攻守に渡り長い距離を走り推進力をもたらすと、ショートカウンターでペナルティーエリア外からシュートを放つなど、積極的に攻撃を仕掛けていった。

10分以降、川崎がポゼッションを高めて前への圧力を強めてくる。レッズは連動した守備でパスコースを限定させ、レアンドロ ダミアンや小林 悠に入る縦パスに対してはマウリシオ、槙野、岩波の3人が激しく身体を寄せて攻撃の芽を摘んでいった。中央の密集地帯をコンビネーションで崩されて外から危険なクロスを供給されるシーンもあったが、集中した守備で失点を防いでいった。

20分以降は自陣で多くの時間を過ごすが、虎視眈々とカウンターを狙っていく。相手の寄せが早く、ボールを奪ってもなかなか前に運べずにいたが、柴戸や青木は冷静さ失わず、狭いエリアも細かいパス交換で相手のプレスを剥がし、攻撃の糸口を探っていた。

31分には興梠がボールを収めてアタッキングサードに侵入すると、右サイドの岩武が溜めを作り後方の武藤に落とし、武藤のややアーリー気味のクロスにマルティノスが頭で合わせる。惜しくもボールはゴール右に逸れるが、得点を予感させる大きな決定機となった。

前半終了間際にも危険な時間帯が訪れるが、高い集中力を維持したまま紙一重で攻撃を跳ね返し、前半を0-0で折り返した。

迎えた後半、レッズは前半同様に守備から入り、カウンターを仕掛けていく。しかし54分、レッズの右サイドからペナルティーエリアに侵入されると、登里のクロスをレアンドロ ダミアンに詰められて先制を許してしまう。

大槻監督は直後の55分、マルティノスに代えて荻原拓也をピッチに送り出すと、58分には岩武に代えて森脇良太を投入した。

その後も猛攻を仕掛けてくる川崎に対し、奪ったボールを大事にしたいレッズだが、選手間の距離が遠く迫力あるカウンターにつなげられなかった。青木や柴戸を経由してビルドアップしていくが、帰陣した川崎の守備を攻略できずにシュートまで到達できない時間が続いた。

69分、ピッチに倒れこんだ興梠がプレー続行不可となり担架で運び出されると、杉本健勇が代わってワントップの位置に入る。

アドバンテージを握った川崎は後方でボールをつなぎながら自分たちのペースでゲームをコントロールしていく。レッズは相手の術中に嵌ることなく、まずはしっかりとした守備ブロックを維持して2失点目を防ぎながら、武藤や荻原を前線に走らせてラインを押し上げ、2次攻撃につなげていく。

アディショナルタイムの90+5分。ドラマは待っていた。武藤のCKは一度ははじき出されるも、宇賀神がペナルティーエリア外からシュート。ボールは力なくゴールに向かうも、ゴール前まで上がっていた西川が足で触り、ボールは森脇の前に転がる。森脇はすかさず右足を振り抜き、シュートは相手DFに当たりながらゴールに吸い込まれていった。

直後に試合終了のホイッスルが鳴り響き、レッズは大槻体制初陣をドラマチックな引き分けに持ち込み、連敗を脱出した。

次戦は6月15日(土)19時から埼玉スタジアムで行われる、明治安田生命J1リーグ 第15節 サガン鳥栖戦となる。

【宇賀神友弥】
(荻原選手との連係面で意識したことは?)
「あいつはまだまだ若いですし、自分がピッチに入ったときに特長であるドリブルやクロス、シュートという部分をとにかく全面に押し出すところが彼の良いところだと思います。そこだけになってしまうことは良いところであり悪いところでもあると思うので、試合が終わった後も話しましたが、今日のようなうまい相手に対してもう少し守備ができたんじゃないか?と思えたことが収穫だと思います。僕がイエローカードをもらったシーンもあいつの軽率な守備から僕が責任を取らされたので、尻拭いしてやったんだからここでしっかり学べよということは話しました」

(原口元気選手や高木俊幸選手を育ててきたときと同じように思うが?)
「そうですね。オギ(荻原)だけじゃなくてマルちゃん(マルティノス)ともコミュニケーションを取って、今日はお前があれだけ喋ってくれたから俺はあれだけできたよと言ってもらえたので、自分にはその能力があると思うし、それをやりながらゴールにはならなかったですが、思い切りシュートを打ったりだとか、そういったシーンをもっと増やしていければと思います。監督が替わって、山中選手とのポジション争いも激しくなると思うので、ピッチに出たときに良いプレーをした方が試合に出られると思うので、しっかりとアピールしていかなければいけないですし、大槻さんから試合が終わった後に『お前たちこれで満足か?もちろん最後に追いつけたことはすばらしかったけど、これで満足するやつは一人もいないし、これが最低限のベースだよ』という話をされたので、ここから中断期間を挟みますけど、しっかり休んで右肩上がりでチームとしても個人としてもやっていきたいです」

(宇賀神選手が起用された意味、そしてこの試合の意味をどのように捉えているか?)
「マルティノス選手との縦関係になって、槙野とやるのも慣れ親しんだパートナーでもあるので、そこの守備の連係は非常に良かったと思いますし、そこのタスクを渡されて今日の試合に出たと思います。監督が求めることはできたのかなと思います。家長選手のところに厳しくいくこと、車屋選手のところに厳しくいくこと、そこのスイッチを入れるところはできたと思いますし、今シーズンなかなか試合に出られず、監督が替わったタイミングで信頼して起用してくれたという思いも込めてプレーしました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

第14節 vs 川崎「終了間際の魂の一撃で大槻体制初陣をドローで締める」 第14節 vs 川崎「終了間際の魂の一撃で大槻体制初陣をドローで締める」 第14節 vs 川崎「終了間際の魂の一撃で大槻体制初陣をドローで締める」 第14節 vs 川崎「終了間際の魂の一撃で大槻体制初陣をドローで締める」

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • SPORTS FOR PEACE!
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!