MENU

トップチームトピックス

「最終節をよい形で終わるためにも、全力で戦い勝利をする」ミシャ監督

Jリーグ第33節 vsサガン鳥栖 試合後のコメント

「前半の出来がそのまま試合の結果につながってしまったような試合でした。前半に非常に安い失点をし、その後、盛り返してたくさんのチャンスを作ったんですけど、1-2にすることができませんでした。運動量、球際の戦い、相手に上回られてしまった前半だったと思います。その差がそのまま結果となってしまったような試合でした。今シーズン、非常によいシーズンが送れていた我々ですが、ここ3試合勝てず、ACL出場権圏内からも外れてしまいました。
最終節をよい形で終わるためにも次の試合に勝利をして、ACLの出場権を獲得するために全力で戦わなければならないと思います」

【質疑応答】
(優勝を期待されながら、できませんでした。来シーズンはどんなところの改善が必要でしょうか?)確かに言えることは、我々は重要だと位置づけられるゲームで結果が出ないことが今シーズンほとんどでした。それはチームが感じる目に見えないプレッシャーなのかも知れないんですが、そういった部分の勝負所、そうしたところで我々が勝利することができれば、もっと我々は高い順位で戦っていける、そういったチームになるかも知れません。
あとはやはり運も味方につけないといけないと思います。我々は私が記憶する限り2回バーに当たりました。しかし、それが得点に結びつかなかった。やはりそうした運というのも必要だと思います。
我々が打った際どいシュートがゴールに入るか入らないか、最後の興梠選手のヘディングが少し横にそれて入るか入らないか、そういうものも試合の結果には影響します。また川崎戦でもありましたが、PKかどうかの非常に微妙な判定で、残念ながらそういったものはサッカーの結果には表れてしまいます。槙野選手が0-2のときペナルティーエリアで倒されましたが、あれがPKなのかPKではないのか。それは非常に微妙な判定でした。非常に微妙な判定でしたが、そういったものが結果に影響するのも事実です。
しかしながら、今日の鳥栖は非常によく走り、戦っていました。勝利に値するプレーをしたのは鳥栖だったと思います

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「最終節をよい形で終わるためにも、全力で戦い勝利をする」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ