ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

試合速報

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第9節
2015年08月29日(土) 18:30 KICK OFF
日産スタジアム 33467人 佐藤隆治

横浜F・マリノス

試合終了


浦和レッズ

28分 中村 俊輔
33分 齋藤 学
59分 齋藤 学
64分 ファビオ

68分 中村 俊輔→喜田 拓也
89分 伊藤 翔→栗原 勇蔵

HT 宇賀神 友弥→ズラタン
65分 興梠 慎三→青木 拓矢
90+4分 関根 貴大→高木 俊幸
56分 中村 俊輔
80分 飯倉 大樹

35分 宇賀神 友弥

 21 飯倉 大樹
 1 西川 周作
 13 小林 祐三
 22 中澤 佑二
 5 ファビオ
 23 下平 匠

 46 森脇 良太
 4 那須 大亮
 5 槙野 智章
 8 中町 公祐
 6 三門 雄大
 39 アデミウソン
 10 中村 俊輔
 11 齋藤 学

 24 関根 貴大
 8 柏木 陽介
 22 阿部 勇樹
 3 宇賀神 友弥
 7 梅崎 司
 19 武藤 雄樹
 16 伊藤 翔

 30 興梠 慎三
 1 榎本 哲也
 4 栗原 勇蔵
 15 比嘉 祐介
 28 喜田 拓也
 29 天野 純
 25 藤本 淳吾
 17 端戸 仁

 15 大谷 幸輝
 17 永田 充
 16 青木 拓矢
 33 橋本 和
 20 李 忠成
 21 ズラタン
 31 高木 俊幸
14
11
15
5
5
3
9
14
1
2
2
2
0
0

試合後コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督
「こういった試合の後で多くを語ることは、何も我々のチームの助けになりません。今日は立ち上がりからマリノスさんの方が、より走り、出足が良く、セカンドボールや球際のところで、我々を上回っていたと思います。その中でセットプレーから失点し、自分たちの選手が競り負けるような形から2失点目をしてしまいました。出来の悪いゲームで2失点してしまうと、その後のゲーム展開は難しくなります。

今日は特に前半、イージーなミスが多く、これまでにないくらい、ボールが前に運べないような展開になりました。2点リードされていることもあり、よりリスクを負って得点をしようとして、後半に臨みました。

3点目を取られるまでは、我々が得点できそうな形はいくつか作れていました。その中で、ミスをして危険な形でボールを奪われ、カウンターから3点目を取られてしまいました。その時点で、試合の勝敗は若干決まってしまったかなと思います。

広島戦、名古屋戦での敗戦の方が、我々にとって悔しいものでした。今日の敗戦も悔しいですが、今日は相手が我々を上回り、良い戦いをして勝利をした、そして我々が相手より劣っていたゲームでした。シーズンの中では、必ずこういうゲームがあるでしょう。負けは負けとして認め、自分たちは反省を生かし、切り替えて、次につなげることが大事だと思っています。

26節を戦って、3試合目の敗戦というのは、決して悪い数字ではないと思います。今日の試合で広島が勝利したとしても、年間の勝ち点では並んでいます。こうした敗戦の後に、バタバタとパニックを起こすことは、決していいことではありません。しっかりと落ち着いて分析をして、次の試合に向かっていくことが、自分たちには必要だと思っています。

多くを語る必要は無いでしょう。今日は相手がベターな戦いをして勝利したゲームであり、相手を賞賛し、我々は次に向かっていくだけです」

相手チームコメント

エリク・モンバエルツ監督
「非常に難しいゲームでしたが、前半は素晴らしいパフォーマンスを出せました。相手の方がチャンスは少なかったですし、おそらく浦和よりもポゼッションは低かったと思います。ただ、我々の方がより前に速く攻撃を仕掛けていました。

ゲームプランが上手くいって先制できて、その後のゲーム展開がやりやすくなりました。守備も効果的にパフォーマンスを発揮できていました。浦和が前に出てきて、空いたスペースを有効に使えていました。4-0でGKと1対1になったチャンスも作れましたし、相手のチャンスを少なくした点でパーフェクトなゲームでした。浦和も素晴らしいチームでしたが、今日は横浜F・マリノスの方が強いチームでした」

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!