MENU

トップチームトピックス

「自分たちの戦いを継続する」ミシャ監督

Jリーグ第32節 vs川崎フロンターレ 試合前日コメント

「今シーズンすでに川崎戦の前日にこうやって記者会見をするのは4回目です。同じチームと同シーズンで4回対戦するということで、お互いのことはよく分かっています。川崎、浦和ともに攻撃性のあるチーム同士ですので、非常にハードなゲームになるでしょう。我々は優勝の懸った試合であり、常に周りからそういったものを求められる状況の中では、これまでもこれからも決して簡単ではない試合の連続です。毎試合、相手は浦和との対戦ということで高いモチベーションで、自分たちの力を発揮しようと思いきって戦ってきます。ただ、相手がそういうモチベーションで来るチームになれたことは、我々が強くなった証でもあると思います。非常に厳しいゲームになることは分かっていますが、とにかくこれまで自分たちがやってきたことを継続し、全力で戦うだけです」

【質疑応答】
(前節から2週間あったが、この間の練習でポイントとしてきたことは?)
いつも同じです。これまでもやってきたとおり、継続して我々が自分たちから仕掛けていく攻撃的なサッカーです。チーム立ち上げのころは、攻撃の組み立てのところで自らミスを犯して失点をするような試合もありましたし、今シーズンもそういうゲームがありましたけども、我々が継続して常にやっていることは、攻撃を重視して後ろから組み立てていく攻撃的な姿勢を持ち、新しいアイディアを模索していくサッカーです。常日頃からやっているトレーニングであり、常に同じことです。様々なビブスの色を使いながら制限をつけ、それも意味のある形で攻撃的なサッカーを目指してやっています。日本代表もオランダとベルギーを相手にいい試合をしていましたが、ああいった流れるような攻撃が見ていて面白いと思いますし、我々もそういった魅了するサッカーというのを常に目指しています。流れの中で得点をできるようなトレーニングを常にやっていますし、先週と今週もそういったトレーニングを続けてきました。

(リーグ得点1位と2位の対戦でオープンな戦いも期待されるが、攻撃的に臨むのか?)
我々がここ2年間目指しているサッカーは常に同じ方向性で、攻撃的なサッカーです。自分たちからチャレンジしていくサッカーをする中でミスはあります。もちろん、できるだけ決定的なミスを少なくしていくことは必要でしょう。ですが、我々が目指すところは攻撃的なサッカーです。
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「自分たちの戦いを継続する」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ