MENU

試合結果

AFCチャンピオンズリーグ2016 MD3
2016年03月16日(水) 19:30(現地時間) KICK OFF
広州天河体育中心 48816人 モハメド・アブドゥラ・ハッサン

広州恒大

試合終了


浦和レッズ

6分 リカルド グラル
14分 リカルド グラル

30分 武藤 雄樹
89分 興梠 慎三
70分 フアン ボーウェン→ユー ハンチャオ
70分 ジョン ロン→リュウ ジエン
90分 リカルド グラル→ガオ リン

62分 青木 拓矢→李 忠成
62分 武藤 雄樹→興梠 慎三
78分 宇賀神 友弥→駒井 善成
84分 ジョン ジー

5分 ズラタン リュビヤンキッチ
75分 森脇 良太

 19 ゾン チョン
 
 1 西川 周作
 
 3 メイ ファン
 6 フォン シャオティン
 35 リー シュエポン
 
 5 槙野 智章
 6 遠藤 航
 46 森脇 良太
 
 8 パウリーニョ
 10 ジョン ジー
 12 ワン シャンユエン
 16 フアン ボーウェン
 27 ジョン ロン
 
 3 宇賀神 友弥
 7 梅崎 司
 10 柏木 陽介
 16 青木 拓矢
 22 阿部 勇樹
 
 9 ジャクソン マルチネス
 11 リカルド グラル
 
 9 武藤 雄樹
 21 ズラタン リュビヤンキッチ
 
 32 リュウ ディエンズオ
 33 ロン ハオ
 17 リュウ ジエン
 4 シュ シン
 18 リー ユエンイー
 20 ユー ハンチャオ
 29 ガオ リン
 
 15 大谷 幸輝
 4 那須 大亮
 33 橋本 和
 18 駒井 善成
 13 高木 俊幸
 20 李 忠成
 30 興梠 慎三
 







試合後コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督
「昨日、試合前の記者会見でもコメントした通り、2つの非常に強いチームによる、非常に厳しい、ハードな戦いになると予想していた通りの、非常に厳しいゲームになりました。

試合の入りは、決して悪くなかったと思います。ただ、開始4分に、相手にPKを与えてしまい、その後からは少し、動揺が見られてしまったと思います。相手は1-0とリードした後、アグレッシブに、我々に対してプレッシャーをかけてきましたし、我々のチームは、相手との球際での競り合いで負ける場面が多く、その中で、2失点目をしてしまいました。その後、CKで、相手GKのミスから得点できたことは、非常に幸運だったと思います。

試合前のミーティングでは、選手たちに、セットプレーのシーンは非常に気を付けなければいけないと、伝えました。なぜなら、セットプレーの場面は、よくあるんですが、ホーム側のチームにPKが与えられる場面が非常に多いです。だからこそ、そこには注意を払うように、選手に伝えていました。ああいったセットプレーの競り合いのシーンでは、守備側のファウルになるのか、攻撃側のファウルなのかは、非常に微妙なところです。それはレフェリーのジャッジの、十分なさじ加減で決められる部分だと、認識しています。選手たちには気を付けるように言っていましたけれども、それが起こってしまいました。ただ、サッカーというものは、そういうことが起こると、どこかで還ってくると思っています。それが、我々がCKで得たゴールだったと思います。

今日のゲームは、広州にとって、非常にプレッシャーのかかったゲームだったと思います。同時に、今日のゲームで笛を吹かなければいけないレフェリーにとっても、非常にプレッシャーのかかるゲームだったと思います。

1-2になってから、我々は攻撃の組み立てのやり方を少し変えました。後ろを3枚で動かしながら、5枚の選手が前に張り出す形でポジションを取らせ、加えてサイドの右と左に1枚ずつ配置して、攻撃の組み立ての型を変えたことで、ゲームの組み立てが落ち着き、我々の戦い方ができるようになったと思います。それが前半の、残り15分くらいからだったと思います。

後半に入ってからは、我々がより攻撃的に、試合を進められたと思っています。そして、2-2に追いつく前にも、得点になってもおかしくないシーンがいくつかありました。我々が勇気を持って攻撃をすることによって、得られた2点目のゴールだったと思いますし、運動量の部分で、後半は相手を上回れたと思っています。最終的に、2-2に追いつけたことは、我々のチームにとって、選手のがんばりが報われた形になったと思います。次のMD4では、ホームで広州と戦います。次も我々にとって、非常に難しく厳しいゲームになることは変わりないでしょう。相手の外国籍選手である9番、11番は、非常に質の高い選手です。次のゲームも、非常に難しいゲームになるでしょう。

我々のグループは、死のグループと言っていいでしょう。4チーム中3チームが、AFCチャンピオンズリーグの中でチャンピオンになったことがあるグループだからです。今日はシドニーが浦項に勝ちました。シドニーが6ポイントで、リードしているような状況で、グループステージが進んでいます。残り3試合ありますけど、シドニーが6、我々が4、浦項が4、広州が2という状況です。残り3試合で、どのチームがどのチームに勝利し、どのチームがグループステージを勝ち上がるのかは、まだまだ分かりません。そういう厳しいグループステージであることは間違いありません」

相手チームコメント

ルイス・フェリペ・スコラーリ監督
「いろいろチャンスはありましたが、2対2の引き分けは合理的な結果でした」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ