クラブ
その瞬間がどれだけ選手たちに使命を抱かせているだろうか。
その瞬間がどれだけ選手たちに勇気を与えているだろうか。
2022.5.16

その瞬間がどれだけ選手たちに使命を抱かせているだろうか。

その瞬間がどれだけ選手たちに勇気を与えているだろうか。

その決断を阿部勇樹は「チャレンジ」と表現した。

2007年に浦和レッズのユニフォームをまとうことを決めた背景には、やはりファン・サポーターの存在があった。

「浦和レッズには多くのファン・サポーターがいて、彼らが応援してくれる一方で、試合に負ければ厳しい声と目にさらされる。浦和レッズの選手たちは、そうした環境で常に戦っているんだなと。対戦相手としては、あれだけ大勢の応援があるチームに対して燃えないわけがないし、100パーセント以上の力で向かって来る。ということは、浦和レッズの選手たちは毎試合、そうした重圧とも相手とも戦っていることになる。その環境に身を置いているから(田中マルクス)闘莉王、(鈴木)啓太、(田中)達也、ハセ(長谷部 誠)といった選手たちも伸びていったんだろうなと考えたら、自分もここでプレーしたいと思いました」

2006年にJ1リーグを制したチャンピオンチームに加入した。しかも、その年、他クラブから移籍してきたのは彼一人だった。

「決して簡単なことではなかったですよ。だって、最初は応援されなかったですからね」

そう言ってクラブのレジェンドは当時を懐かしんで笑う。だから覚えていた。日付まではっきりと。

2007年4月1日——。

J1リーグ第4節の大分トリニータ戦。アウェイの地で11分に先制されながら、阿部は30分、35分と立て続けにゴールを奪った。試合は2−2で引き分けたが、加入後の初ゴールを記録しただけでなく、ゴールという結果で自分自身の存在価値を証明して見せた。

「その次の試合だったと思います。阿部という名前をコールしていただいたんです。前の試合で結果を残したことで、やっとチームの一員として認めてくれて、応援してもらえるようになったんだなと。そのきっかけの日だと思っていたので覚えています。だからこそ、チームのために戦えなければ応援もされないだろうし、プレーで見せていかなければ応援されないクラブだということは、ずっと感じながらプレーしてきました」

その年の11月14日、浦和レッズは初めてアジアを制覇した。埼玉スタジアムでAFCチャンピオンズリーグのトロフィーを手にしたときには、こう思ったという。

「この決断は間違いじゃなかったんだな」

昨季、ユニフォームを脱いだときにも阿部は同じことを思っていた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3

「030th Urawa Anniversary Week -ORIGINALS- Match of 3」
「オリジナル10」のクラブをホーム埼スタで迎え撃つ3連戦
チケットご購入はこちら

「浦和レッズ 30周年アニバーサリーブック 1992-2022」発売!
本書では、 彼らの言葉や証言をもとに クラブの歴史とここまで歩んできた軌跡を振り返るとともに確かな未来に迫ります。
詳しくはこちら

【うら""をシェア】

  • ツイートする
  • LINEでシェアする
  • facebookでシェアする