ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

試合速報

2014 Jリーグディビジョン1 第7節
2014年04月12日(土) 15:04 KICK OFF
豊田スタジアム 19505人 今村 義朗

名古屋グランパス

試合終了


浦和レッズ

10分 永井 謙佑

64分 原口元気
90+5分 興梠慎三
HT 磯村 亮太→中村 直志
61分 本多 勇喜→松田 力
73分 枝村 匠馬→玉田 圭司

75分 柏木陽介→鈴木啓太
79分 宇賀神友弥→関根貴大
45+2分 永井 謙佑
81分 永井 謙佑

27分 梅崎司
65分 阿部勇樹
81分 永井 謙佑

 1 楢崎 正剛
 21 西川周作
 6 刀根 亮輔
 2 大武 峻
 4 田中 マルクス闘莉王
 15 本多 勇喜

 46 森脇良太
 4 那須大亮
 5 槙野智章
 38 枝村 匠馬
 13 磯村 亮太
 8 ダニルソン
 10 小川 佳純

 7 梅崎司
 8 柏木陽介
 22 阿部勇樹
 3 宇賀神友弥
 9 原口元気
 30 興梠慎三
 16 ケネディ
 18 永井 謙佑

 20 李忠成
 50 高木 義成
 7 中村 直志
 20 矢田 旭
 28 田口 泰士
 19 矢野 貴章
 17 松田 力
 11 玉田 圭司

 18 加藤順大
 12 濱田水輝
 13 鈴木啓太
 16 青木拓矢
 14 平川忠亮
 6 山田直輝
 26 関根貴大
11
15
15
4
3
5
17
15
3
2
2
2
0
0

試合後コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督
「簡単なゲームではありませんでしたし、非常にストレスの大きい試合でした。もちろん両チームにとって内容のある、いいゲームであったと思います。特に前半は我々は非常に多くのチャンスを作ったと思いますが、そういう中でそのチャンスを生かして得点することができませんでした。そういうことをしていると、失点をして、さらにリードを広げられてしまうということが、サッカーではよく起こります。前半の立ち上がりアンラッキーな形でリードを許して、しかしその後はしっかりと落ち着いて自分たちの攻撃は仕掛けられたと思います。非常に真ん中、サイドとバリエーション多く仕掛けられていたのですが、ただ得点が取れませんでした。なぜ得点を取るのにあんなに多くのチャンスが必要なのか、私自身答えがなかなか見出せないですが、とにかくそのような形で前半は終わりました。やはりチャンスを多く作られても失点しないという状況が続いていくと、相手チームは落ち着きます。その中でも我々は得点して、最終的に我々は勝ったわけですけども。最後まで諦めずに攻撃を仕掛けたことが得点につながったと思いますし、勝利に値するゲームではあったと思います」

相手チームコメント

西野 朗監督
「ディフェンス面で相手にポゼッションを取られはしましたが、前節の課題を修正していたこともあって、うまく対応できていました。しかし、攻撃に転じる時の迫力や鋭さが少し足りませんでした。もっとこちらの圧力があれば、相手の勢いをさらに抑えることができたと思います。

やはり攻撃を仕掛ける際のリアクションが少ないように感じます。今日は永井を投入して、スペースを狙ったり、彼のプレースタイルを生かそうとしましたが、それでもまだ足りませんでした。よく粘ったゲーム展開をしていたように見えましたが、結末は残念な結果になりました。

先週の修正がある程度効いていましたが、試合の中で様々な面でダメージがありましたし、数的不利な状況もあったので、残念ながらゴールを守りきることはできませんでした」

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!