MENU

トップチームトピックス

来季加入の伊藤涼太郎選手が作陽高校で加入内定記者会見を実施

5日、岡山県作陽高校で、来シーズンの浦和レッズへの加入が内定している同校サッカー部・伊藤涼太郎選手の加入内定記者会見が開かれ、伊藤選手は「小さいころの夢が叶ってうれしいです。1年目から試合に出るつもりです」と、憧れだった世界に挑戦できる喜びと意気込みを語った。



記者会見には、作陽高校から伊藤選手、松野英雄校長、サッカー部の野村雅之監督、そして浦和レッズからは宮崎義正スカウト担当部長と強化部でスカウト担当の山田暢久が出席した。



伊藤選手は、まず挨拶で、「僕の小さいころからの夢が一つかなったということで、とてもうれしく思っています。ただまだ一つかなっただけです。口ではなんとでも言えますが、ぼくは強気でいて、1年目からバリバリ試合に出るつもりです」と、力強く意気込みを語った。



また質疑応答では、浦和レッズへの加入を決めた理由を聞かれ、「周囲の方からは、やはり浦和レッズで出るのは厳しいと言われましたが、僕はそうとらえてはいなくて、浦和レッズで試合に出られれば、日本代表、世界というものも見えてくると思います。そういう厳しいところでやる強い気持ちがあるので、浦和レッズを選びました」と覚悟を持って決断したことを語った。加えて最もアピールしたいプレーについて聞かれると、「得点に絡むところ、ドリブルであり、パスであり、そうした攻撃に絡むところを見てもらいたいです」と述べた。

会見には、地元のテレビ局や新聞社を中心に11社のメディアが訪れ、それぞれ質問を行うなど、伊藤選手への期待と注目の高さがうかがえた。





【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

※記者会見の詳細は以下。

作陽高校 松野英雄校長
「本日は、本校のサッカー部の3年生であります伊藤涼太郎が、浦和レッドダイヤモンズに加入することが内定し、加入内定記者会見ということで、浦和レッズから宮崎スカウト担当部長様、強化部の山田暢久様におこしいただき、またたくさんのメディアの方にいらしていただきました。まことにありがたく、大変うれしく思っております。私が伊藤くんの名前を直接知りましたのも、昨年の高校サッカー選手権で流通経済大学柏高校との試合で2得点を入れた際でした。私はサッカーに関して素人ですが、弾丸シュートと感性豊かなシュートを決めたということで強い印象を残しています。非常に厳しいプロの世界ですし、本人はいまとても喜んでいると思いますが、J1で活躍するにはかなり努力が必要なのではないかと考えています。
これを機に伊藤涼太郎の顔と名前を覚えていただき、温かいご声援をいただければありがたく存じます。」

作陽高校サッカー部 野村雅之監督
「伊藤涼太郎の内定記者会見にお集まりいただき、まことにありがとうございます。本人は大阪の出身ですが、この岡山に縁があって本校で過ごし、さらに大きく羽ばたこうとしています。非常に厳しい世界に身を投じるわけですが、これからもみなさまに温かい目で見ていただければと思います」

浦和レッズ 宮崎スカウト担当部長
「みなさん、こんにちは。最初に伊藤くんをしっかりと見させていただいたのは昨年の春ごろでした。その前から世代別でも見てはいました。今シーズンになってから特にスカウトの山田に見るように伝え、今回の運びになり、仮契約を済ませて、内定記者会見の開催となった次第です」

浦和レッズ 山田暢久スタッフ
「こんにちは。私はこの仕事について2年目になりますが、伊藤くんを何試合か見させていただいて、すごくサッカーセンスがあり、技術が高く、サッカーへの気持ちも強いということを感じました。それでぜひレッズに欲しいということで、声をかけさせていただきました。今後、プロの世界に入ってさらに厳しい状況もあるかと思いますが、期待を込めて頑張って欲しいと考えています」

伊藤涼太郎選手
「あらためまして、こんにちは。このような内定記者会見を開いていただき、ありがとうございます。僕の小さいころからの夢が一つ叶ったことを、とてもうれしく思っています。ただまだ一つかなっただけです。口ではなんとでも言えますが、僕は強気に思っていて、本気で1年目からバリバリ試合に出るつもりですし、本気で出場したいと考えています。応援、よろしくお願いします」

【質疑応答】
(伊藤選手おめでとうございます。まず浦和レッズから声がかかったときの気持ちは?)
伊藤選手「すごくうれしい気持ちでしたし、いままで自分はお金を払ってサッカーをしていましたが、プロはサッカーをしてお金をもらうということで、その責任感というか、そういう違いを感じています」

(過去の経歴を見ると、浦和レッズ以外からも声が掛かったと思うが、浦和レッズに決めた理由は?)
伊藤選手「内定の発表が出たときに、周囲の方からは、やはり浦和レッズで出るのは厳しいというふうに言われました。ただ僕はそういうふうにはとらえていなくて、浦和レッズで試合に出られれば、日本代表、世界というものも見えてくると思うので、そういう厳しいところでやる強い気持ちがあります。だから浦和レッズを選びました」

(具体的な目標は?)
伊藤選手「僕は1年目から試合にどんどん出て、活躍したいと考えています。いままで以上に努力していきたいです」

(将来的な夢は?)
伊藤選手「最終目標は、世界一の選手になることです。口では簡単に言えますが、僕はそう考えています」

(宮崎スカウト担当部長に質問です。ミシャ監督やクラブとしての評価をあらためて聞かせてください)
宮崎「高校生の場合は、特段、監督からオーダーがあるということはあまりありません。ただ、今回は、練習試合で45分間のプレーでしたが、活躍をしてくれて、監督も高い評価をしていたというのは聞いています」

(山田さんいかがでしょうか)
山田「45分しかプレーはできなかったんですが、監督にも見てもらって、他の強化部のスタッフにも見てもらいました。あまり監督は取ってほしいとか言わない監督なんですが、ぜひ早く呼びたいということは言ってもらって、僕もすごくうれしかったです」

(山田さんにお伺いしたいのですが、伊藤選手のすごさというのはどういうところですか。できれば一言でお願いします)
山田「一言は難しいですね(苦笑)。すごくサッカーセンスがあり、技術があります。パスの出すところ、タイミングが特殊というか、独特のタイミングを持った選手だなというのはあります。技術に関しても、ファーストタッチのコントロールで、いろいろな選択肢を選べるようにボールを置くことができる、一つのプレーでいろいろな選択肢を持てる選手です」

(伊藤選手はどのポジションでプレーし、どういう選手を目標としていますか)
伊藤選手「浦和レッズは、3-4-2-1が基本布陣で、僕はシャドーのポジションになると思うんですが、一番憧れている選手がネイマール選手になります。見ていて楽しいです。だから、僕も観客の人たちに感動だったり、もう一度、こいつのプレーが見たい、というように思ってもらえる選手になれたらと思います」

(伊藤選手は、アシスト、得点、どちらを突き詰めていきますか)
伊藤選手「どちらもできる選手になりたいです」

(山田さんはどのようにお考えですか)
山田「彼は決定力もありますし、点につながるプレーができる選手になれると思います。ポジションなどについては、本人と監督の考えになると思いますが、個人的には、2列目のポジションが彼には合っているのかなと思っています」

(レッズはレギュラー争いが厳しいと思いますが?)
伊藤選手「僕はだからこそ行きたいと思いました。浦和レッズは日本代表の選手がいて、代表経験者も多いです。そこで出られれば、日本代表の力があるということになると思いますし、日本代表というものにたどり着けば、世界も見えて、どんどん自分の道も広がっていくと考えています」

(伊藤選手が一番売りにしたいプレーは?)
伊藤選手「ボールを持ったときのプレーです。得点に絡むところ、ドリブルであり、パスであり、そうした攻撃に絡むところを見てもらいたいです」

(山田さんご自身も高校を卒業してすぐに活躍された経験をお持ちです。伊藤選手にアドバイスをするとしたら?)
山田「いまの監督のサッカーは非常に独特で、僕が選手時代も理解するのに時間がかかって難しかったので、早く監督のサッカーを理解してプレーできるようにすることが大切なんじゃないかと思います」

(伊藤選手が作陽高校サッカー部の野村監督のもとでサッカーをして、一番得たものは?)
伊藤選手「僕が作陽に来て一番得たものは、オン・ザ・ピッチのところは攻守の切り替えや守備のところで、まだ僕は守備が苦手なところがあるんですが、攻撃は得点に絡めるようになりましたし、シュートの精度、パスの精度が一つ一つ上がった気がします」

(野村監督にお聞きしたいのですが、彼含めて、多くのプロ選手を輩出しています。後輩にとって非常に良い刺激になったのでは?)
野村監督「直接、Jリーグに行くというある意味本当に厳しい選択を勇気を持ってするということで、その刺激を受けて、もっともっとサッカーというものを追い求める後輩も出てくると思います。伊藤選手にも、ぜひ、ここが終点ではないので、ここから先、頑張ってくれれば、後輩たちにとってもっと刺激になると思います」

(野村監督の伊藤選手の評価を聞かせてください)
野村監督「彼が入ってきたときは、早生まれで体も小さくて、サッカーのうまい中学生という感じだったんですが、体ができてくると、指導をしていて、教えてできることと、教えてもなかなかできないことというのがあるんですが、彼は教えてもなかなかできない部分というのがだんだんと出てきました。それは彼が持っているものだと思います。
簡単に言うと、ピッチ上での頭の回転の早さがあります。いつ見たのかなというところにパスを出したり、いつ見たのかなというスペースにドリブルでボールを運んだりすることができます」



PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ