MENU

トップチームトピックス

「敗戦の中にポジティブなものが多く見えた試合」ミシャ監督

Jリーグ第2節 vsサガン鳥栖 試合後のコメント

「負けたことがまだ信じられないくらいですが、事実として今日は敗戦してしまいました。立ち上がりから我々のサッカーができていましたし、選手の動きや運動量もオーガナイズされていて、選手たちはすべてのことでコントロールしながら試合を進めてくれたと思います。多くのチャンスやコンビネーションが見れた試合でしたが、唯一得点だけが足りませんでした。主導権を握りながら相手のワンチャンスで負けてしまいましたが、それもサッカーです。敗戦はしましたが、ポジティブなものが多く見えた試合だったと思います。」

【質疑応答】
(永田、濱田の起用、そして森脇のポジションを上げた狙いは?)
那須のケガで永田をリベロに、そして相手のロングボールに対応することも考えて濱田を右のストッパーに起用しました。濱田はシーズン前にコンスタントにいいプレーを続けてくれていましたし、今日もいいプレーをしてくれたと思います。森脇は右のアウトサイドに関しては経験のある選手なので問題はないと思っています。相手の左サイドの10番を抑える意味もあって起用しました。

(前半に比べて後半はチャンスが少なかったが?)
相手がリードした中で、後半は相手が守備を固めたこともあり、スペースと時間が限られて簡単には進入していけませんでした。時間の経過とともに選手の疲労がたまり、集中力が下がってきたことも理由だと思います。そんな中でも落ち着いてボールを動かしていたと思いますし、我慢しながらもフレキシブルに攻撃を仕掛けられたと思います。

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「敗戦の中にポジティブなものが多く見えた試合」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ