ENGLISH SITE

  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス

経営情報

2015シーズントップチームは、リーグ戦では1stステージを無敗で優勝し、年間でもリーグ初制覇を果した 2006シーズンと同じ勝ち点72ポイントを獲得、得失点差でもプラス29と、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任して以降、最も良い成績を収めました。これまで積み上げてきたものに、新たな戦術も加わって内容も改善され、チームは確実に成長したと言えます。
ただ、当初の目標には一歩及ばず、リーグ戦では3位、天皇杯では準優勝となりました。浦和レッズにかかわるすべてのみなさまから大きな期待とサポートを受けながら、主要タイトル獲得を実現できず、大変悔しい結果となりました。
クラブは、対話に基づく安全なスタジアムづくりや、新たな取組みを含む快適なスタジアムづくりを継続しました。 差別撲滅に向けた取り組みについては、提携する国連の友アジア−パシフィックと共にSPORTS FOR PEACE! DAY の実施等を継続し啓発活動を行いました。 スタジアムにおいては、自由席の観戦スタイルによるエリアのすみ分けや、ビジター指定席の新設、ファミリー向けシートの値下げとエリア拡充を行いました。
また、「絆づくり」を目指し新たにREX CLUBを創設しました。ホーム自由席においては、シーズンチケットホルダーの方が優先的に入場できる抽選システムを導入するなど観戦環境の改善にも着手しました。

平均入場者数の推移

経営面では、重要指標の一つとしているリーグ戦ホームゲームの平均入場者数が38,745人と昨年より1,009人増える結果となりました。 2015年度は、営業収入6,088百万円と3年連続で増収となり、6年ぶりに60億円を超えました。事業費用と一般管理費を合わせた営業費用5,961百万円で、営業利益127百万円、当期純利益51百万円となり、5年連続で最終黒字を確保しました。
営業収入の内訳では入場料収入は、リーグ戦入場者数が増えたことと、チャンピオンシップ出場により昨年実績を上回りました。広告料収入も新規パートナー獲得やチャンピオンシップ出場による協賛金増があり、4年連続の増収、過去2番目の水準となりました。

営業収入と「収入の3本柱」の推移

総資産では、チーム強化とファン・サポーターへのホスピタリティ向上のための投資(REX CLUB等)により240百万円増となりました。純資産は、当期利益の51百万円が上積みされ、789百万円と過去最高を3年連続で更新しました。
引き続き、クラブライセンス制度に鑑み財務基盤強化に取り組みます。

総資産の推移 (単位:百万円)

2016シーズンは、リーグ戦、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)、YBC ルヴァンカップ、天皇杯とすべての戦いにおいて、昨シーズンの結果を上回ることを目指します。
また、「安全なスタジアムづくり」を継続し、差別撲滅に向けた活動においては、より一層取組みを強化します。あわせてREX CLUB の取り組みを原動力として、「絆づくり」を強化し「快適なスタジアムづくり」に向け、楽しさや誇らしさをより感じられるようにチャレンジしていきます。
浦和レッズは活動理念(青少年の健全な育成、健全なエンタテインメント、世界に向けて開かれた窓)の実現に向かって取り組んでいますが、中長期的なビジョンとしては、アジアにおけるリーディングクラブになるということを揚げています。「強くて魅力あるチーム」「地域の誇りとなるクラブ」を目指し、全力を尽くしてまいります。

クラブ収支状況(単位・百万円)
  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
営業収入

5,382

5,353

5,786

5,854

6,088

入場料収入

1,918

1,988

2,132

1,982

2,174

広告料収入

2,074

2,121

2,319

2,380

2,549

グッズ収入

494

558

705

788

687

Jリーグ分配金(※1)

268

267

258

263

270

その他(※1)

628

419

372

441

408

営業費用

5,290

5,202

5,633

5,642

5,961

事業費用(※2)

4,761

4,654

5,050

5,025

5,301

事業運営費

2,308

2,231

2,499

2,460

2,677

チーム運営費

2,453

2,423

2,552

2,565

2,624

(うち選手・監督
・コーチ報酬)

(1,886)

(1,910)

(2,016)

(2,054)

(2,100)

一般管理費

528

548

582

617

660

営業利益

92

150

153

212

127

経常利益

88

152

161

204

126

当期純利益 61 151 92 118 51
  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
  • (※1)「Jリーグ分配金」には賞金は含まれていません。「その他」には選手移籍関連収入、賞金、出場料、出演料、スクール収入、育成(アカデミー)関連収入等が含まれています。
  • (※2)営業費用の主な内訳は次頁の参考情報のとおりです。
(参考情報)営業費用の主な内訳(単位:百万円)
事業運営費 2,677  
スタジアム運営関係費 1,071 「試合関連経費[スタジアム使用料、警備費、運営設営費]」(539百万円)、チケット手数料、広告宣伝費、JFA納付金、イベント費ほか
広告料関係費 618 バーター取引相当分、レッズランド向け広告宣伝費、広告代理店手数料、業務委託費ほか
グッズ関係費・その他事業費 849 商品原価、グッズ運営管理費、広報活動費ほか
ホームタウン関係費用 139 レディース活動費(73百万円)、ホームタウン活動費、ハートフル活動費
チーム運営費 2,624  
選手・監督・コーチ報酬 2,100 選手と指導者の報酬の総額(育成等含む)
トップチーム運営経費 409 移動関連費、施設関連費、寮関連費、代理人手数料ほか
育成(アカデミー)運営経費 105 移動関連費、施設関連費ほか
一般管理費 660 労務費、各種賃借料、業務委託費、Jリーグ年会費ほか
クラブ財産状況(単位・百万円)
  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
総資産

1,297

1,130

1,279

1,309

1,549

総負債

921

602

659

571

760

純資産

376

527

620

738

789

資本金

160

160

160

160

160

  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
クラブその他指標
  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
J1リーグ年間順位 15位 3位 6位 2位 3位
ヤマザキナビスコカップ成績 準優勝 予選 準優勝 準々決勝 準々決勝
天皇杯成績 準々決勝 4回戦 3回戦 3回戦 準優勝
AFCチャンピオンズリーグ
(ACL)成績
    グループリーグ   グループステージ
クラブワールドカップ
(CWC)成績
         
J1リーグ入場者数(人)

576,477

622,772

630,701

603,770

658,668

J1リーグ平均入場者数(人)

33,910

36,634

37,100

35,516
37,736
(無観客試合除く)

38,745

主催試合入場者数(人)

636,667

676,403

745,579

692,243

757,279

J1全クラブ平均年間収入
(百万円)

2,912

3,152

3,078

3,294

 
J1全クラブ平均入場料収入
(百万円)

605

663

693

678

 
J1リーグ全クラブ
平均入場者数(人)

15,797

17,566

17,226

17,240

17,803

  • 「主催試合入場者数」はJリーグ、カップ戦等主催試合の合計です

ページトップへ

    • SAVAS
    • NIKE
    • トーシンパートナーズ
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • スカパー!
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • ブログパーツ
    • プライドリームス埼玉
    • Jユースカップ