MENU

トップチームトピックス

「自分たちのやるべきことに集中して戦う」ミシャ監督

Jリーグ第31節 vsベガルタ仙台 試合前日コメント

いよいよ残り4試合とリーグも終盤に差し掛かりましたが、こういった時期は多くを語る必要はないと思います。我々がやるべきことは分かっていますし、自分たちがそういった状況の中で集中してやるべきことをやっていくだけです。明日の相手の仙台ですが、非常に質の高いまとまりのあるチームです。浦和と対戦するチームは非常に高いモチベーションで臨んできます。明日の仙台も強い気持ちで臨んでくるでしょう。我々としては、自分たちのやるべきことに集中し、ベストを尽くして戦うのみです。

【質疑応答】
(今日の練習でシャドーに梅崎が入ったが、その狙いは?)
明日は鈴木啓太が出場停止でボランチが誰をやるのかというところで、我々のサッカーには後ろから質の高いボールを出せる選手、あるいはボールを持ち運べる選手が必要です。そういった中で、あの組み合わせを試してみました。

(仙台を相手に7試合未勝利だが?)
過去のデータが示すとおり、我々にとって非常に厳しく相性の良くない相手だと思います。ただ、過去の歴史はどこかで終わりを告げるものです。それが明日のゲームになるように自分たちは戦っていくだけです。

(仙台の手倉森監督の印象は?)
この厳しいJリーグで長い期間同じクラブを率いて仕事をしているということは、彼がいかに質の高い指導者であり、良い仕事をしてきたかということの証だと思います。彼は仙台を率いて強いチームにすることで、仙台のサッカーを注目を集める存在にしてきたと思います。そういった仕事が認められて、次のオリンピックを目指す代表監督に就任することになったと思います。その全てが彼の指導者としての質を物語っていると思いますし、私自身も彼を非常に尊敬しています。2011年のJリーグアウォーズの時の話なんですが、その時点では私はどこのチームの監督になるか全く決まっていない状況でした。その時に手倉森さんが「私はあなたが浦和レッズの監督になることを本当に望んでいます」と言ってくれました。その数日後か1週間後かに私は実際に浦和レッズの監督になりました。偶然と言えば偶然なんですが、とても記憶に残る会話でした。
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「自分たちのやるべきことに集中して戦う」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ