ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

試合速報

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第2節
2015年03月14日(土) 15:04 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 40802人 家本政明

浦和レッズ

試合終了


モンテディオ山形

83分 阿部勇樹

HT 青木拓矢→武藤雄樹
62分 興梠慎三→高木俊幸
68分 梅崎司→関根貴大

61分 宇佐美 宏和→舩津 徹也
72分 山崎 雅人→川西 翔太
86分 松岡 亮輔→伊東 俊


 1 西川周作
 1 山岸 範宏
 46 森脇良太
 4 那須大亮
 5 槙野智章

 17 當間 建文
 4 西河 翔吾
 13 石川 竜也
 7 梅崎司
 16 青木拓矢
 22 阿部勇樹
 3 宇賀神友弥
 11 石原直樹
 8 柏木陽介

 26 宇佐美 宏和
 7 松岡 亮輔
 5 アルセウ
 15 宮阪 政樹
 22 キム ボムヨン
 30 興梠慎三

 30 山崎 雅人
 11 ディエゴ
 15 大谷幸輝
 2 加賀健一
 13 鈴木啓太
 33 橋本和
 24 関根貴大
 31 高木俊幸
 19 武藤雄樹

 16 兼田 亜季重
 2 舩津 徹也
 9 中島 裕希
 10 伊東 俊
 29 川西 翔太
 8 林 陵平
 18 萬代 宏樹
14
4
10
11
7
0
19
14
2
0
2
0
0
0

試合後コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督
「非常に難しいゲームになることは、試合前からわかっていました。相手は守備ブロックを作って我々に対して構え、ボールを奪って速攻を狙うというゲームになると思っていました。そうした相手の守備ブロックを崩していくのは簡単なことではありません。

前半は相手がフレッシュな状態の中で、なかなかうまく攻撃を仕掛けることができませんでした。あるいは、我々が縦のボールを入れて攻撃を仕掛けたときに、ボールがうまく収まらずに奪われてしまうという展開になりました。

前半は我々の思うような形が出せませんでしたが、相手もチャンスらしいチャンスは作れていませんでした。それは、我々の切り替えが早かったのだと思いますし、前向きに捉えていいと思います。

当初のゲームプランから、後半には相手の足が止まってきて、スペースが空いてくるだろうと予測していました。前半の終わりくらいから相手の足は少し止まってきていて、後半、時間を追うたびに、スペースができてきました。そういう中で、我々はボールをしっかりと動かしながら自分たちの攻撃の形を作れていたと思いますし、チャンスもいくつか作れていました。そういう中で素晴らしいゴールが生まれて勝利できたことは、非常に良かったと思っています。それに加えて、得点が生まれない中でも我慢をしながらプレーできていたこと、守備の部分でも集中して続けられたことも良かったこととして挙げられます」

相手チームコメント

石崎信弘監督
「第2節のアウェイの浦和戦でしたが、まずはしっかり守備から入るようにしました。選手もがんばってくれたと思いますが、ボールを奪った後の攻撃の精度やアイデアは、J2ではない部分が多々あったと思います。そういうところを改善していかないと、なかなかシュートまで持ち込めません。失点のシーンは、我々のクリアボールから阿部選手の素晴らしいミドルシュートが入りましたが、ディフェンスのところに関しては、選手たちは自分たちの役割をこなしてくれたと思います。J1になるとあのようなシュートや、前節も一人少ない中で仙台のウイルソン選手にやられましたが、そういうことが起きてきます。大変残念な結果でしたが、選手のがんばりと、これから自分たちが何をしていかなければいけないかを、試合をやりながら改善していきたいと思います」

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!