ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

17.11.26


アルヒラル戦 試合後公式会見

  •  

AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝第2戦 vsアルヒラル 試合後のコメント

【堀 孝史監督】
「まず、今日もすばらしい雰囲気を作って我々を後押ししてくれた、ファン・サポーターの方々に感謝したいと思います。そして、このチームのベースを築いてくれていたミシャ前監督に対しても、感謝と敬意を伝えたいと思います。

今日のゲームは第1戦の戦いを踏まえた上で、短い期間でしたが、選手と一緒に準備してきました。その準備してきたものがしっかりと出せた中で、勝利を得ることができたと考えています」

【柏木陽介】
「MVPを獲れたことは、非常にうれしく思っています。ただ、個人的には僕ではないのではないか、という気持ちも強いので、少し複雑な気持ちですが、みなさんに選んでいただいてこの賞をいただけたので、素直にうれしく受け止めて、今後はこれに恥じないようなプレーをしていけたらと思います」

[質疑応答]
(今日はいつもと違うシステムでスタートしたと思うが、どういう狙いだったか?)
堀 孝史監督
「第1戦のときはアウェイの戦いということで、ある程度守備を意識した形になりましたが、今日はホームで戦えるということで、積極的にボールを奪うようにして、自分たちでボールを保持する時間を作りたいという意図のもと、今日の戦い方を選択しました」

(アウェイでは左サイドを相手の2番(モハンメド アルブライク)に相当やられていて、今日はディフェンスラインのメンバーを変えるかと思ったが、変えなかった。その中で、サイドの守り方、攻め方というのはどう考えていたのか?)
堀 孝史監督
「前回の対戦で、我々の左サイドをやられたという話をよくされますけど、個人的な部分でやられたというより、チーム全体の戦い方の上で、ボールへの規制が緩かったことで、最終的にひずみが生じていた、と感じていました。それに対して、ボールの出所をしっかり抑えていこうという考えのもと、今日の戦い方をしました」

(ラファエル シルバは前半から動きが重い感じがして、後半も動けなくなっているように見えたが、1戦目のケガの状態や、今日の試合で先発させるにあたり、どこまで引っ張れるかなど、どんなふうに考えて最後まで残したのか?)
堀 孝史監督
「彼は個人で行ける強い力を持っているので、そこに期待しながら、時間に関してはメディカルスタッフと相談しながらでした。トレーニングなどは全体と全く同じことをしていましたし、状況を見ながら、後は試合の中での動きを常に確認しながら話して、今日の使い方になった、ということになります」

(マウリシオを投入した意図は?)
堀 孝史監督
「宇賀神の疲労が溜まったということで交代してマウリシオを投入し、槙野を左サイドに移した、というシンプルなものです」

(堀監督が今シーズンの途中からチームを預かって、タイトルに導くのに一番難しいと思ったことは?)
堀 孝史監督
「試合を重ねる度に、各試合でいろいろな改善点が出てくる中で、ひとつのことを改善しようとするとまた違うものが出てきてという、その繰り返しが一番難しいと感じています」

(今大会を総括して、アウェイで苦しい中でも得点して粘って戦い、ホームで勝ち上がってきたという成長点と、リーグで苦しい時期もある中で、しっかりとアジアを制覇できたということで、チームに与える意義はどういうところにあるか?)
堀 孝史監督
「リーグでなかなか結果が出ない中、ACLにだけ力を注いでいたというわけではないんですけど、選手たちのACLに懸ける思いには非常に強いものがありました。その気持ちの部分、モチベーションの部分は大きかったと思います。そして、ACLをホームで戦うときには、ファン・サポーターの方々がすばらしい雰囲気を作ってくれる、そういう部分が大きいのではないかと思います」

(終了のホイッスルが鳴って、優勝が決まったときの率直な気持ちは?)
堀 孝史監督
「うれしかったという、率直な気持ちです。選手たちがよくやってくれたという、思いでした」

(マウリシオの使い方としては、先発まで含めてオプションがあったと思うが、どのような使い方を考えていたのか?)
堀 孝史監督
「試合前であれば、もし使うのであれば、今日出たセンターバックのところ、今まで通りの起用の仕方を考えていました。試合中は、どの選手に何が起こるか分かりませんので、いくつか考えを持っていた中で、基本的にはセンターバックで、ということでした。守備は本当に信頼していますし、状況によっては攻撃面でも高さを持っているので、そういった状況になったら投入することも考えていました」

(今シーズン、ACL優勝を振り返ると、監督交代が大きなポイントだったと思うが、監督が替わってチームがどのように変わったと受け止めているか?)
柏木陽介
「堀監督とミシャ前監督でサッカーが全然違ってきて、最初は堀監督もミシャ前監督のサッカーをやりながら、というところもあったんですけど、そこから堀監督の考える部分を貫いてやってきた結果、ここまで来られたと思います。違いについては口で説明しづらい部分があるんですけど、チームとしての意思統一という部分ではうまくいったからこその結果なのではないかと思います。堀監督を含め、選手みんなが一つになって戦った結果かなと思います」

(今回はローラーコースターのような激しいシーズンだったと思うが、今回のトーナメントを総括して、どのように見ているか?)
柏木陽介
「本当にいいチームとばかり試合をしてきたと思っています。アウェイではなかなか結果を出せずにホームで結果を出す、というのがずっと続いてきましたが、すべて、自分たちが思っているような感じで進めてこられました。それはチーム力が勝った、そして埼玉スタジアムというものがもたらしてくれるものだと思っています。自分たちの戦いを含めて、ファン・サポーター、浦和レッズ全体としてのすばらしい力だと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

アルヒラル戦 試合後公式会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!