MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 モンテディオ山形戦前日会見

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第2節 vsモンテディオ山形 試合前日コメント

「明日のゲームは、前節で湘南と対戦したときと、だいたい同じような展開になると思います。昇格してきたチームが我々浦和と対戦するときは、非常に強い気持ち、高いモチベーションを持って戦ってきます。相手が捨て身で来るような戦いは、非常に難しいものです。ただ、我々にとっては勝利が必要な戦いです。

4連戦の4試合目だった湘南戦で、選手たちが見せた後半の運動量は、非常に素晴らしいものでした。そうした運動量、あるいは勝利への強い気持ちを持って戦うことが非常に大切だと思います。そういった部分で我々は、特に運動量や球際のところで先週のゲームのようなものを見せられなければ、試合は難しいものになるでしょう。

選手たちは今週、非常に良いトレーニングを積んでくれたと思っています。明日のゲームでは、選手たちは強い気持ちを持って、全力で勝利を目指して戦ってくれると思います。必ず良いゲームをし、勝利をつかみ取ることができるだろうと思っています」

【質疑応答】
(前半、相手がハードワークをしてくる時間帯で、湘南戦の後半のような戦いをするためのポイントは?)
「湘南戦の前半は、第1節ということで、相手がどのように戦ってくるかがなかなか見えない中でのスタートでした。そして我々が4連戦の4試合目であり、それまでの試合で3連敗をしていること、試合環境で言えば強い向かい風という状況の中で戦いました。そうしたことがすべて重なり、我々は非常に慎重に試合へと入ったところがあります。それによってあのような戦い方になったわけですが、相手がフレッシュな状態で前半からハードワークをしてくる中でも、落ち着いてプレーすれば湘南戦の後半のような戦い方ができると私は思っています」

(勝利した後の1週間で、選手たちの変化は見られたか?)
「まず、我々は3連敗していましたが、我々チームとしては、周りで見ている方が慌てているほど悪い状況とは思っていませんでした。だからこそ、3連敗の中でも自分たちを見失うことなく湘南戦に臨むことができました。選手たちは1つの勝利によって非常に前向きになれていると思いますが、我々は常に良い雰囲気の中でやっていますので、それほど大きな変化があったとは思っていません。

やっている我々にとって、一つ一つの敗戦というものは、決して悲観するものではありませんでしたし、我々は改善できていると感じていました。そういった意味では、一つの勝利で、チームの中で劇的に何かが変わったということは決してありません。

負けることは決して良い結果ではないですが、それを必要以上に悲観するのはいいことではないと思いますし、必要以上に下を向く必要はありません。サッカーでは常に、勝ち、負け、引き分けの3つのうちどれかの結果が出ます。我々は、自分たちの足下をしっかりと見つめなければいけないでしょう。

スポーツの世界を、生きるか死ぬかで捉えようとする方がいると思います。我々はそれくらいの気持ちでいつも戦っていますが、スポーツはスポーツであり、本当に生きるか死ぬかの戦いではありません。私は時代の流れの中でもそのようにスポーツを見ています」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 モンテディオ山形戦前日会見 ミシャ監督 モンテディオ山形戦前日会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ