ニュース


20.12.29 レディース vs 日テレ「最後まで必死に走り、闘い、貫いて皇后杯準優勝」


29日、浦和レッズレディースはサンガスタジアムby KYOCERAで行われた皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 決勝 日テレ・東京ヴェルディベレーザ戦に臨んだ。

レッズレディースは何度もリードされながら追いつき、食らいついたものの、一歩及ばず3-4で敗れ、準優勝となった。

立ち上がりから立て続けにシュートを放ち、レッズレディースらしく前がかりで攻撃的なサッカーを展開。ボールを失った後も素早くプレッシャーをかけてボールを奪い返し、主導権を握っていく。

9分には菅澤優衣香のヘディングシュートが右ポストに当たる惜しいシーンを作ったが、直後の11分、自陣でこぼれ球を拾われたことをきっかけに最後は遠藤 純にゴールを奪われてしまう。

34分には高橋はな、36分には猶本 光がチャンスを迎えたが、前者は左ポスト、後者はわずかに枠の左へ。そして41分にはコーナーキックから押し込まれて2失点目を許してしまった。

2点のビハインドでも諦めないレッズレディース。後半に入ると53分だった。レッズレディースらしい正確でテンポの良いパス回しで相手のプレッシャーを回避すると、栗島朱里のロングパスを相手ディフェンスラインの裏に抜け出しながら受けた高橋が右足を振り抜く。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さり、1点を返した。

さらに、ディフェンスラインを高く保ちながら高い位置からプレッシャーをかけてゴールを目指し迎えた69分、相手のクリアボールをセンターサークル内で拾った塩越柚歩が浮き球のスルーパスを送ると、走り込みながら受けた菅澤が相手GKの位置を見ながらループシュート。ボールはゴール左に吸い込まれ、同点に追いついた。

73分にリードを許してしまったが、レッズレディースは諦めない。86分、猶本が右足アウトでスルーパスを送ると、ペナルティーエリア内に抜け出したのは78分からピッチに入っていた安藤 梢だった。左足を振り抜いてゴール。再び同点に追いついた。

それでも、直後の88分に4失点目を喫してしまったレッズレディース。何度リードを奪われようとも、4分間のアディショナルタイムを含めて果敢に攻め、激しく守り続けたレッズレディース。皇后杯の初戴冠は叶わず準優勝となったが、最後まで走り、闘い、貫いた2020年のシーズンを終えた。







ニュース一覧に戻る

2021-22 Yogibo WEリーグ 順位表
順位チーム名勝点試合得失
1I神戸5020162226
2浦和4220133416
3東京NB3420104614
4千葉L34209748
5マイ仙台31209479
6S広島R2520749-2
7AC長野2120569-9
8新潟L1920479-10
9大宮V1820398-14
10N相模原13202711-18
11EL埼玉13202711-20

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス WEリーグについて レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter レッズレディース公式Instagram 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿は卑劣な行為です。 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド WEリーグオフィシャルサイト