ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

クラブインフォメーション

11.02.02


レッズレディース現役引退選手のお知らせ

2010シーズン、レッズレディースに在籍しておりました森本麻衣子、木原梢、北本綾子、窪田飛鳥、堀田えり子、松田典子の6選手が現役を引退することとなりましたので、お知らせいたします。
これまで共に戦ってきた6人の引退は、本当に残念ですが、クラブは、彼女たちの下した決断を尊重し、次のステージでの活躍を、心から願っています。
森本麻衣子、木原梢、北本綾子、窪田飛鳥、堀田えり子、松田典子の6選手、今まで本当にありがとう。そしてお疲れ様でした。

◆森本 麻衣子 (もりもと まいこ)
1983年7月25日(27歳) DF 158cm/54kg
東京都出身
<出場歴>リーグ戦通算68試合出場1得点

森本麻衣子コメント
「6年間レッズで一番思い出に残っているのは、得点した昨シーズンの試合が一番印象に残っています。デビュー戦はあまり覚えていないのですが、最初のころはメンバーに入れても試合に出られないことがすごく多くて、2~3年はベンチの外から中の試合を眺めていたイメージがすごくあります。コンスタントに試合に絡めることがないまま、今まできましたが、最近では絡めるようになってきて、自分のペースがつかめるようになりました。最初の年から年々自分の特長、自分はここで生かされる部分をつかめてきたので、それにだけ必死にやってきたという印象が自分ではあります。
次に向かってやりたいことはありますが、一度ここで気持ちの区切りをつけたいと思い引退を決めました。毎年、実力的なことや総合的なことで、引退のことを考えてはいました。応援してくれている方には、本当に申し訳ないと思いますが、今年は一番大きなタイミングを自分の中で感じました。27歳になってこれ以上チームでやっていく上で、チームに対して自分がやれることであるとか、経験であるとか、試合の中でベテランとしての示せることとか、そういうことがこれ以上の年齢になると求められてくると思うし、そういったことを考えても自分は厳しいと感じました。それでも、チームにできることがまったくないとは思わないですが、できることが少なくなってきていると思ったのが理由です。あとは個人的にやりたいことがあったというのも理由のひとつです。今後は、裏方的な立場でスポーツに関わっていきたいと思っています。今は、その勉強をしたいと思い模索中です。
自分の実力だけではここまで来ることができなかったと思っています。サポーターの方々、会社で応援してくれた方々、フロントの方々、近くにいて支えてくれている人たちの少しずつの力があって、こんなに長くレッズレディースにいられ、試合に出られたことに結び付きました。
今回引退を決めることをそういう方たちとなかなか話す機会がなかったですが、そういった方たちの反応であるとか、今まで応援してくれた方々を思うといろいろ迷いました。自己中心的になりますが、レッズレディースでプレーできたことはすごく幸せなことでした。感謝をしていますし、今後、それに報いていけるかといったら、なかなか直接は難しいと思いますが、別の形で感謝の気持ちを伝えていければいいなと思っています。本当に自分の力だけではここまで来ることはできませんでした。ありがとうございます」


◆木原 梢 (きはら こずえ)
1980年9月17日(30歳) MF 161cm/51kg
福岡県出身
<出場歴>リーグ戦通算63試合出場4得点

木原梢コメント
「私はさいたまレイナスのときから在籍していて、レッズレディースになってからサポーターの数がすごく増えていったことが印象に残っています。サポーターの数だけではなく、身近で実際にサポートしてくれる人の数もどんどん増えていきました。
また、レッズレディースになると、選手が不自由なくサッカーに集中できる環境を整えてくれたことにも感謝しています。
レッズレディースでは、うれしい思いや悔しい思いもたくさんありましたが、チームメートや仲間、サポートいただいた皆さん、いろいろな人に出会えたことがとても大きな財産になりました。その財産を何に生かせるかはまだ分かりませんが、どんな形ででもお世話になった方たちに恩返しをしていきたいです。
試合に出ているときも出られないときも、ファン・サポーターの皆さんは、頑張れと声をかけてくれたことにとても感謝しています。
私はサッカーから離れますが、これからも変わりなくレッズレディースの応援よろしくお願いします。」


◆北本 綾子 (きたもと あやこ)
1983年6月22日(27歳) FW 164cm/57kg
北海道出身
<出場歴>リーグ戦通算112試合出場56得点 代表戦通算17試合出場4得点

北本綾子コメント
「2010シーズンが始まってすぐに、サッカーを続けるかどうかということを考え出していて、いろいろと葛藤しながら、それでも前向きにやっていこうという気持ちでやっていました。ただ、最後、こういう引退という結論を出したというのは、体のほうはまだできる状態なので、自分の弱さによる結果なのかなと思います。それはもう、自分の問題、それだけです。毎回、応援してくださっているサポーターの皆さんには本当に申し訳ないと思っています。
昨年はどの大会も優勝できなかったですし、リーグも、最後の選手権もそうですが、一つくらいは優勝したかったという思いはありました。ただ、そういう中でも、次のシーズン、ということになると、なかなか、そこまで気持ちがいかなかったです。こういう結果のまま、という気持ちもありました。
今は次のことを考えている段階です。なりたいものというのは特にないのですが、やりたいことというのはたくさんあります。やりたいことをいっぺんにやってしまったらすべてが中途半端になってしまうと思うので、まず、今挑戦してみたいことがあるので、それをやる方向で考えています。
今、振り返ると、当たり前のように毎日、一緒にロッカールームに集まって、グラウンドに慌ただしく出て行く、そういう日々がもうないんだな、って思って。懐かしいなと思います。そういう毎日の生活が思い出ですね。それとやっぱり、忘れられないのは、サポーターの方々です。まるで自分のことのように喜んでくれたり、自分のことのように悔しがってくれたり。もしかしたら、自分たちの悔しがり方が足りないんじゃないかと思うくらい、悔しさを出してくれたりとか…。そういうのは、忘れられないですね。毎回毎回、スタジアムに来てくれるサポーターの方もいましたし、レイナスのころからいらしてくれた方もいます。レッズになってもずっと応援してくれている方もいました。レッズになって、新しく女子サッカーを知ってくれて、たぶん初めて見に来て今後も応援していこうって思ってくれた、そういう方もたくさんいたと思います。もうこれ以上、感謝の気持ちをこれ以上プレーで表せないのは、すごく寂しいですが、今は感謝の気持ちで本当に、いっぱいです。決断した以上は、今まで応援してくださったぶん、皆さんへの感謝の気持ちは決して忘れずに、次に自分がやるべきことを頑張っていきたいと思います。今まで本当にありがとうございました」


◆窪田 飛鳥 (くぼた あすか)
1985年7月1日(25歳) FW 164cm/60kg
埼玉県出身
<出場歴>リーグ戦通算51試合出場13得点

窪田飛鳥コメント
「サッカーを続けるかということについて、ここ1、2年はいろいろ考えていたということが実際にありました。ここ数年は1年、1年、勝負という思いでやっている中で、2010シーズン、1年やって、もうおしまいにしようと思いました。気持ちが、切れてしまったというのが、一番の理由だとは思います。サッカーが好きで、サッカーが好きじゃなくなって終わってしまうのは嫌なので、サッカーが好きなうちに、と思いました。やり残したことも、思えばいろいろとあるのかもしれないです。でもこれからは、次に進む決断をしたんだと自分では思っています。
チームにはシーズン途中(2006年9月)に入ったのですが、みんな快く迎えてくれ、本当に仲良くしてもらいました。年上も年下も本当に仲がいいチームで、楽しくできたということが一番の思い出です。
小さいころから浦和レッズが好きでしたし、そのユニフォームをレッズレディースで着ることができたというのは本当にうれしかったです。今後についてはまだこれから、やりたいことを探していこうと思っているところです。
約4年半、つらいときも負けているときもいつも応援し続けてくれたのは、自分の力にもなりましたし、チームの力にもなりました。そのおかげでリーグ優勝もできたと思います。本当に皆さんに感謝しています。そして、これからも地元の浦和レッズと浦和レッズレディースを私自身、応援していきたいと思っています」


◆堀田 えり子 (ほった えりこ)
1984年8月2日(26歳) FW 159cm/50kg
神奈川県出身
<出場歴>リーグ戦通算11試合出場2得点

堀田えり子コメント
「昨年、シーズンが始まるときに、今シーズン、全力でやってその後はそのときの気持ちで決めようと考えていました。そして、まず目の前のことをやっていく中で、徐々にレッズレディースではもうやらないことを決めつつありました。サッカーを続けるかどうか、ということについても最後まで迷いました。今後は、なでしこリーグとかそういうレベルでのサッカーはやらないと決めました。
会社の方では、今の仕事を続けさせてもらえることになっています、仕事が終わってからの練習がこれからはない、ということになります。もともとはサッカーが純粋に好きでやっていましたが、そういう気持ちが薄れつつあるな、というのもありました。それで、今回は、移籍も考えましたが、最終的にサッカーを続けないという決断をしました。多少、悔いはあります。悔いがないといったら嘘になります。今後についてはまだ何も決めていませんが、徐々に何か自分がやりたいことが見つかればいいなと思います。
チームの一員として、優勝を経験させてもらったことは強く印象に残っています。自分がどれだけ貢献できたかは別として、その場にいられたというのはすごくうれしかったです。そしてレッズレディースに来て一番、印象的だったのはファン・サポーターの方々の熱意というか、チームがよくないときでも全力で応援してくれて、後押ししてくれる。それは正直すごいなと思いました。それと自分がチームに来て最初のレッズフェスタです。こんなにたくさんの方が来るんだと、驚きました。
自分自身、試合に出ることは少なかったですが、練習や練習試合でもレッズランドまでサポーターの方が応援に来てくださって、声もかけてくださいました。試合でマッチデーを配っているときもたくさんの方が声をかけてくださいました。いろんな方々に支えられてここまでやってこられたと思いますし、感謝の気持ちでいっぱいです。その支えがなかったとしたら、多分ここまでやれていなかったとも思っています。4年間、本当に応援ありがとうございました」


◆松田 典子 (まつだ のりこ)
1986年11月19日(24歳) FW 164cm/54kg
東京都出身
<出場歴>リーグ戦通算54試合出場12得点

松田典子コメント
「レッズレディースが始まった2005年に加入しました。私は途中で出場することが多かったのですが、途中から出場するとき、背中を押してくれるコールをしてくれました。言葉に表すのは難しいのですが、体の中からぐっとくるような力をいただき、ゴールを決めることができ、いい結果を出せたこともありました。6年在籍しましたが、サポーターのすごさを感じることができて、そういう中でサッカーができたことが一番の思い出です。
1年目は全然、試合に出ることができませんでした。デビュー戦はアウェイで途中出場でした。緊張とわくわくしたのを覚えています。2年目になって、やっとスタメンで試合に出ることができました。
2010年の1年間、レッズレディースでやってきた6年間をすごく考えることが多かったです。2009、2010シーズンは苦しかったです。2009年は出場機会がほとんどなく、そこで一度、自分の中で複雑な気持ちになって、自分の選手としての存在価値を考えるようになりました。プレーする機会がなくなると、サッカー選手としていろいろと考えるのは当然なことだと思います。そういう中で長い期間、自分を振り返り、現実を考えました。そして、自分の中で引退という決断を決めて、まわりの人に伝えました。
朝から夕方まで100パーセントの仕事をして、サッカーになったらサッカーを100パーセントすることを心がけていました。サッカーと仕事を両立するということではなく、両方とも手を抜くことなく、全力でやってきました。
今後、自分の中でやりたいことは明確にありますが、具体的には決まっていません。目標を達成するために自分でいろいろと学んでいきたいと思っています。
最初から、浦和レッズレディースが最初で最後という気持ちがありました。サポーターを含め、クラブにも感謝の気持ちがいっぱいです。勝ったとき、負けたとき、どんなときでも、本当に心の底から私たちを応援してくれて、それが力になっていました。心から感謝いたします」

レッズレディース現役引退選手のお知らせ レッズレディース現役引退選手のお知らせ レッズレディース現役引退選手のお知らせ レッズレディース現役引退選手のお知らせ レッズレディース現役引退選手のお知らせ レッズレディース現役引退選手のお知らせ レッズレディース現役引退選手のお知らせ

クラブインフォメーション一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!