MENU

トップチームトピックス

第13節 vs 広島「ゴール奪えず0-4で敗戦」

26日、浦和レッズは埼玉スタジアムで、明治安田生命J1リーグ 第13節 サンフレッチェ広島戦に臨んだ。

気温30度を超える猛暑の中で行われた一戦。レッズは前半に2失点、後半にも2失点で0-4で敗戦を喫した。

オリヴェイラ監督は大勝した北京国安戦の流れを継承し、GKに西川周作、DFライン右から鈴木大輔、マウリシオ、槙野智章、両ワイドに森脇良太(右)と山中亮輔(左)を配し、セントラルミッドフィルダーにエヴェルトン、青木拓矢、長澤和輝、2トップに武藤雄樹と興梠慎三を並べて試合をスタートさせた。

リーグ5連敗中の広島に対して、リーグ3連敗中の嫌な流れを払拭したいレッズは、コンパクトな陣形を保ちながらテンポ良くボールをつないで相手のプレスをいなし、圧力を強めて相手陣地でのプレー時間を延ばしていく。

4分には興梠とのコンビネーションでペナルティーエリアに侵入した山中のクロスに武藤がニアで合わせるもゴールポストに嫌われてしまう。いい流れの中で先制点を決めたいレッズだったが、6分にはレッズの右サイドからペナルティーエリアに侵入され、鈴木の頭に当たってゴールポストに弾かれたボールを森島 司に詰められて先制点を許した。

その後もボールを保持してゲームを進めるレッズだったが、カウンターから危険なシーンを作られてしまう。攻守のバランスが難しい試合展開の中で、マウリシオは積極的に攻撃に加わり狭いエリアに楔のボールを供給していくが僅かに合わない。

25分にはCKからドウグラス ヴィエイラに叩き込まれて0-2。

前半の終盤はやや相手に押し込まれながらも集中した守備からカウンターにつなげていくが、相手の帰陣が早く効果的な攻撃の形を生み出せなかった。DFラインからのビルドアップで相手のペナルティーエリア手前までボールを運んでも、攻撃のスイッチを入れるボールが通らずにシュートまでいけず、前半を0-2で折り返した。

迎えた後半、オリヴェイラ監督は森脇に代えて宇賀神を頭から起用する。宇賀神は立ち上がりから激しいプレスを仕掛け、チームに闘争心をもたらそうとしていた。

54分、オリヴェイラ監督は長澤に代えてファブリシオをピッチに送り、ファブリシオはワントップに入り、武藤と興梠がシャドーの位置にポジションを取った。

早い時間帯に1点を返したいレッズだったが、63分、ハイネルに背後を取られてペナルティーエリア内からシュートを打たれると一度は西川が好セーブを見せるも、こぼれ球を再びハイネルに押し込まれてスコアを0-3とされてしまう。

レッズはサイドを起点に攻撃を組み立てていくが、クロスが合わずフィニッシュまで至らない。ファブリシオはペナルティーエリア外からシュートを放つもゴールネットを揺らすことはできなかった。

77分、オリヴェイラ監督は興梠に代えて汰木康也を投入して前への圧力を強めるも、80分には渡 大生に追加点を許し0-4。

DFの選手も攻撃に参加しながら、最後まで一矢報いるゴールを目指したレッズだったが、ゴールは遠く無得点に終わり、リーグ4連敗となる痛い敗戦を喫した。

次戦は6月1日(土)19時3分から等々力陸上競技場で行われる、明治安田生命J1リーグ 第14節 川崎フロンターレ戦となる。

【西川周作】
「うまく引いた裏というのを、(川辺)駿もそうですし、ドウグラス選手もそうだし、うまく狙われてしまったなと思います。2列目から出てくる選手に対してもこちらはうまくつけなかったですし、少し戸惑いが見られた前半だったかなと思います。GKとしてできるのは、一つひとつのところで修正して、自分のプレーで変えていきたかったという思いがやっぱりあったので、前半は最低でも0ー1で折り返さなければいけなかったと思います」

(オリヴェイラ監督が、「1点目の時点でレッズの選手が自信を失い、相手は自信を持ってやれたんじゃないか」と話していたが、後ろから見ていて、そういう精神的な動きをフィールドプレーヤーに感じたか?)
「少し、この暑さもあったり、やられ方も相手の特長、長所でやられてしまったことに関して、フィールドプレーヤーの姿勢というのは、プラスなものというよりはネガティブになりかけていた部分は、GKとしては感じました。そこを自分たちでどう切り替えてやっていくか、声を出して、しゃべれる選手がしゃべって、外国籍選手も含めて全員で同じ方向を向いてやらなければいけないと思います」

(あれだけレッズがポゼッションをしている中で、後ろから見て攻撃のバランスはどのように感じていたか?)
「相手は中をしっかりと固めてきていた中で、中、中で狙いすぎた部分もありましたし、そこからうまく守備がはまってカウンターというのにやられてしまっていた部分があったので、もう少し落ち着きながら、幅をとってテンポを変えるなりしてやれればなと感じました。全員の意識だと思いましたし、リスクマネジメントのところをとにかく後ろで声をかけてはいたので、できたこともありましたけど、できなかったことの方が今日は多かったんじゃないかと思います」

(0-2になると、どうしても負けている側が攻めてカウンターが飛んできて、とならざるを得ないと思うが、後半入る前に声をかけたところは?)
「球際ですね。寄せるにしても寄せきれていない、ただ立っている、というところはみんなも感じていましたし、そこはみんなで話し合いながら、一つの寄せというところの質を出していこうというところは、みんなで声をかけながら円陣を組んで入りました。宇賀神選手が入ったことで、彼が球際を強く行ってスイッチを入れてくれたと思いますし、そういう姿勢というのを後半からだけではなく、前半から見せなければいけなかったかなと思います」

(結果を見るとホームで勝てず、13節を終わって敗戦の方が多くなっていて、次は川崎フロンターレ戦があって中断期間と、次のゲームはいろいろな意味で懸かるものがある試合になったのでは?)
「今シーズンに関しては本当に、ホームで勝てていないというところではふがいない気持ちと、見に来てくれる方がこういう試合を望んでいるわけではないですし、自分たちがとにかく戦う姿勢を出した後の結果というのを楽しみにしていると思います。そこはアウェイでも一緒です。上を目指すにあたって、もうこれ以上負けられない状況でもありますし、自分たちを信じて、監督を信じて、戦いたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

第13節 vs 広島「ゴール奪えず0-4で敗戦」 第13節 vs 広島「ゴール奪えず0-4で敗戦」 第13節 vs 広島「ゴール奪えず0-4で敗戦」 第13節 vs 広島「ゴール奪えず0-4で敗戦」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ