ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

試合速報

2012 Jリーグディビジョン1 第4節
2012年03月31日(土) 15:03 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 25743人 家本 政明

浦和レッズ

試合終了


川崎フロンターレ

10分 ポポ

59分 矢島 卓郎
57分 矢島慎也→マルシオ リシャルデス
62分 鈴木啓太→山田暢久
76分 ポポ→濱田水輝

HT 山瀬 功治→矢島 卓郎
85分 小松 塁→小林 悠
26分 鈴木啓太
61分 槙野智章
71分 阿部勇樹
74分 阿部勇樹
80分 槙野智章

76分 中村 憲剛
74分 阿部勇樹
80分 槙野智章

 18 加藤順大
 27 安藤 駿介
 2 坪井慶介
 17 永田充
 20 槙野智章

 3 田中 裕介
 5 ジェシ
 33 森下 俊
 8 小宮山 尊信
 14 平川忠亮
 13 鈴木啓太
 22 阿部勇樹
 7 梅崎司
 8 柏木陽介
 29 矢島慎也

 14 中村 憲剛
 19 柴崎 晃誠
 6 田坂 祐介
 13 山瀬 功治
 16 ポポ

 10 レナト
 17 小松 塁
 1 山岸範宏
 26 濱田水輝
 6 山田暢久
 3 宇賀神友弥
 27 小島秀仁
 10 マルシオ リシャルデス
 24 原口元気

 29 高木 駿
 2 伊藤 宏樹
 4 井川 祐輔
 20 稲本 潤一
 16 楠神 順平
 9 矢島 卓郎
 11 小林 悠
4
21
13
3
6
11
16
9
1
1
1
1
0
0

試合後コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督
私のチームは今日、どうしても勝ちたい、そういうゲームでした。もちろん川崎というのは素晴らしいチームです。我々は立ち上がりから良い形で入れたと私は見ています。そんな中から我々は1-0でリードしたわけですが、もし前半に柏木陽介がもう1点取っていれば試合というのはまったく違った展開になったと思います。
ハーフタイムに選手に言ったことは、後半、我々がもう1点を取りにいかなくてはいけないということです。ただ、後半に入って、押し込まれる中で少し自陣の低い位置にいすぎたのかなという感じはします。ボールを奪ってから前に攻撃に出なくてはいけないのですが、そこで後ろから飛び出していくことができなかった、もしかしたら選手たちは非常に疲れていた中で、攻撃に転じるだけの力が残っていなかったかもしれない、そういう中で川崎に主導権を与えてしまいました。
1人目の阿部の退場、そして2人目の槙野の退場と、2人少なくなっていった状況の中で、我々は川崎の攻撃を一方的に受ける状況になってしまったわけですが、選手たちはこのホームでどうしても勝ち点を取りたいという強い気持ちをもって、最後まで戦ってくれたと思います。
川崎の攻撃的な10人(のフィールドプレーヤー)に対して、8人の我々は非常に良いディフェンスをしてくれたと思いますし、その彼らの強い気持ち、なんとしてでも負けないというその気持ちが最終的に1ポイントというものを勝ち取った、そこにつながったと思います。最終的に、そういったディフェンスの部分を見れば、取るべくして取った1ポイントでした。開幕してからここまでの試合で、選手たちは毎試合、強い気持ちを前面に出して戦ってくれています。もちろん我々は攻撃的な選手にケガ人が出てきた中、あるいはケガ人が徐々に戻って来る中、選手が全員そろわない状況でも、みんなが戦うことでその部分を補っています。攻撃的な、クリエイティブな選手がチームに帰ってくれば、もう少し良い形に攻撃も見せられるかと思っています。チーム事情が厳しい中ですが、選手たちはそういった部分を、戦う気持ち、絶対に勝つんだという気持ちでカバーしてくれている。ここまでの試合で7ポイントというのは、こういった状況の中では良い7ポイントなのではないかと私は思います。
そして、私はこの場を借りてサポーターの皆さんに、本当に感謝の言葉を述べたいと思います。サポーターの皆さんは、我々のチームが戦っている姿を見て、それを後押ししたいと思ってくれている、そして実際に最後の最後まで後押しをしてくれている。そのサポーターの皆さんに私は感謝したいと思っています。

相手チームコメント

相馬 直樹 監督
今日は風と雨の悪天候の中、さいたままでたくさんの川崎のサポーターの方に来ていただいて、その中で勝ちをプレゼントできなかったんですが、選手たちは粘り強い戦いの中で、最後、もうちょっとで勝てるというゲームまで良くやってくれたなと思っています。そこの後押しを含めて、いつもながらですが、サポーターの皆さんに感謝したいと思っています。ゲームの方ですが、風と雨ということでなかなか普通のゲームはできないかなと思っていましたが、思ったよりしっかりボールが動いて、というゲームになりました。
その中で、今年のレッズの戦い方を見たときに、先に取られたらきついなと思っていたんですけれども、そういう中で取られてしまい、ちょっと苦しい展開になったと思っています。リードされたときにあわてて攻め急いでというのが、自分のチームには多いところがありましたので、その中、よく本当に後半、追いついたなというふうに思っています。そこをあわてずしっかりボールを動かしながらゴールにつなげたこと、引いた相手からゴールを奪えたことというのは、非常に我々にとっては今後につながる大きな部分だったと思っています。
ただ、それ以降の、退場があってからそこで取り切らなければいけないところもありましたが、我々にとっては、一番上を目指す上で、連敗はしない、という中で、アウェイで勝ち点を持って帰ること、これをプラスになるように、今後、つなげていきたいと思います。

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!