ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

15.03.14


ミシャ監督 モンテディオ山形戦試合後会見

  •  

明治安田生命Jリーグ1stステージ第2節 vsモンテディオ山形 試合後のコメント

「非常に難しいゲームになることは、試合前からわかっていました。相手は守備ブロックを作って我々に対して構え、ボールを奪って速攻を狙うというゲームになると思っていました。そうした相手の守備ブロックを崩していくのは簡単なことではありません。

前半は相手がフレッシュな状態の中で、なかなかうまく攻撃を仕掛けることができませんでした。あるいは、我々が縦のボールを入れて攻撃を仕掛けたときに、ボールがうまく収まらずに奪われてしまうという展開になりました。

前半は我々の思うような形が出せませんでしたが、相手もチャンスらしいチャンスは作れていませんでした。それは、我々の切り替えが早かったのだと思いますし、前向きに捉えていいと思います。

当初のゲームプランから、後半には相手の足が止まってきて、スペースが空いてくるだろうと予測していました。前半の終わりくらいから相手の足は少し止まってきていて、後半、時間を追うたびに、スペースができてきました。そういう中で、我々はボールをしっかりと動かしながら自分たちの攻撃の形を作れていたと思いますし、チャンスもいくつか作れていました。そういう中で素晴らしいゴールが生まれて勝利できたことは、非常に良かったと思っています。それに加えて、得点が生まれない中でも我慢をしながらプレーできていたこと、守備の部分でも集中して続けられたことも良かったこととして挙げられます」

【質疑応答】
(前半と後半で試合が変わったが、選手起用や相手の運動量以外に変わったところは?)
「途中で入った武藤やトシ(高木)は、非常にオフ・ザ・ボールの動きが良く、スピードのある選手です。相手が疲れてきた中で、そういうスピードのある、あるいはボールの引き出しが上手い選手が入ることで、相手が困るのではないかと考えました。プラス、スピードと1対1の仕掛けができる関根を入れることで、疲れてきた相手に対して効果的に攻められるのではないかという意図を持って、交代をしました。その交代によって、自分たちが後半、相手に対してより圧力をかけられたことにつながったと思います」

(モンテディオの守備に対し、勇気がないような印象を受けたが?)
「前半に関してはおっしゃった通り、選手たちには若干、仕掛けの部分での勇気がなかった部分もあったと思います。慎重だった、という言い方もできるでしょうし、仕掛けは足りなかったと思います。我々はホームの埼玉スタジアムで戦うにあたって、選手たちは相手に勝ちたいという強い気持ちを持ってプレーしてくれていると思いますが、反対に、ミスを恐れるところもあると思います。今日はサポーターのみなさまが、非常に選手を後押ししてくれて、良いプレーには拍手を送ってくれ、素晴らしかったです。選手たちはもう少し、ミスの部分を恐れずにやってくれればと思います。我々もどの場面でチャレンジし、どの場面でセーフティにプレーするかの見極めは非常に難しいのですが、そういった部分を、場面と状況を見極めてやっていければと思っています。

あとは、今日の前半はなかなかボールが前で収まらない状況がありました。1つは興梠選手の首のケガが、なかなか治りきらないなかでプレーをしていることがあります。チーム事情で言えば、ズラタン選手・李選手の2人がケガをして不在のなか、彼は無理をしてでもチームのために戦いたいという強い思いを持って、プレーしてくれました。そうした彼のがんばりを、私はたたえたいと思います。もちろん、彼が本調子であれば、前半のようにスペースがなく、相手がフレッシュで、アグレッシブに来る中でも、ボールを収めてくれたと思います。ただ、彼は今の状況の中、チームのために自分のベストを尽くしてくれました。そうしたところは、前半の戦いに少し影響があったと思います。

私が今の質問で嬉しく思うのは、勝った中でも、我々のチームがもう少しよくできたのではないかと思ってもらえること、そういう質問があったことです。

我々はただ勝つだけでなく、内容も含めて勝利していきたいという、高い志の下で戦っています。そういう中で、勝っても内容に関する質問が出てくるのはいいことです。おそらく今日、0-0で引き分けていれば、おそらく山形が賞賛の言葉を得ることになっていたでしょう。我々はそういう意味で、もう1つ上のレベルで戦っていますので、そういう見方で見られているのは、我々に対する一種の尊重の表れだと受け止めています」

(日本代表の監督が決まったが、視察に来て、チームから選手を選んでほしい気持ちはあるか?)
「私は浦和の監督であり、私自身の評価で選手を判断しています。代表監督は自らの目で選手を選べばいいと思います。だからこそ、私から『どの選手がいい』という推薦はしません。彼が自分で見て、うちの選手が良ければ、代表のメンバーに入れればいいと思います。もし彼が私に聞くことがあれば、私は自分の選手をよく知っていますので、こういう選手だと話すことはできますが。私は、自分の選手を代表選手に勧めるような指導者ではありません。

選手は代表監督さんがご自身の目で見て選ぶのがいいと思います。このリーグは、各チーム、そして各チームの選手のレベルが拮抗したリーグです。今日も鹿島が湘南に敗れ、川崎は2-2で引き分け、甲府は名古屋に勝ちました。どのゲームもきわどいゲームをしています。それくらい、Jリーグは拮抗していると思いますし、毎節が非常に厳しい戦いだと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 モンテディオ山形戦試合後会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • SPORTS FOR PEACE!
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!