MF 3

伊藤敦樹

Atsuki ITO
クラブ
レッズとともに人生を歩んできた
伊藤敦樹が臨む特別な相手との『30周年記念試合』
2022.5.20

敦樹少年は、鹿島アントラーズが『嫌い』だった。

今の立場からは誤解を与えてしまうかもしれないが、伊藤敦樹はかつてレッズのサポーターだった。鹿島はレッズにとって、大舞台で頻繁に対戦してきたチーム。いわばライバルである相手を好きではないのは、サポーターにとっては当たり前のこと。

だからレッズが鹿島に勝てば、これ以上ないほどうれしかった。一方でレッズにとって好ましくない結果になれば、これ以上ないほど悔しかった。鹿島の試合の運び方、狡猾さが、悔しさや苛立ちを増幅させた。

いつから鹿島がそういう対象だったのか、覚えていない。

いつから浦和レッズが好きだったのか、それも覚えていない。

プロになってから、伊藤敦樹がレッズのサポーターだったことは周知の事実となった。いつからレッズが好きだったのか。いつから試合を観に行っていたのか。メディアに聞かれることも増えた。しかし、はっきりと答えられない。

「だから親に聞いてみましたが、スタジアムには1、2歳のころから通っていたみたいです。覚えているはずもないですよね」

行っていた、のではなく、通っていた。その表現がまた、サポーターらしい。敦樹少年にとって浦和駒場スタジアムや埼玉スタジアムは、ただ行く場所ではなく、何度も行き来した場所。

『初めての浦和レッズ』がいつかは分からない。それも親に聞けば分かるかもしれないが、自覚はない。最も古い記憶の時点ですでにレッズが好きだった。当たり前にレッズが好きだった。

幼少期、特に自分でもサッカーをプレーしていれば、特別に好きな選手や憧れる選手がいるものだ。しかし、敦樹少年にとって、そういう存在はいなかった。

小さいころ、親から渡されたユニフォームに背番号が入っていることはあったが、誰のものだったのかは覚えていない。その選手が自分にとっての特別な存在ではなかったから。自ら選んだユニフォームには、背番号は入れなかった。

「浦和レッズというチームが好きでした」

そしてみんながレッズを好きだった。さいたま市立道祖土小学校の児童の中には、「癖のある人」で大宮アルディージャのファンもいた。でも、道祖土サッカー少年団はみんながレッズのファンだった。みんながレッズに憧れていた。

だから自分が特別だとは思わなかった。親が、友人が、チームメートが、みんながレッズを好きだったからだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3

みなさまと歩みを共にした30年。
先日の試合で、他のどこのクラブも成しえていないJリーグホームスタジアム来場者数1,500万人を突破しました。
これまでのサポートに感謝し、ここからの時代を共に創るべく、5月21日(土)の鹿島戦は「30周年記念試合」として行います。
試合当日は、浦和レッズがある喜びを、みなさまと共に分かち合える一日にできれば幸いです。
チケットご購入はこちら

「浦和レッズ 30周年アニバーサリーブック 1992-2022」発売!
本書では、 彼らの言葉や証言をもとに クラブの歴史とここまで歩んできた軌跡を振り返るとともに確かな未来に迫ります。
詳しくはこちら

【うら""をシェア】

  • ツイートする
  • LINEでシェアする
  • facebookでシェアする