ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

14.03.29


アウェイで先制するも逆転負け

  •  

3月29日、浦和レッズはノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸とJリーグ第5節を戦った。レッズは前半に一進一退の中からパスワークで相手を崩す攻撃を見せて先制したが、後半は神戸の勢いを抑えられずに3失点。敵地で1-3の逆転負けとなった。
この試合は柏木がメンバーから外れ、阿部と啓太のダブルボランチ、原口と梅崎の2シャドーでスタート。山田が今シーズンのリーグ戦で初めてベンチ入りし、宇賀神がJ1通算100試合出場を達成した。
ウォーミングアップに姿を現した選手たちは、神戸に駆け付けたファン・サポーターからの手拍子と大声量の『浦和レッズコール』に迎えられた。試合は15時4分にレッズボールでキックオフが行われた。
ゲームの立ち上がりはレッズが攻撃を仕掛ける回数が多い展開になった。梅崎や興梠が相手4バックの間に入り込んで流動的にスペースを狙う動きを繰り返し、前後左右に神戸の守備陣に揺さぶりを掛けていった。
レッズの攻撃は崩しの局面で精度を欠き、試合は次第に中盤で潰し合うこう着状態になっていく。神戸はマルキーニョスのサイドに流れる動きで中央にスペースを作り、ペドロ ジュニオールや森岡が入り込む形を多く作る。ショートカウンターから森岡にミドルシュートを許した場面もあったが、西川がファインセーブでピンチを救った。
その後前半35分、レッズがゲームを動かす。両サイドを広く使ったパス回しで神戸の守備陣を揺さぶると、左サイドから宇賀神が上げたクロスをファーサイドでフリーになった梅崎が右足で合わせて先制ゴール。狙いとしていた逆サイドへの展開からの得点で、1-0で前半を折り返した。
後半開始早々、神戸が一気に攻勢を見せる。前線からの激しいプレスに、レッズはなかなかボールを落ち着けられない。3バックの選手たちがピッチ上で話し合う場面も増え、かなりの圧力を受ける展開となった。次々に決定機を作られるが、それでも西川がファインセーブを連発してゴールを守っていく。しかし60分、自陣右サイドでボールを失うとペドロ ジュニオールにそのままドリブル突破を許し、同点ゴールを決められてしまった。
ミシャ監督は平川、梅崎に代えて李と関根を投入して勝ち越しゴールを狙いに行くが、一度傾いたゲームの流れはなかなか変わらない。78分にも自陣でのボールロストから再度ペドロ ジュニオールの突破を許し、この日2点目となる勝ち越しゴールを与えてしまった。
リードして守りに入る神戸に対し、レッズは啓太に代えて山田を投入。ボール保持率を高めて攻勢に出るが、人数を掛けた守備に対して決定機を生み出すには至らない。逆に、90+1分に一気のカウンターからマルキーニョスの独走を許し、西川との1対1を決められて1-3となり、試合はこのまま終了した。
敵地での悔しい敗戦となったが、試合後の選手たちにはファン・サポーターから大きなコールが送られた。3日後の4月2日(水)には、19時30分に埼玉スタジアムでキックオフされるヤマザキナビスコカップ予選リーグ第2節・大宮アルディージャとの『さいたまダービー』に臨む。

【宇賀神友弥】
「前半はしっかりチームとして我慢できて、良い形でのゴールが生まれました。前半は良いゲーム運びができていました。後半から相手が前からくるのは分かっていました。我慢の時間ができると思っていましたし、そこを耐え抜ければ相手の運動量も落ちてきますし、自分たちのやりたいことができると思っていました。その中でイージーなミスで失点してしまい、流れを戻せなかったと思います。攻め込まれているときにクリアが中途半端になる場面や、前線の選手が無理に行ってボールを取られる場面がちょっと多かったので、もっとクリアをハッキリして相手を後ろに押し込むような戦いをしないといけなかったです。
自分たちが受け身になったというよりは、相手が前からきたのに対して良い試合運びができなかったと思います。つなぐところはつなぎますが、割り切って蹴るということも使い分けられるようにしないと駄目だというのが出た試合かなと思います」

(先制点の一気に逆サイドを狙う展開は狙い通りだったのでは?)
「そうですね。なんとなくファーサイドに誰かがいるというのは感じていたので、感覚で上げた感じです。前半、ウメちゃんが良いポジションを取って、相手のサイドバックとセンターバックの間で受ける良い形での攻撃ができていました。それをしっかり突いていければ良いとやりながら思っていましたし、ゴールシーンも相手の間に良いボールが入れられればと思っていたので、狙い通りだと思います」

(J1通算100試合出場となったが?)
「個人として一つアシストという結果を残せたのは良かったですし、成長できた点でもあると思います。ただ、チームの勝利に貢献できなかったのが一番悔やまれることでもあります。下を向いてはいられないですから、この100試合を通過点として、200、300とツボさんやヒラさんを目標にやっていきたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

アウェイで先制するも逆転負け アウェイで先制するも逆転負け アウェイで先制するも逆転負け

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • SPORTS FOR PEACE!
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!