マッチトピックス


16.05.27 vs AC長野パルセイロ・レディース プレビュー


今シーズン、初めてのプレナスなでしこリーグ1部を戦っている、AC長野パルセイロ・レディース。ここまでリーグ2位の23得点という攻撃力を誇り、10節終了時点で、6勝1分3敗の4位につけている。

最も警戒すべきは、11ゴールで得点ランクトップに立つ、横山久美。ゴール前の決定力に加え、遠目からでも狙える力があり、前回対戦ではペナルティーエリア外からのミドルシュートで2失点した。この選手をいかに自由にさせないかが、試合を大きく左右するだろう。

一方で、失点はリーグ最多の20。過去の試合では、相手の裏への抜け出しやパスワークで崩される場面もあった。レッズレディースとしては、落ち着いてボールを動かしつつ、サイドや裏のスペースを巧みに突いて、ゴールを狙っていきたい。

またAC長野では、坂本理保、齊藤あかね、泊 志穂、鈴木里奈、大宮玲央奈という、元レッズレディースの選手たちが活躍している。かつての仲間たちとの対戦も、見所のひとつに挙げられるだろう。

今節を終えるとリーグは9月までの中断期間に入る。その前に少しでも順位を上げるために、何としてもホームでの連勝を伸ばそう。

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

※AC長野パルセイロ・レディースについてはこちら
http://www.nadeshikoleague.jp/club/ac_nagano/

20160528mt-preview

マッチトピックス一覧に戻る

2021-22 Yogibo WEリーグ 順位表
順位チーム名勝点試合得失
1I神戸5020162226
2浦和4220133416
3東京NB3420104614
4千葉L34209748
5マイ仙台31209479
6S広島R2520749-2
7AC長野2120569-9
8新潟L1920479-10
9大宮V1820398-14
10N相模原13202711-18
11EL埼玉13202711-20

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス WEリーグについて レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter レッズレディース公式Instagram 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿は卑劣な行為です。 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド WEリーグオフィシャルサイト