ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

試合速報

2014 Jリーグディビジョン1 第18節
2014年08月02日(土) 19:04 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 26494人 松尾 一

浦和レッズ

試合終了


ヴィッセル神戸

17分 興梠慎三
90+3分 那須大亮

62分 河本 裕之
69分 高橋 峻希
63分 鈴木啓太→青木拓矢
65分 平川忠亮→関根貴大
76分 森脇良太→李忠成

64分 橋本 英郎→高柳 一誠
64分 杉浦 恭平→シンプリシオ
83分 マルキーニョス→岩波 拓也
32分 柏木陽介

37分 大屋 翼
52分 高橋 峻希
55分 増川 隆洋

 21 西川周作
 22 山本 海人
 46 森脇良太
 4 那須大亮
 5 槙野智章

 5 河本 裕之
 14 増川 隆洋
 15 大屋 翼
 14 平川忠亮
 13 鈴木啓太
 22 阿部勇樹
 3 宇賀神友弥
 8 柏木陽介
 7 梅崎司

 27 橋本 英郎
 20 杉浦 恭平
 25 奥井 諒
 2 高橋 峻希
 13 小川 慶治朗
 10 森岡 亮太
 30 興梠慎三

 18 マルキーニョス
 18 加藤順大
 17 永田充
 26 関根貴大
 16 青木拓矢
 6 山田直輝
 11 関口訓充
 20 李忠成

 30 徳重 健太
 19 岩波 拓也
 4 北本 久仁衛
 26 高柳 一誠
 6 シンプリシオ
 17 松村 亮
 11 田代 有三
12
7
7
19
3
1
8
9
2
4
0
0

試合後コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督
「我々は今日のゲームをどうしても勝ちたいという思いで戦っていました。アディショナルタイムに同点に追いつきましたが、引き分けという結果に対しては残念な気持ちです。

前半はいつも通り、素晴らしい展開のサッカーができたと思いますし、そうした中で1-0でリードできました。しかしここ最近に問題である2点目を、チャンスがありながら取れないという展開の中で試合が進んでしまいました。そしてCKから失点をして、追いつかれてしまいました。1-0でリードしながら2点目が取れない展開が続くと怖さも出てきますし、セットプレーでタイミングがあってしまえば防ぎきれません。やはり、2点目を取れないという展開が試合を難しくしてしまったと思います。

1-1になり、攻撃を仕掛けて2点目を取りにいくなかで2失点目を喫してしまいましたが、1-2になってからは非常に難しい展開となりました。相手はリードを守りきるという意図のもと、フィールドプレイヤー全員が自陣にしっかりと引いて守ってきましたが、そうした中で選手たちは非常に良く戦い、同点に追いついてくれたと思います。試合の結果とはあまり関係のないことですが、我々が2点目を取ったのはアディショナルタイムでした。4 分のアディショナルタイムの中で得点したということで、もう少しアディショナルタイムを長く取っても良かったのではないかという思いはあります。しかしレフェリーは最後のCKを蹴らせてもらえませんでした。少し疑問に残るところもありますが。決して結果に影響があったと私自身は言いませんが、そうしたことは非常に残念だと思っています。

引き分けという結果に対しては、我々も満足はしていません。そのことについては私たち自身もしっかりと反省をしなければいけないと思っています」

相手チームコメント

安達 亮監督
「試合前から主力メンバーが出場停止で欠けていて、暑さもあり、相手は首位の浦和ということで、今シーズン初めて守備的に入ろうとして、この1週間準備して試合に入りました。残念ながら相手の一番得意とする形で失点してしまいましたが、我々の攻撃力を考えると、1点は返せるだろうという変な自信もありました。前半を0-1で終われば、後半に何とかなるかなとは思っていました。その通り、後半は守備のやり方を前掛かりにしてうまく逆転するところまでいったのですが、最後の逃げ切るところでアディショナルタイムに失点してしまいました。悔しいですが、それも実力だと思います。最後に終わらせられないというゲームが今シーズン何試合かあるのですが、その辺の微調整をして、後半戦の残り16試合を勝ち点が取れるように頑張ります」

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!