ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

12.03.10


「まだまだ足りないところはある」ミシャ監督

  •  

Jリーグ第1節サンフレッチェ広島戦試合後、ミシャ監督コメント。

「まず最初に長くお会いしていなかった広島のみなさんにご挨拶します。
今日は広島との対戦ということで、非常に難しいゲームになることは分かっていました。以前にもコメントしましたが、我々にとってこの対戦は少し早い対戦になってしまったと思います。我々はここにサッカーをしに来た、そして勝利するために来ましたが、1-0でリードされた後も諦めることなく全力で、最後まで戦ったと思っています。我々のチームの方はまだ攻撃の組み立ての落ち着き、コンビネーションといった部分でまだまだ足りないところがあると思います。今日見せてくれた選手たちの強い気持ち、ファイティングスピリットがあれば、今後の練習や試合のなかでもっと良いコンビネーション、攻撃的なサッカーを作っていけるのではと思っています。
彼らが見せてくれた強い気持ちが、今後の我々に必ずつながるんじゃないかと思っています。もちろん、今日勝利したサンフレッチェに対しては、おめでとうと言いたいです」

【質疑応答】
(山田直輝を2列目の攻撃的な位置で起用した意図は?練習ではボランチが多かったと思うが?)
「攻撃的な姿勢で勝利するために彼を起用した。直輝に関しては、ケガで外れていた期間はありましたが、今シーズン、オリンピックの試合に出場するためにわりと早くから始動し試合もこなしていた。ケガ明けで今週ずっとトレーニングしてきたなかで、良い動きをしているなと感じていたのがひとつの理由。また、達也に関してもですが、彼らの攻撃的な質を私は評価した上で、攻撃的にそして勝利するために起用しました」
(柏木は練習では2シャドウの一角が多かったが、山田直と同時に起用する際のポジションはどう考えているか?)
「私が広島を率いたときも同じような質問を受けましたが、私の考えでは基本的にサッカーというのはどのポジションに入ったとしても、トップ下でも中盤のディフェンシブなポジションであっても、大きな差はないと思っている。だから、陽介がディフェンシブなポジションをやろうと、直輝がトップ下をやろうと、私はそれほど差はないと思います。
もちろん、試合の中で彼らが流れの中でポジションを変えられるようなことができれば、チームとしてひとつ前進できたと思いますが、シャドウなのかディフェンシブなのか、そういった違いは私はそう大きくはないと思います。
ただ、そういった誰がどこのポジションをやっていくかに関して言えば、サッカーの上ではプロセスであると私は感じています。各選手たちがいろんなポジションをできるようになっていくには、プロセスを踏んでいかなければならないし、それができるようになっていってほしいと思います」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「まだまだ足りないところはある」ミシャ監督

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!