ENGLISH SITE

  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス

経営情報

2016シーズンのトップチームは、「ピッチ上での規律」を重視し、すべての戦い(J1リーグ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァンカップ、天皇杯)において2015シーズンを上回ることを目指し、選手補強も行って戦ってきました。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が強調した相手陣内でのプレー時間を長くするというコンセプトをチームが実践し、リーグ戦においては、監督就任の2012シーズン以降最も勝点が多い74ポイント(Jリーグ最多タイ記録)を獲得、得失点差においてもプラス33という数字を残し、年間勝ち点1位を獲得することができました。チャンピオンシップ(CS)優勝は逃したものの、YBCルヴァンカップでは13年ぶりに優勝し、2016シーズンは、最もチームが安定し、強さを発揮したシーズンでした。
クラブは、筆頭株主の三菱自動車工業株式会社が、他のJリーグクラブを保有する日産自動車株式会社から資本参加を受ける方針となったことに伴い、資本構成が大きく変わりました。筆頭株主は、新たに三菱重工業株式会社と三菱自動車工業株式会社が共同出資して設立したダイヤモンドF.C.パートナーズ株式会社となり、今まで以上に強固な支援体制となりました。また、16年ぶりとなる第三者割当増資を実施し計2億2,560万円の資本増強を行いました。第三者割当増資先は、ダイヤモンドF.C.パートナーズ株式会社をはじめとする三菱グループ各社のほか、地域で浦和レッズを支える地元企業計16社で株主企業・団体数は15社増え45となりました。

平均入場者数の推移

2015、2016シーズンの2シーズンで導入されたCSを加えた18試合平均入場者数は38,208人(前年度38,745人)でした。リーグ戦の平日開催が増えたことが減少原因になる一方、CS決勝が増加要因となりました。総入場者数に関しては、2015シーズン75万7,279人でした。2016シーズンは83万7,237人になり、7万9,958人増えました。
営業収入は66億600万円と4年連続で増収となり、この収入規模は2009年度を7年ぶりに超える水準になりました。
事業費用と一般管理費を合わせた営業費用は、64億2,600万円で、営業利益1億8,000万円、当期純利益1億7,300万円となり、6年連続の最終黒字となりました。
営業収入の内訳では入場料、広告料、グッズ販売、Jリーグ分配金等の全収入が前年に対し増収となりました。入場料収入は、カップ戦の2試合増やCS決勝出場もあり23億7,500万円(前年度比2億100万円増)でした。パートナー収入は、新規パートナーの獲得等があり25億9,300万円(前年度比4,500万円増)になり5年連続の増加。グッズ収入は、ルヴァンカップ優勝記念グッズや選手記念グッズ等により7億7,800万円(前年度比9,100万円増)となりました。

営業収入と「収入の3本柱」の推移

純資産は11億8,700万円と設立以来初めて10億円を超えました。第三者割当増資を行った結果、資本金/資本準備金が1億6,000万円から3億8,500万円に増加しました。利益剰余金合計も8億100万円になり、過去最高の金額で自己資本比率に関しても59%になりました。
第三者割当増資による資金で、チーム強化のための選手補強並びに練習トレーニング環境改善への投資、及びクラブ基盤増強のためのシステム投資などを行ないます。


総資産の推移 (単位:百万円)

クラブは「絆づくり」と「快適なスタジアム」への取組みを続けました。「絆づくり」ではREX CLUBの取組みを強化したほか、ファンショップ、グルメショップ、イベントといった活動も改善してきました。
2017シーズンは、トップチームには7選手が加入し、さらに安定したチームづくりを継続しつつ、「すべてにおいてバージョンアップ」を図り、育成やレディースを含め「強くて魅力あるチーム」づくりを継続します。
クラブは、創立25周年となることから様々な企画を実施します。レッズランドを一般社団法人にするほか、ハートフルクラブの活動強化などJリーグ百年構想への取組みも継続します。オンラインチケットサイトとREX CLUBを接続させるなど楽しみをひとつずつ増やしていきます。また、差別撲滅や安全なスタジアムづくりに向けたSPORTS FOR PEACE!活動も継続していきます。

クラブ収支状況(単位・百万円)
  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
営業収入

5,353

5,786

5,854

6,088

6,606

入場料収入

1,988

2,132

1,982

2,174

2,375

広告料収入

2,121

2,319

2,380

2,549

2,593

グッズ収入

558

705

788

687

778

Jリーグ分配金(※1)

267

258

263

270

319

その他(※1)

419

372

441

408

541

営業費用(※2)

5,202

5,633

5,642

5,961

6,426

事業費用

4,654

5,050

5,025

5,301

5,749

事業運営費

2,231

2,499

2,460

2,677

2,805

チーム運営費

2,423

2,552

2,565

2,624

2,944

(うち選手・監督
・コーチ報酬)

(1,910)

(2,016)

(2,054)

(2,100)

(2,381)

一般管理費

548

582

617

660

676

営業利益

150

153

212

127

180

経常利益

152

161

204

126

184

当期純利益 151 92 118 51 173
  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
  • (※1)「Jリーグ分配金」には賞金は含まれていません。「その他」には選手移籍関連収入、賞金、出場料、出演料、スクール収入、育成(アカデミー)関連収入等が含まれています。
  • (※2)営業費用の主な内訳は次頁の参考情報のとおりです。
(参考情報)営業費用の主な内訳(単位:百万円)
事業運営費 2,805  
スタジアム運営関係費 1,121 「試合関連経費[スタジアム使用料、警備費、運営設営費]」、チケット手数料、広告宣伝費、JFA納付金、イベント費ほか
広告料関係費 621 バーター取引相当分、レッズランド向け広告宣伝費、広告代理店手数料、業務委託費ほか
グッズ関係費・その他事業費 943 商品原価、グッズ運営管理費、広報活動費ほか
ホームタウン関係費用 120 レディース活動費(71百万円)、ホームタウン活動費、ハートフル活動費
チーム運営費 2,944  
選手・監督・コーチ報酬 2,381 選手と指導者の報酬の総額(育成、レディース含む)
トップチーム運営経費 450 移動関連費、施設関連費、寮関連費、代理人手数料ほか
育成(アカデミー)運営経費 113 移動関連費、施設関連費ほか
一般管理費 676 労務費、各種賃借料、業務委託費、Jリーグ年会費ほか
クラブ財産状況(単位・百万円)
  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
総資産

1,130

1,279

1,309

1,549

2,015

総負債

603

659

571

760

828

純資産

527

620

738

789

1,187

資本金/資本準備金

160

160

160

160

386

  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
クラブその他指標
  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
J1リーグ年間順位 3位 6位 2位 3位 2位
YBCルヴァンカップカップ成績
(2015年度までヤマザキナビスコカップ)
予選 準優勝 準々決勝 準々決勝 優勝
天皇杯成績 4回戦 3回戦 3回戦 準優勝 4回戦
AFCチャンピオンズリーグ
(ACL)成績
  グループリーグ   グループステージ ラウンド16
J1リーグ入場者数(人)

622,772

630,701

603,770

658,668

627,898

J1リーグ平均入場者数(人)

36,634

37,100

35,516
37,736
(無観客試合除く)

38,745

36,935

主催試合入場者数(人)

676,403

745,579

692,243

757,279

837,237

J1全クラブ平均年間収入
(百万円)

3,152

3,078

3,294

3,343

 
J1全クラブ平均入場料収入
(百万円)

663

693

678

712

 
J1リーグ全クラブ
平均入場者数(人)

17,566

17,226

17,240

17,803

17,968

  • 「主催試合入場者数」はJリーグ、カップ戦等主催試合の合計です

ページトップへ

    • SAVAS
    • NIKE
    • トーシンパートナーズ
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • スカパー!
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • ブログパーツ
    • プライドリームス埼玉
    • Jユースカップ