ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

12.03.16


ミシャ新体制のホーム初陣、勝利を

  •  

浦和レッズのホーム開幕戦、Jリーグ第2節柏レイソル戦は、3月17日(土)14時4分、埼玉スタジアムでキックオフの笛が鳴る。
Jリーグ20周年を迎えた節目の2012シーズン。レッズイレブンは“ミシャ監督”ことミハイロ・ペトロヴィッチ新監督の下、1月の始動時から、ボールをしっかりとつなぎ、攻守に多くの選手が連携する運動量豊富なサッカーの習得に全力を注いできた。
システムはミシャ監督独特の3―4―2―1。赤き戦士たちは今、昨シーズンの最終節で敗れ、目の前で優勝を見せつけられたレイソルを迎え撃つことで、新生レッズの力と意気込みをファン・サポーターにダイレクトに感じてもらおうと燃えている。
レイソルは昨シーズン、史上初となる昇格年度J1制覇を成し遂げた。ネルシーニョ監督が3年をかけてしっかりとスタイルを根づかせ、選手がそれをピッチ上で十二分に表現したが故の快挙達成だった。横浜F・マリノスとの開幕戦こそ3-3で引き分けたが、もちろん今シーズンも優勝候補に数えられている。
システムはオーソドックスな4-4-2で、攻撃の中枢は昨シーズンのJリーグMVPを獲得したレアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルの両サイドハーフ。特に10番のレアンドロ・ドミンゲスは攻撃の引き出しが多く、緩急も自在でマークしにくい相手だから要注意だ。
また、右サイドバックの酒井宏樹はU-23日本代表戦で原口元気や濱田水輝らとチームメート。14日のロンドンオリンピック予選バーレーン戦に勝ってロンドンオリンピック切符を獲得した際には、試合後「次は17日に埼スタで会おう」と“ライバル同士”に戻って好ゲームを誓った。
レッズは開幕第1節のサンフレッチェ広島戦では、やりたいことをやらせてもらえず、0-1で惜敗した。ただし、この試合はミシャ監督の古巣との戦い。次のレイソル戦に向けて平川忠亮は「レイソルは攻撃的なサッカーをしてくるので、サンフレッチェ戦よりも多くのチャンスを作れると思う」と手応えを口にしている。今シーズンから加入した槙野智章は「レイソル戦は僕にとって、大勢のファン・サポーターの後押しを受けてのレッズでの埼スタデビューになる。新しい姿を見てもらいたい」と意気込んだ。
Jリーグの歴史と同じ「20年目」を迎えたのは実は9クラブしかない。Jが幕を開けた1993年から戦ってきたレッズ。1993年からチームを支え続けてきたレッズのファン・サポーター。赤き心を持つすべての人々の力を結集させ、20年目のホームゲーム初戦、ホームゲーム400試合目のレイソル戦で白星を勝ち取ろう。
【浦和レッズオフィシャルメディア(UR:OM)】

ミシャ新体制のホーム初陣、勝利を

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!