ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

19.03.30


オズワルド オリヴェイラ監督 FC東京戦試合後会見

  •  

明治安田生命J1リーグ 第5節 FC東京戦 試合後のコメント

「レッズの、今季のベストゲームだったと思います。勝利を収めることはできませんでしたけど、相手にチャンスを与えることがなかったと思います。相手が私たちのゴールに迫る場面がほとんどなかった試合です。本日の試合は、ディフェンスが苦しい場面があまりなかったと感じています。もちろん、私たちが少し予想していなかった形からの失点はありました。FC東京は今季のベストチームだと私は見ています。本日の結果をもって、3勝2分と非常にいい結果を残しているチームだと思いますけど、彼らに対して、いい試合ができたと考えています」

[質疑応答]
(今日は4バックでプレーしたと思うが、キャンプで準備をしてシーズン頭からとか、いろいろな選択肢があったと思うが、なぜこのタイミングだったのか?)
「キャンプのときは武藤と青木がいませんでした。また、プレシーズンのときは(杉本)健勇、山中、(汰木)康也、エヴェルトンのことをまだよく知りませんでした。変化を加えるためにはまず、私が手元に持っている素材をより良く知ろうとしました。そして今までの戦い方を見ると、点を取るにはアグレッシブさが少し足りないというふうに感じていました。

今回のFIFAマッチデーという中断期間を通じて、練習試合の中でこの形をテストしました。せっかくある時間を、4バックの練習時間に投資しました。これがうまくいかなければ3バックに戻すだけ、そのような状況でした」

(今季のベストゲームということだが、確かにポゼッションは上回っていたと思うが、それは力関係で上回った結果としてそうなったのか、それとも何か戦略的なものでそうなったのか?)
「私たちは、中盤の選手の枚数を増やしましたので、技術のある選手が増えました。そうすることによって、ポゼッション率も高まったのだと思います。柏木選手が負傷によってハーフタイムで交代して、このチームの流れがそこで中断されましたが、柏木、武藤、長澤がピッチに立っていれば、ボールを持つことができ、チームが落ち着くということは、疑いようがありません。

その中に、エヴェルトンもどんどんフィットしてきていますので、今後はさらに良い方向に向かうと思っています」

(今日の試合からケガ明けの武藤選手、青木選手が復帰したが、ふたりがそれぞれチームにもたらしたものはどのように考えているか?)
「武藤はチームの中で、リンクとなる選手です。あらゆるところを、賢さを使いながらつないでいく選手です。非常に動きが良くて、チームを機能させる選手だと思っています。非常に柔軟性のある選手です。

青木の場合は、マークのところ、ディフェンスのところのバランスをとることができる選手です。ふたりとも、チームの中で重要な存在だと思います」

(山中選手は途中出場でFKや最後のアシストなどの活躍を見せたが?)
「非常に良かったと思います。彼も今、自信をつけているところだと思います。私たちも彼のことをより良く知っていく途中の段階にあります。チームの中にどんどんフィットしていっているという、自然な流れの中にありますけど、シュートやパス、技術などがありますので、非常にいい方向に向かっていると思います」

(形を変えたのは、攻撃を良くしようという狙いだと思うが、相手のペナルティーエリアに入っていくのになかなか苦労しているように見えた。それは相手の守備が強かったからなのか、それともまだまだ改善の余地があるのか?)
「FC東京は、非常にいいディフェンスをすると思います。長谷川監督と共に、そのディフェンスがどんどん磨かれていると思います」

(勝者のメンタリティーというのは意志力、自分を信じることができることだと思うが、この前の5連戦で結果を残し、厳しい試合で最後に同点ゴールを決めるという中で、勝者のメンタリティーというものについて思うところについては?)
「私も最後まで信じていました。今日は非常にいい内容の試合ができていましたので、敗戦には値しないと思っていました。そして武器もありました。0-0の時間が長く続きましたけど、最後の10分、もしくは15分のところで持っている武器を投入して、勝ちにいこうと思っていました。不運なことに失点してしまいましたので、当初のゲームプランとは少し違った形で選手を投入しました。

FC東京はそれまでの流れでは、そこまで引いて守っている形ではありませんでした。ですので、たとえば柴戸を中盤に入れてよりアグレッシブにするということを少し考えていましたけど、リードすることによって、相手が少し守りに入るかもしれないという想定で、それを少し変えました。私たちは、セレッソ大阪戦でそういうふうにしました。リードしたところで、しっかり守備をするという戦い方に切り替えました。その中でセレッソはどんどん押し込んでくるという場面がありましたけど、そういう流れでした。

そして、その試合では交代枠を全部使っていた状況でしたので、リードした後は選手を交代して戦い方を変えるのではなく、ピッチに立っている選手たちの配置を変えたり、プレーを変えたりして、より守備的になりました」

(今日の試合がベストということは、今後は今日の戦い方がベースになっていくのか?)
「次の試合は横浜F・マリノス戦なんですけど、試合によって、いろいろ考えないといけない部分が出てくると思います。ですので、本日がベースになるかどうかはまだ分かりません。F・マリノスは非常に技術力が高く、3人のブラジル人も質が高い選手たちだと思いますので、我々も非常に気を付けないといけない相手だと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

オズワルド オリヴェイラ監督 FC東京戦試合後会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • SPORTS FOR PEACE!
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!