ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

14.03.15


アウェイで完勝、喜びを共に

  •  

15日、浦和レッズはエディオンスタジアム広島でサンフレッチェ広島とJリーグ第3節のゲームを戦った。レッズは前半に興梠のゴールで先制すると、試合終了間際に原口が追加点を挙げ、2-0で勝利した。
このゲームは、前節を欠場した那須が復帰して3バックの中央を務めた。ボランチには啓太が入り、柏木がシャドーのポジションでスタート。梅崎がベンチスタートとなり、14時4分にレッズボールでキックオフされた。
立ち上がりに左サイドから数回のチャンスを作ったレッズだったが、次第にしっかりとブロックを作って待ち構える広島の守備の前に、後方でつなぎながらチャンスをうかがう時間が長くなっていった。ともに同じシステムということもあり、なかなかフリーになる選手ができず、阿部、啓太、那須がボールを持つ時間が長くなった。前線でのポジションチェンジでチャンスを狙うものの、崩しにかかる局面までなかなか持ち込めない。
前半中盤には何度か広島の素早いカウンター攻撃で、2列目から野津田が飛び出す攻撃によりピンチを招いたが、GK西川が好判断でペナルティエリア外へ飛び出して処理したプレーもあり、無失点でしのいでいく。
レッズもカウンターでチャンスを迎え、槙野がパスカットすると興梠へスルーパスを通してGKと1対1のチャンスになったが、シュートは相手GKに阻まれた。しかし、そのコーナーキックの流れから右サイドを突破した平川のクロスを、ニアサイドに走り込んだ興梠が体をひねりながら頭で合わせてゴール。この42分の先制点で、レッズは前半を1-0で折り返した。
後半に入ると、同点ゴールを狙う広島のボール保持時間が長くなり、レッズがしっかりとブロックを作ってカウンターを狙う、前半とはまったく反対の展開になった。
レッズは広島の前線へつけるボールに対して、3バックを中心にしっかりとしたマークで対応して決定的な形を作らせない。逆に、中盤でボールを奪ったところからの速攻で原口や柏木がシュートを放つ形を作っていく。
広島が選手交代でさらに攻撃的な姿勢を打ち出すと、ミシャ監督も李と梅崎を前線に投入し、前線でのプレッシングと速攻の攻撃力を維持する交代策に出る。2人の投入直後の83分にはビッグチャンスもあったが、最後は梅崎から李へのパスがやや流れてしまった。
1-0で迎えた90分には森脇に代えて坪井をピッチへ送り出し、ゲームを締めくくりにかかる。すると90+1分、阿部が左サイド裏のスペースに出したボールに原口が走り込み、そのままドリブルで相手をかわして右足を振り抜いてゴール。このまま試合は終了し、先制ゴールを生かしてカウンターで追加点を挙げる理想的なゲーム運びを見せたレッズが、2-0の勝利。試合後には、広島に駆け付けたファン・サポーターの元へミシャ監督含む選手、スタッフが歩み寄り、喜びを分かち合った。
レッズは3月19日(水)に日立柏サッカー場で19時キックオフの、ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節・柏レイソル戦に臨む。

【原口元気】
(得点の後、ゴール裏へ行った、そのときの思いは?)
「いろいろな思いがあった中で、ああやってチームに対して貢献できたのは良かったなと思います」

(9番として初ゴールだった)
「1試合目、2試合目にも取るチャンスがあった中で決め切れなくて、ゴールで貢献したいという思いがある中で決められたので良かったです。
でも1試合ではなく、一番の課題はこれを続けることであって、継続することが一番難しいので、一試合一試合、今日のようなプレーをチームとしても個人としても続けていかないといけないと思います。
(横断幕などのない応援だったが?)違和感のようなものはありましたが、十分気持ちは伝わってきました。そういう気持ちに応えたいと思いました」

(試合後の挨拶のときは?)
「僕たちも頑張っていくから、サポーターも一緒になって頑張っていこうということを伝えたかったです。今までと変わらず、僕たちをサポートしてくれていました。横断幕やフラッグはなくても気持ちは十分に伝わっていました」

(今日の試合の意味は?)
「今日は本当にレッズにとっても非常に大切な試合だったと思います。その中で選手が結果を出すことによって、ネガティブな要素が多かった状況をポジティブな浦和レッズに変えられるのではないかと思ってやりました。それは選手たちに課された使命だと思ってプレーしていました。
伝えたいのは、本当に、『もう一回やっていこうよ』ということだけなので、こういう問題があっても僕たちはプレーし続けていくし、もちろんサポーターの協力がないと勝てない。そういうことをもう一度伝えたいと思ってプレーしていました」

(この問題が多くのメディアに取上げられていたが?)
「本当にやってはいけないことだし、僕自身もすごく嫌な気分です。あのようなことは良くない、大きな問題だと思います。やってしまったことは本当に反省しないといけない。反省してもういちど新しいレッズとしてやっていければいいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

アウェイで完勝、喜びを共に アウェイで完勝、喜びを共に アウェイで完勝、喜びを共に

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!